僕は、涙の出ない目で泣いた。 (扶桑社文庫)

  • 12人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 川畠成道
  • 扶桑社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594038373

僕は、涙の出ない目で泣いた。 (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 音楽の勉強を今しているので、とても為になることを、たくさん聞いた気がした。
    特に心に残ったのは、大事なのは音だという言葉。
    また、作曲者が創作者だとしたら演奏者は再現者で、自分の演奏をもう一度生み出すのだという部分。
    また、演奏するときは、
    自分を表現することに熱中する自分と冷静な自分、二つ必要だと思うというようなところも印象に残った。
    また、大学の先生に君たちは毎日8時間練習してきたと思っているとおもうけれど、そんなのは当然で、他の分野の人もそれくらい、やっている、その前提でいろいろこれからは学ばないといけないというような話を聞いたという部分も心に残った。
    本当にいい演奏をする人は心もきれいなんだなということも思った。

全1件中 1 - 1件を表示

僕は、涙の出ない目で泣いた。 (扶桑社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕は、涙の出ない目で泣いた。 (扶桑社文庫)はこんな本です

ツイートする