アシュリー ~All About Ashley~

  • 323人登録
  • 4.22評価
    • (100)
    • (28)
    • (54)
    • (1)
    • (1)
  • 90レビュー
  • 扶桑社 (2006年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594051143

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
東野 圭吾
星野 夏
東野 圭吾
村上 春樹
水谷 修
森 絵都
島本 理生
奥田 英朗
綿矢 りさ
白石 昌則
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

アシュリー ~All About Ashley~の感想・レビュー・書評

  • 可愛い可愛い絵本のようなエッセイです!読めばアシュリーから元気が貰えます。どんな生き方になってもアシュリーはアシュリーらしく明るく生きていて、ほんとにそれは素晴らしいことです(-^〇^-)

    自分らしくいつも明るく生きること。
    人生を楽しみ尽くしていきること。
    アシュリーが生きれなかったぶんも楽しんで生きたいです。

  • 人生は長さではない。


    彼女から教わることはたくさんあるように思います。

    明日があるかわからない毎日を堂々と生きた彼女の姿勢。
    実は自分たちも明日が約束されているわけではなく、彼女のように一日を一生懸命に『生』をというものを感じながら生きたいと思える一冊です

  • こんな病気があるなんて知らなかった。



    スーパーポジティブガール。



    死はこわくないんだって、この人。


    わたしはまだ、死ぬのが怖い。

  • アシュリー・ヘギ 14歳
    早期老化症 ( プロジェリア )という病気を持つ少女。
    初めて彼女をテレビで見たときショッキングとか、驚いたというより、「 ギョッとした 」

    フジテレビの番組で何度か取り上げられているが、それは彼女の病気が珍しいからだと最初は思っていた。
    でも、違うんじゃないかと最近は思っている。
    そして、この本を読んで 「 違うな 」 と改めて思った。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    世界でわずか約30~40人の早期老化症(プロジェリア)の子ども。人の10倍もの速さで年をとる彼らの平均寿命は、13歳である。限られたみじかい命を精一杯生きているアシュリー。14歳になり、プロジェリア患者の平均寿命を越えたいま、自分のこと、病気のこと、命のこと、家族、そして最愛の親友のことを自分のことばで懸命に語る。

    【キーワード】
    単行本・エッセイ・闘病



    2+++1

  • たくさんの写真と手描きのイラストや、アシュリーが思っていることを私たち一人一人に語り掛けてくれます。動物が大好きで、もちろんお洒落にも気を遣う何処にでもいる普通の女の子。“病気も含めて私なんだよ”前向きな彼女の言葉たちがすっと心に染み込んでいきます。いつも自分のこと以上に周りの人を想い、笑顔を忘れなかったアシュリー。きっと天国で大好きなジョンと一緒に家族や友達、会ったことのないたくさんの人達のことをあの優しい笑顔で見守ってくれているのかな、なんて思いました。

  • 彼女のドキュメンタリーは必死で観た。
    最初はプロジェリアって何???から、気になって。

    でもだんだん彼女の生き方、考え方に魅かれてそして彼女が元気か気になってみつづけた。
    本を読むより先に彼女の死を知って、本を読むのを忘れていた。

    そして先日、見つけて読んだ。
    こんなに幼いのにどうしてこんなに心が広いのか、大きいのか、人を理解できているのか、とても不思議でならない。
    プロジェリアと言う難病だったから?そう言ってしまうのはすごく失礼だと思うけど、でも彼女がプロジェリアでなかったら私は彼女を知らなかった。
    こんな考えや教えを知ることもなかった。

    彼女の言うとおりプロジェリアと言う病気で神様は彼女をいろんな人と結びつけたのかもしれない。

    とても不思議を感じさせる本。
    そしてすごく前向きに考えさせてくれるヒントをくれる本だと思う。

    老若男女を問わず読んでみてほしい。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:936||H
    資料ID:50600006

