東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

  • 8185人登録
  • 3.81評価
    • (1887)
    • (1155)
    • (2575)
    • (133)
    • (47)
  • 1944レビュー
  • 扶桑社 (2005年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049669

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~の感想・レビュー・書評

  • 不覚にも涙が止まらない。
    前半は面白いがこんな奴は絶対嫌いと思ったけど、思ったけどじゃなく絶対嫌
    こんな息子いらない、息子持たなくて良かった。

    後半は泣いた泣いた
    昌志さん斐さん喜志子さん
    はたまた誠さんを思って
    泣きました

  • 最高に感動した。オカンものはアカン。泣いてしまう。電車の中で読んでいたものだからボロボロに泣いてしまって周りの人に怪しまれた。オカンが抗がん剤と戦っているシーンで泣いてしまった。地震より雷より何よりもこわいことが訪れた。というところ、無欲な、無条件で愛してくれるこの世のたった一人の存在を失うことの怖さに震えた。親孝行しようと思った。

  • 50円にて購入。本人は文学作品を書こうと気取っているのだが、至るところでボロが出ている印象で、親リスペクトのB層感がたまらなく気持ち悪い。自由人に見えて儒教にがんじがらめというみっともなさが、思索の浅さを表していると思う。ノリだけじゃ文学にはなりません。

  • 泣けた。
    ええオカンやな。
    実にええオカンや。
    そして、実にかけがえのない人やったんやなぁ。

  • 今までで一番泣いた本

  • こんなに長い本だとは思わなかった。
    リリーフランキーの変態性については読み取れない。

  • jjjjjjjjjjjjjjjj

  • オカンを思うリリーさんにつられて、自分の家族のことが頭に浮かび、涙がポロポロ、今年はまだ終わってませんが、
    最高の一冊、胸にド~ンときます、但し、電車の中では読まないこと、涙が止まらずに困ります。

  • 読み始め…06.8.25
    読み終わり…06.9.18 ・オットの本棚より・

    私の傍らで本を読みながらくすくすくすくすと
    やたらに笑うオット。「そんなに面白いの?」「うん。結構。」それなのに数日後には「いやぁ・・これには泣かされるねぇ・・」と言いつつその本を書棚に納めていたオットでした。

    ボクの時代と私たち夫婦も同じ世代に育ったせいかとても懐かしく、身近なことに感じられる親しみがありました。

    オカン、ボク、そしてオトン。
    それぞれの人間模様に笑って泣けます。

  • オカンはとても魅力的な人だった。
    東京タワーがコマの軸になってグルグルまわるという表現が印象深かった。

  • 読んだのは先月だが、追加するの忘れてました。
    一人称で語られる著者の自叙伝。

  • 遅ればせながら…。

    105万部に達したそうです。 (本文執筆当時)
    全国で100万人の人々に親孝行衝動を与えたに違いありません。
    ひとつの物語を機に全国津々浦々で親孝行がなされたとするなら、 それはひとつの奇跡といえるでしょう。

    自分は、号泣は出来ませんでした。
    なぜなら、きっとそれは、自分が、正月帰省中に親といさかいをしてしまい、こころにしこりを残したままだから。

    本書を手に取ったのも、そんなこわばったこころをほぐしたかったから、こころの汚れを洗い流してくれるようなやわらかくてやさしい物語を求めたからでした。

    そして、読み終えて、もっと素直になろう、親孝行たくさんしよう、と思いました。

    精一杯の親孝行をするには、おもいっきりこころをはだかにしないと出来ないのでしょうね。 

    自分にはまだむずかしいけれど、すこしづつ…。

  • お母さんが生きているうちに、本作を読み終えることができ嬉しい。読み終えなければならなかった。

    五月ににあるひとは言った。

  • 今さら、ですが、読みました。

    なんとなく流れはわかるし、想像もつく。
    だけど、まんまと泣きました。

    途中、これ以上読めん。。。となったけど、ここからこそ読まなければと思い、数日置いて、読み始める。

    だーだーと涙がでました。

  • 子供の時から、母親とのお別れの時まで。

    副題がそのまま、内容を語ってくれています。
    結婚しているのに、母子家庭状態の生活。
    だからこそ、大事な関係。
    なのですが、このやる気のなさというか
    母親に金銭頼りっきりの生活。
    よくもまぁ、これをそのまま支えてくれたものです。

    母親とのお別れのカウントダウン。
    そこから先は当然、心情的に非常に想像できます。
    しかしそこまでの生活…。
    微妙です。
    とりあえず、こんな男とは知り合いたくもないです。
    前半と後半、足してとんとん、という感じでしょうか?

  • 色々、かぶらせてしまう本です。時間がたったら読み返そう。親になって読むとまた違って感じるかも。

  • 安保法案のニュースがここのところずっと飛び交っている。徴兵制が始まってしまうんじゃないかという不安や、戦争反対の思いを叫ぶ人たちがいる。
    今年の夏はあの戦争から70年の節目の夏。それぞれ色んながあるのだろう。何人も考えが違うのは当たり前のこと。
    戦争の話や憲法の話は難しい。ニュースや新聞でいやでも目にするから自分も一生懸命考えてみる。そんなときに思い出すのは、特攻隊の人々の無線の話だ。

    70年前のあの戦争、様々な捉え方があると思うが、戦争終盤は日本に勝てる見込みはなかった。ただ、米国に一矢報いよ、という指令に従う優秀な若者たちの命が”特攻”として消えていった。
    特攻隊として最期を迎えた方の多くが、「おかあさーん」と叫び、肉親の名前を何度も唱えていった話を聞くと胸が震える。彼らの叫びは無線を通した声なのか、暗号によるものだったのか、モールス信号だったのかはわからないが、絶対に確かなことがある。彼らには母親がいた。
    愛されて育った人もいただろうし、そうでないひともいたと思う。でも、親がいなくて子は生まれない。母親がいて子どもがいる。この関係性は変わらない。

    母親と息子の愛の物語。それが『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』だ。
    ずっと近くにいればうっとうしく思うこともある。だけど、死んでしまえば一生会えない。故郷を遠く離れ、東京で暮らす母と子とその友人たちのすばらしい日々。病気と対峙し、一生を終えるオカンには誰もが泣いたと思う。

    敵の兵隊にもオカンがいる。
    特攻隊で最期を迎える若者にもオカンがいる。
    オカンを悲しませるようなことするべきじゃないってみんな知ってるはず。
    誰にだって親がいる。大切な人がいる。
    そういうことを考えれば戦争なんかしてる場合じゃない。親孝行に励むべきなんだ。
    親孝行こそ完璧な平和だろう。

  • リリーフランキーのダメ人間な所しか記憶に残らない。いいオカンでも、こんな息子嫌だな。

  • 自伝っていうのは、方言が入ったとたんに読みやすくなる気がする。

    振り返ると「ああ、俺はこんなにもおかんのことが好きだったんだ!」となっておかんとの美談がメインだけど、別に常日頃からおかん孝行だったわけではないのが人間っぽい。大学時代とか、社会人時代とか、けっこうほったらかしじゃん。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。

    【キーワード】
    単行本・家族・感動・泣ける・映画化・ドラマ化

    【映像化情報】
    1.2006年11月18日単発ドラマ化
    出演:大泉洋・田中裕子 他

    2.2007年1月8日連続ドラマ化
    出演:速水もこみち・倍賞美津子 他

    3.2007年4月14日映画化
    出演:オダギリジョー・樹木希林 他


    +1

  • 今更ながら初めて読みました。こういったオカンと子の関係性も素敵ですね。読んで良かったです。

    「実の親より育ての親」というフレーズを引っ張っていましたが、特にそれに関して展開がなかったのが予想外でした。

全1944件中 1 - 25件を表示

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~に関連するまとめ

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「積読」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~の文庫

ツイートする