戦後 歴史の真実 (扶桑社文庫)

  • 113人登録
  • 3.61評価
    • (6)
    • (10)
    • (9)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 前野徹
  • 扶桑社 (2002年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594035921

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

戦後 歴史の真実 (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 東京裁判史観の払拭

  • 間違いなく自分の人生を変えるキッカケになった一冊。

  • 大東亜戦争、憲法、日教組など
    まんべんなくかつわかりやすく解説している良書。
    戦後の歴史をざっとフリカエリたい方など、
    入門書としてはお勧めと思います。
    同種の本と比べて「なぜそうだったのか」という解説が
    より多く書かれていると思います。
    ただひととおり同種の本を読んでいる方には
    くどく感じるかもしれません。

    個人的な新たな気付きは
    「新憲法制定議員同盟」なるものが
    存在することを知れたことです。

    現首相・鳩山由紀夫氏の祖父・鳩山一郎氏が
    戦後「55年体制」が出来上がったとき、
    当時の民主党の党首として「自主憲法制定」を
    公約にかかげていたことを知りました。

    それなのに、鳩山由紀夫氏からまったく改憲の匂いがしない。
    しかしながら調べてみるとなんとびっくり
    「新憲法制定議員同盟」に所属していたのでした。
    まあどこまで氏が深く考えていたのかも不明ですし、
    脱退している時点で、志も低いのだろうとは思いますが。

    2日後からは管・新首相での内閣がスタートします。
    「新憲法制定議員同盟」も含め、改憲、護憲ネタには
    注目していきたいと思います。

  • 戦後の歴史観を考え直すための入門書として

全7件中 1 - 7件を表示

戦後 歴史の真実 (扶桑社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦後 歴史の真実 (扶桑社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦後 歴史の真実 (扶桑社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

戦後 歴史の真実 (扶桑社文庫)の単行本

ツイートする