小説 交渉人真下正義

  • 31人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • フジテレビ出版 (2005年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594049737

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

小説 交渉人真下正義の感想・レビュー・書評

  • 内容紹介
    大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」から生まれたスピン・オフムービー「交渉人 真下正義」が小説で甦る。ユースケ・サンタマリア演じる警視庁初の交渉人VS地下鉄網を占拠した犯人との知能戦が、手に汗握る文体で完全再現。また、巻末に付録として、警察用語・隠語集も掲載。
    内容(「BOOK」データベースより)
    2003年11月24日、レインボーブリッジ封鎖で解決した「台場連続殺人事件」で、警視庁初の“交渉人”として事件を担当した真下警視は、その事件解決後、湾岸署の前でマスコミに取り囲まれていた。「確かに僕は警視庁初の交渉人なんて騒がれてはいますが…」と。この真下の不用意な発言がきっかけとなり、一年後、未曽有の東京サブウェイ・パニックが引き起こされる。

  • 2010.08.22(日) 読破

  • 期待しすぎた感がヒシヒシ。
    小さな事件を追いかけてるTVドラマ時代が懐かしい。

  • 記念すべき1冊!図書館に通い出して初めて借りた本。映画の内容を忠実に再現しています。

全4件中 1 - 4件を表示

小説 交渉人真下正義はこんな本です

ツイートする