  • この子の笑顔は世界一!
    この本を読んだらもう不満顔とはお別れ/)`・ω・´)
    笑顔が大切だと再確認できました。

  • 通常の10倍の早さで老化が進むプロジェリア症候群患者のアシュリー・ヘギが著したエッセイ本。
    後ろ指を指されても生きる。両親よりも早くこの世を去ることが決まっていても生きる。そんな前向きな生き方を17年間全うした著者の言葉が綴られている。
    神様が本当にいるならば、それは酷く残忍なものだと感じた。
    いつかこの難病の治療法が確立されることを期待しつつ、彼女の言葉を胸に留めておきたいと思う。

  • 今でもたまに読みます。とっても前向きになれるアシュリーちゃんの言葉たち。

  • プロジェリアという難病のアシュリー。でも、とても前向きで幸せな言葉がいっぱい!私もこんな風に感じて生きていきたいと思った。

  • 30分くらいで読み終わっちゃうくらいの、すごい読みやすいカンジ。

    なのにも関わらず、普通に泣ける。。。くらいの内容が詰まってる。

    自分より10も年下の子が考えることとはとうてい思えない。

    自分もちょっとはみならわないとっっってすごい思う。

  • この本を読んでみると、アシェリーがとても強い女の子でいつも笑顔で明るい子だということがわかりました。また、相手に対して怒らないでいられるのは、すごいことでうらやましく思いました。
    (ペンネーム マサ)

  • 早期老化症(プロジェリア)の女の子の想いが包まれた、心明るく柔らかな一冊です。悟りの境地みたいです。純粋で強くて優しいアシュリー、心から尊敬します。感謝。

  • アシュリーはとても素敵な人だと思う。

  •  プロジェリア症候群という難病を患いながら、アシュリーさんのことばはとても前向き。本当は深い悲しみと痛みを背負っていることを、匂わせることばもある。けれど、読んでいる人を励ますようなことばがたくさんありました。
     自分自身であることを大切にして、つねに周囲に感謝して、大好きなモノを嬉しそうに紹介するアシュリーさん。とても素敵な人です。

  • 若くして...素敵すぎる女性だと感動しました。笑顔と勇気をありがとうございます。

  • 毎日笑うこと、感謝すること。

  • 世界中でたった30人、プロジェリアという難病におかされたアシュリー。強くて、真っ直ぐで、優しくて、心のきれいな女の子。好きな言葉はPEACE、LOVE、JOY、SWEET、SMILE。TVのドキュメンタリー番組を通し、彼女のことは知っていたけれど、また違う顔を見た気がします。
    文章力は間違いなく14歳の女の子なのに、書かれている内容はとても14歳とは思えない。彼女の人生はそれだけ密で一生懸命生きてきたんだろうなと伺えます。辛いはずはないのに、いつも前向きで優しいアシュリーの生き方に思いに心が動かされ、勇気をもらいました。

    『自分が悲しい顔をするのは周りも悲しくなってしまうから、決して人前ではそんな顔をしないの。だって笑顔でいるとみんな笑顔をかえしてくれるし、ハッピーだから! 』

  • 毎日笑って生きていこう。
    怒らないよう努力する。
    後ろ指差されても笑顔で返す。

    どうしてこうも無垢に達観して生きていけるのか。

    宗教の力ってすごい。宗教は見たくない現実を覆い隠してくれる。

    図書館で立ち読み。

  • かわいい作品集のようなエッセイ本。
    楽しむこと、感謝すること、彼女の生き方はシンプルでとても幸せです。

    英語も一緒に書かれてあります。

  • アシュリーさん;w;。本当に強い人でした。私も強くなりたい。ご冥福をお祈りいたします。

  • 勇気をもらえる一冊!!

  • 2010.04.27
    14歳とは思えない。心もしっかり大人になっていた。
    周りの人に優しく、笑顔で。

全90件中 1 - 25件を表示

アシュリー ~All About Ashley~に関連するまとめ

アシュリー ~All About Ashley~を本棚に登録しているひと

アシュリー ~All About Ashley~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アシュリー ~All About Ashley~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アシュリー ~All About Ashley~を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする