象の背中

  • 258人登録
  • 3.41評価
    • (20)
    • (38)
    • (79)
    • (7)
    • (5)
  • 65レビュー
著者 : 秋元康
  • 産経新聞出版 (2006年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594050566

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
万城目 学
瀬尾 まいこ
東野 圭吾
奥田 英朗
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
荻原 浩
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
西 加奈子
吉田 修一
雫井 脩介
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

象の背中の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 余命宣告され、残りをどう過ごすか。。。あたしも考えちゃいました。

  • こういう男は大嫌い。だけど、生きる時間について、考えた。時間が区切られたら、どうするか?来年がなかったら?

  • あと半年の命…末期ガンを宣告された中年男が妻に、子供に、そして愛人に最後に遺すものは。
    (アマゾンより引用)

    これは…人前では読めない(笑)
    泣いたなぁ
    何かもう…
    さすが秋元康さん、と言うべきか、たぶん文章表現がすごく上手なんだろうな(´・ω・`)
    この本を読んで、自分が死んでしまったとき、自分の好きな人が亡くなってしまうときを考えてしまって…
    『家族』でいることの大切さが分かるって言うか…
    あ~…すげ~深い一冊だったように思います。

  • 例えば、今ボクが余命半年と告知された時にどのような行動をとるのかと考えました。

    藤山のように、家族への隠し事を告白したり、過去に自分と接点のあった人に会うというのは、やはり自分を忘れて欲しくないという気持ちからなのでしょう。

    ボクは自分というより、家族が気がかりで、今後の生きる道標をつくることに専念するのだろうと思いました。

    突然訪れる死も残酷ですが、半年先という死の宣告も残酷で、身辺整理ができる点では少しでも時間がある方が良いと感じました。

    秋元康の小説ははじめてでしたが、面白く読めました。

  • 思ってたほど感動できなかった。
    でも途中で石川さんに泣かされた。
    言うことかっこよすぎ。

    主人公はある意味すごい。
    こんな正直者めったにいないよ。

  • 共感とは全然違うんやけど
    泣いちゃうんよね。

    私はこうゆう男の人、嫌いじゃない。
    身勝手でズルいけど
    きっと憎めなくて愛してしまうのね。

  • 48歳サラリーマン、肺がんの為、余命半年。延命治療を拒否し、残された時間で今までお世話になった人達へ色々な形の遺書を書く。最後は家族に見守られながら他界する。

     本に付いていた帯の文言が印象的だった。「身勝手すぎ」vs「男の理想」、正に見る人によって両極端に分かれる内容だった。死の直前で浮気相手が出現したとして自分ならどういう態度をとるか・・・。難しい。
     こういう本を読むと後悔しないように生きようと思うのだけれども、無為な時間を過ごしてしまう現実。自分に正直になれない性格。忙しい毎日。サラリーマン。

    「それは、逃げだ。何でも話すことが誠意じゃない。」
    「”正直に話せば許される”わけではない。思いやることを放棄しているだけだ。」

  • 自由な男だなー

  • 賛否両論の小説のようでしたが、個人的にはいい話だと思う。確かに、ずいぶんと勝手な父親で、しかもそれを美徳としている感じはなんとなくしっくりきませんが、それでも父と娘のやりとりにはジーンとくるものがありました。

  • あと半年の命…。末期ガンを宣告された中年男性藤山幸弘が、穏やかに家族との生活にある日、医師に告げられた主人公。そして愛人。読み進めていく中で、奥様が健気に使えておられる姿に同情するばかり、最期に及んでも、身勝手すぎる主人公に、男性って!と思いするも、こうして逝けるのは男の理想かなとも感じた。
     最近、身近で若い方たちが癌で旅立たれたお姿をお一人お一人、思い浮かべながら、涙々で読ませて頂きました。

全65件中 1 - 10件を表示

象の背中に関連する談話室の質問

象の背中を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

象の背中を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

象の背中の作品紹介

あと半年の命…末期ガンを宣告された中年男が妻に、子供に、そして愛人に最後に遺すものは。

ツイートする