東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

  • 8225人登録
  • 3.81評価
    • (1891)
    • (1160)
    • (2576)
    • (133)
    • (47)
  • 1957レビュー
  • 扶桑社 (2005年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049669

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
瀬尾 まいこ
宮部 みゆき
三崎 亜記
宮部 みゆき
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~の感想・レビュー・書評

  • リリーさんのことは「おでんクンのひと」程度の認識しかなかったのだけど、ちょーいい!!!

    ハナシの大筋はベタなんだけど、
    ・方言を交えた会話てんこもり
    ・かと思えば、氏の内観的社会観?道徳観?が、文体を変えて、要所~で登場


    この2点が優れている所以だと思いました。


    ラスト1/5くらい、号泣。

    しっかし、ときどきなオトンがいい味だなぁ。

  • いまや多才な面を見せるリリーフランキーの本、北九州や宮若や別府が成長舞台で東京で仕事。オカンとの親子関係やオトンとの不思議な関わりを軸に展開する自叙伝風の小説。親子って本当にいつまでもオカンで 時にはオトン が鉄則だわ!馴染みの地域と方言がしっくりくる。一気に読みました。

  • どれだけ親孝行をしてあげたとしても、いずれ、きっと後悔するでしょう。あぁ、あれも、これも、してあげればよかったと。


    オカンの生き方が相田みつをの詩と重なった時がよかった。
    後悔しないように感謝を伝えよう。

  • 最高に感動した。オカンものはアカン。泣いてしまう。電車の中で読んでいたものだからボロボロに泣いてしまって周りの人に怪しまれた。オカンが抗がん剤と戦っているシーンで泣いてしまった。地震より雷より何よりもこわいことが訪れた。というところ、無欲な、無条件で愛してくれるこの世のたった一人の存在を失うことの怖さに震えた。親孝行しようと思った。

  • 泣けた。
    ええオカンやな。
    実にええオカンや。
    そして、実にかけがえのない人やったんやなぁ。

  • 大切な人を失くす経験はまだない。想像するだけで辛くなることは当たり前なのでこの手の物語で泣かせるのは卑怯だと常々思っていて、話題になったときは遠ざけていたが、友人の強い勧めにより手にとった。
    ただのお涙ちょうだいストーリーではない。(有名なのでみなそこらへんは分かっていると思うが)
    「みんな、強い。」
    これが感想。街を歩いている人を思った。多くの人が大切な人の死を経験したことがあるはずだ。自分も死ぬほど辛かっただろうに、そんな経験はなかったかのように、仕事をして友人や恋人と話して笑ってる。みんな辛い経験を乗り越えて、今を生きている。言葉にすると陳腐なんだけど、みんな強い。
    私は、強くなれるだろうか。いつか、いつか、そんなことがあっちゃいけないけど、そんなことがあるわけないけど、、いつかのときはこの本を読んで思いっきり泣きたい。

  • ストーリー自体は誰にでも「当たり前」に起きそうな親子の別れ。
    自分にも「当たり前」に起きそうな事だから妙に感情移入してしまって、
    オカンが闘病生活に入った所から涙してしまいました。


    でも、私が一番心に残ったのは「当たり前」に対しての記述です。

    『当たり前になれると思っていたその「当たり前」が
    自分には起こらないことがある。
     誰にでも起きている「当たり前」。
     いらないと思っている人にでも届けられる「当たり前」が
    自分には叶わないことがある』

    「当たり前」を届けてもらえなかった私は
    自分で自分に「当たり前」を恵むしかなくて
    何で自分には「当たり前」が起こらなかったのだろうと
    いつも考えてしまいます。

  • 母親の偉大さと暖かさを前にすると、もう途方に暮れるしかない…。

  • 六年前に買って、
    やっと読み終えた本。

    何度か挑戦はしたけれど、
    それらはまだ読む時期ではなかったようで。

    今日はふと、
    読まなくちゃいけない気がして、
    東横線の車内で、
    下北沢で、
    自宅に戻って、
    一気に読み終えた。

    リリーさんの、
    価値観、感性が詰まっていて、
    お母さんへの愛情もたっぷり伝わってきて、
    感情移入しながら読んだ。



    深い、余韻が残った。



    ドラマや映画を観ていたから、
    話の流れはわかっていた。

    映像では伝わってこない何かが
    この本の中にあった。


    この作品を知ってから、
    なんだか東京タワーが特別なものに見えている。

    今日また改めて、そう思った。

  • 何年か前の本屋大賞。

    “オトンの人生は大きく見えるけど、オカンの人生は十八のボクから見ても、小さく見えてしまう。
    それは、ボクに自分の人生を切り分けてくれたからなのだ。”

    貯金はない。年金もない。
    ボクの大学の卒業証書を持ってきて、
    “「これに貯金もなんも、全部使うてしもうた。これがあたしの全財産よ。」”

    東京で自堕落な大学生活を送っていた息子。
    大学5年間、そして卒業してからも、お金がいると言えば、一生懸命、仕送りを続けた。
    来客にはご飯を作った。みんなお腹をすかせていると思って。

    オカンー!!!

