木曜日の朝、いつものカフェで (扶桑社セレクト)

  • 14人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Debbie Macomber  石原 まどか 
  • 扶桑社 (2003年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594039400

木曜日の朝、いつものカフェで (扶桑社セレクト)の感想・レビュー・書評

  • 夫を亡くし孤独な日々を送る五十七歳の病院事務局長リズ、離婚した夫が許せないクレア、手芸洋品店を経営するジュリア、女優を夢見る若いカレン―四人は、ふとしたことから知り合い、毎週木曜日の朝にカフェで、近況を語りあう。年下の小児科医に惹かれるリズ、高齢での妊娠に動揺するジュリア、もと夫の末期ガンを知ったクレア、姉が家庭内暴力被害者と知って悩むカレン。四人の女性は励まし合い、支えあいながら、それぞれの解決を見つけていく。女性小説の巨匠が描く感動の人間ドラマ。

    ロマンスじゃないなあ。ごく普通の小説。女性の生き方みたいな。四人の女性の一年間の出来事をオムニバスで。面白かったけどロマンスには当てはまらない。きっと読んだ人、それぞれが自分に近い登場人物について考えそう。ただ日記部分の書体がダメだった。別に変えなくても良かったんじゃないかと。かえって読みづらかったよ。

  • 「ジェイン・オースティンの読書会」と同じく、年齢の違う女性たちの群像劇。自分はどうも著者が苦手なのかもしれない。主人公の周りの登場人物たちの気持ちの変化が唐突すぎて、戸惑ってしまう。心境の変り行く過程が描かれていないように感じてしまうから。やはり期待はずれでした。

全2件中 1 - 2件を表示

木曜日の朝、いつものカフェで (扶桑社セレクト)はこんな本です

ツイートする