テクノフォビア

  • 22人登録
  • 3.12評価
    • (1)
    • (3)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 清野栄一
  • 扶桑社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049195

テクノフォビアの感想・レビュー・書評

  • タイトルだけで購入。小説だとは思わなかった。しかもストーリ複雑(実は単純なのかも知れないが)で、難解。いまいち面白さが分からない。
    雑誌の連載か何かだったらしく、結構話題書であることをあとから知った。

  • 内容的には少々期待はずれ。技術的・心理学的な話が深いわけでもないし、最後の方でストーリーが飛んでよくわからなくなる。
    誤字脱字も目に付くし一人称・三人称もバラバラ。

  • すごい前に読んで、そのときちょっとわからないままに読了。
    確か現実的だけど途中からサイバー路線にぶっ飛ぶ話だったような。
    プラスティックにエロティック。

    テクノ(IT系の意味で)が身近になった今だからこそ、もう一度読み直したい。

    語感でグっときた人、現代的サイコストーリー好きな人、
    勤務中のテクノシンドロームでお悩みのあなたも一読あれ。

  • 前のブグログ参照

  • 直感で読んでみたのですが(笑)
    雑誌連載作品だったみたいで、章ごとにとても次が楽しみな作品になってると思うのですが、本として一冊にまとめて読むと??という気がします。つかみが良かっただけに残念。

全6件中 1 - 6件を表示

テクノフォビアの作品紹介

平凡な技術系会社員宛てに届くスパムメール、次々と現われる女たち、満ちてゆく不安…個人情報保護への関心が高まるネット社会に潜む未体験の恐怖を、ロードノヴェルの旗手が描いた問題作!『週刊SPA!』公式携帯サイトの大好評連載が遂に単行本化。

テクノフォビアはこんな本です

ツイートする