    母は強く、
    母は無欲だ。

    ただ、タイミングというものがあるんだろうな。
    読むときが違えば、ぼろぼろに泣いたんだろうと思うが、
    自分に甘いのに、他人の言動には敏感に反応する、他人にばかり厳しいリリーさんを何となく好きになれなかった。

    なので、オカンの愛にうたれ、
    自分のオカンに思いをはせながらも、
    ☆は3つ。また変えるかもしれない。

  • 名作!ドラマから入ってしまったが、私の場合はドラマから入った場合だいたい途中で飽きてしまうのだが、ページをめくる手がとまらなかった。今まで読んだ本の中で最も涙を流した本。

  • TVで観るリリー・フランキーは、いつも飄々として、とらえどころない人のように思えていましたが、やはり彼も人の子で、しかも両親への愛情に満ち満ちた豊かな心を持った人なんだとわかりました。
    本にも書かれているとおり、誰もが同じ肉親への愛情と別れへの恐れを抱いているんですね。

    物語かと思いましたが、完全な半生記で、著者はおそらく、自分と両親のために、この話を書いたんだと思います。
    ほとんど母子家庭のように育ってきただけに、どのページを開いても、母親への愛情にあふれています。
    子供ながらに親の心をおもんばかって遠慮する様子など、うなずける箇所が多々ありました。彼の愛情はマザコンとは違うものでしょう。

    小さな一家の話ですが、著者は丁寧に記憶をたどり、自分の気持ちをそこに織り込み、とはいえ感傷におぼれ過ぎることもなく、淡々と描写しています。
    フィクションと違ってリアルすぎる私記は、踏みこみづらいものがあるため、この本にも一定の距離を保ちながら読んでいましたが、やはり最後のくだりには、涙をこらえられませんでした。

    著者がオカンに贈った、本という美しいプレゼントを、私もついでに読ませてもらったような感じです。
    子を思う母の心ほど深いものはありませんが、著者は、その思いに少しでも報いようと、贖罪もしくは鎮魂歌としてこの本を書き上げたのではないでしょうか。

    私は自分の母と毎日メール交換をしており、その日読んだ本の話もしていますが、ちょっとこの作品は、なぜか話せないような気がします。
    自分のオカン、そしてオトンが傍にいてくれることに感謝して、二人を大切にしようと、しみじみ思いました。

  • 本のタイトル「東京タワー」のあとに「オカンとボクと、時々、オトン」と続くのが大事。(これより前に出た江國香織さんの「東京タワー」との差別化のためだったのかもしれないけど・・・)
    タイトルだけでも深イイ。

    「親子」や「夫婦」の先にある「家族」という関係について"想う"ための本。リリー・フランキーさんは「誰も知らない名言集」という本も出していますが、名言発掘のセンスは超一流。そしてこの小説では、リリーさん自身が天才名言クリエーターであることを証明しています。まさに名言の連続です。

    勘がよくて繊細なかたは、センチメンタルなタイトルから予想して、あるいは映画化されたときの宣伝をみて、「この本を読むと、きっと涙がでちゃうんだろな~」と避けて通るかたもいるかもしれません。でも、この涙は流した方がいい涙。頑張って読みましょう!

    これまでの「土地」と離れて「東京タワー」を求めて、「東京」へと向かうすべての人に。
    これまでの「家族」と離れて「自分の軸」を求めて、「未知」へと向かうすべての人に。

  • ハードカバーが発売されたばかりの頃に、人から借りて読みました。号泣した。
    その後文庫化され、文庫を購入。
    初めて読んだ時から自分も年をとったせいか、感じ方が違ってきて、また面白かった。

  • なんだかズルイなあと、分かってはいるけど引き込まれてしまった。やっぱり母親の愛情はすごい。

  • 涙ボロボロでた。こういう家族ものの話にむっちゃ弱い。

  • 本、映画、ドラマ、漫画。何を見ても泣かなかった僕ですが、初めて感動して泣いた作品。しかも号泣。

    リリーさんと自分を少し重ねちゃったりして。母親を大切にしようと改めて思いました。

    僕が読書を好むきっかけとなった本です。

  • この人たち素直で純粋でいい人たちだ

  • 展開やエンディングは予想の枠から出ないものであるが、ストーリーを紡ぐ著者の本心、心からの声がとても響く。

    誰からどう思われようと、何と言われようと、大切な人を大切にするという姿勢は、口では簡単に言えるが行動に移すのは本当に難しい。

    けれども、この本のおかげで、「○○歳にもなって~」とか「○○のくせに~」とかいう誰からのものかも分からない視線に囚われず、自分の人生を自分で生きる人が増えることを望む気持ちが更に大きくなったような気がする。

    もちろん自分もそのように生きたい。

  • 10年くらい前に買ったのに
    積読になったまま、
    今回やっと読みました。
    不思議なご縁で、
    いま北九州に住んでいて
    出てくる街の風景が
    とても身近に感じられた。

    伝えられる今のうちに、
    親孝行しようと思った。

  • リリーフランキーの自叙伝?
    オカンのこれでもかというくらいの無償の愛がすばらしい。ところどころに示される作者の世の中の捉え方も頷けるところが多い。

  • 不覚にも涙が止まらない。
    前半は面白いがこんな奴は絶対嫌いと思ったけど、思ったけどじゃなく絶対嫌
    こんな息子いらない、息子持たなくて良かった。

    後半は泣いた泣いた
    昌志さん斐さん喜志子さん
    はたまた誠さんを思って
    泣きました

全1957件中 1 - 25件を表示

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~に関連するまとめ

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を本棚に「積読」で登録しているひと

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~の作品紹介

母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~の文庫

ツイートする