COケース・オフィサー 下

  • 64人登録
  • 3.16評価
    • (2)
    • (5)
    • (15)
    • (1)
    • (2)
  • 5レビュー
著者 : 麻生幾
  • 産経新聞ニュースサービス (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594046903

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

COケース・オフィサー 下の感想・レビュー・書評

  • 主人公は警察所属で中東で大使館の駐在員として勤務していた際、
    現地で暮らす日本人と接触し、諜報員として運営していた過去を持つ
    退官間近の警察官。

    国内である異変が起こり始めた・・・。

    中東、日本を舞台にしたテロとの戦いが始まった・・・。

    諜報活動の防止だけではなく、テロとの戦いを描く小説です。

    とある集団が引き起こそうとしていたバイオテロで得た情報を元に
    書かれたのだろうなぁと思えた小説です。

    色もにおいもなく気がつかないうちに進行するバイオテロその恐怖が
    ありありと書かれています。

    けど、ラストの方はうーんちょいと苦しい設定かなぁと思えるところもしばしば・・・。

    ボリュームもあり中だるみもあるので、気軽にお勧めはできないかなぁ。
    この本。

  • 面白いのは間違いないのですが、起きる事がことだけにバタバタし続けていた感がします。

  • 今さらながら、日本はほんまにスパイに甘い国。
    このままなら日本は簡単に滅ぼされてまう。

    国が、国民がほんとに自分達の国を守ろうという気概はもてないのかなぁ〜。。。

  • 予想外に面白いです。上巻で放らず最後まで読むべき。病気感染のお話です。同性愛者がでてきます。相変わらず登場人物のセリフがいちいち癪ですがホラーっぽい展開に。ラスト二センチあたりがお薦め。

  • 上巻と比べてスピード感が増し、より面白くなったが、記述内容の齟齬などの雑さや、張った伏線の生かされてない数の多さなどが目に付いた。結果としてストーリーは面白いのに何か勿体無い感じがしましたね。

全5件中 1 - 5件を表示

COケース・オフィサー 下を本棚に「読みたい」で登録しているひと

COケース・オフィサー 下を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

COケース・オフィサー 下を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COケース・オフィサー 下を本棚に「積読」で登録しているひと

COケース・オフィサー 下の作品紹介

驚愕のバイオテロ、日本を震撼させる極秘情報…、そして戦慄の結末!アルカイダの侵入…各国情報機関がうごめく中、テロ対策の最前線で闘う男と数奇な運命に翻弄される女が交錯する。

COケース・オフィサー 下はこんな本です

ツイートする