新しい単位―カラー版 (扶桑社サブカルPB)

  • 313人登録
  • 3.77評価
    • (57)
    • (42)
    • (99)
    • (2)
    • (0)
  • 65レビュー
  • 扶桑社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594051280

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
奥田 英朗
宮部 みゆき
五月女 ケイ子
東野 圭吾
フランツ・カフカ
リリー・フランキ...
ほし よりこ
慶応義塾大学佐藤...
アクセル ハッケ
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい単位―カラー版 (扶桑社サブカルPB)の感想・レビュー・書評

  • クリエイティブな一冊。日常に潜んでいるものに単位を与えて数値化して考えるという試み。例えば鼻毛一本を抜いたときの単位を「1hanage」として、日常経験する痛みのシーンを解説する。爆笑必須だけど新しい発想へのヒントになる本だ。

  • 完全なネタ本。
    くだらない事しか書いてないので、暇つぶしに丁度良い。

  • 「しょーもね~」って思いながら読んで、結局「ニヤッ」ってしてしまう本。

  • 他の方のレビューを読んで頂くとお解りいただけます。
    私からは一言だけ。
    「兎に角、笑えます!!!!」
    以上。

  • かなり、くだらなすぎる本で私は大好き☆な本。約1,000円もするのにシリーズ2冊共買ってしまいました…。内容はタイトル通り、あいまいな数値が測れない『痛み』や『ゴージャス』などの単位を設定し、様々な事柄の数値を計算してみよう…と、よく分かるような分からないような内容…。

    庶民のによる庶民の為の庶民のネタってかんじでほのぼの。痒いところに手が届く的ネタ満載。そして、本のイラストが絶妙…!多分男の人達が色んなネタを持ちよったのでしょう、男視点からのネタが多いです。女視点版もあったら面白いかも…。

    とにかく読まなきゃ分からない本なんで…興味のある方は是非〜。ってゆーか、私は周りの友人にこの本を貸しまくりましたが、「は?それで?」というカンジの冷たい反応で悲しかった…。とほほ。

  • 図書館のブックリストに追加。

    2016.05.20.

  • とにかく、バカすぎる。笑
    様々なことを単位として表してるんだけど、「最終回っぽさ」とか「女々しさ」とか「だらしなさ」とか。全部で31個。
    たとえば「違和感」の単位なら、「スクーターに乗るお坊さんに感じる違和感」というところから、単位名が「1st(スクーター)」になる、みたいな。
    そのあといろんな違和感を挙げて、「スーツ姿の力士の違和感」=「110st」とかっていう感じで。
    ひたすらそれが図入りで続くおバカな本です。笑
    思わず吹き出しちゃって悔しい思いする単位も多々。
    確かこれ友だちからもらったんだけど、何も考えなくてもいい時間を与えてくれた友だちにものすごく感謝してます。笑

  • 昔読んで、とても懐かしい気分に。ちょっと大人向けだったんだなと気付いた。

  • 読み終わったというか、立ち読み終わった。
    寝むさ124fujy。

  • 色々な現象の単位を示した本。
    イラストも面白い。
    例えば、♡ラブラブ度♡の単位は「ase(アセ)」。
    手術中のお医者さんの汗を拭く看護師さんとの連携プレーからきているらしい。
    だから、仲良しカップルは「100ase」くらい??

  • ≪内容≫
    世に溢れる「単位」。物事の尺度として共通の単位があればこそ、人は痛みや悲しみの感情をも詳細に分かち合うことができる。本書は新しい単位研究の成果をまとめたものである。

    ≪感想≫
    ドン・キホーテに漂うエロチシズムを1Dnkとすると、体育倉庫に入っていく女生徒のエロチシズム=270Dnk。
    スクーターに乗るお坊さんに感じる違和感を1Stとすると、泉ピン子のシャネルスーツ=85St。
    なかなか理解しにくい単位の世界ではあるが、イラストと共に紹介されているので初学者にも手に取りやすい。あれ?と思ったときに手元にあると嬉しい実用書である。ただし、内容に若干の古さが出てきているため、そろそろ改訂版が必要な時期がきているのかもしれない。

    最近では1Hyde=156cmというのが巷で頻繁に使われる単位である。

  • 2009/05/27読了

    なかなか楽しめました
    その発想はなかった。

  • 何度読んでも、笑える。コメントと挿絵が最高に楽しい。友達にもすすめて、要所要所で使っていきたい、新しい単位☆

  • 「[カラー版]新しい単位」

    編  世界単位認定協会
    出版 扶桑社サブカルPB

    p5より引用
    “だったら痛み以外にももっといろいろなものに
    単位があったっていいじゃないか!”

    BSの番組内の一コーナーを単行本にまとめた一冊。
    ゴージャスさからはかなさまで、
    世の中のいろいろな事に対して単位を決めています。

    上記の引用は、
    「本書の発刊にあたって」の中の一文。
    確かに、
    あいまいな事柄に対して、
    はっきりと単位を基にした数値を出せれば、
    便利な事この上なさそうですが、
    出した数値で一悶着起こりそうな気がします。
    イラストが大変味わい深い一冊です。

  • 私の友人は、悪いの単位「ザブーン」を風呂で普通にやっていました。なんて悪い奴なんだ。

  • あまり有名ではない単位をまとめた本とかだろうと思ってたら全然違いましたww
    個人的にはヒーローっぷりの単位が好きですwww

  • 笑える本です。
    勝手に単位をつけていくというもの。

    例えば「痛み」に単位をつけるとすると
    鼻毛を抜く痛みを1ハナゲと定義すれば
    出産のときの痛みは何ハナゲになるか?

    「若々しさ」に単位をつけたり、他にも
    「気前よさ」「いさぎよさ」「だらしなさ」などがある。

  • 全巻持ってます。
    腹筋崩壊間違いなし。
    シュールな目線でばっさり切り捨てごめんなさいなコメントがたまらないです。

  • 「パイナポー」を初めて知ったときの衝撃。それ以来、やたらと発音してみたい「パイナポー」。

  • 挿絵もあいまって面白い。

  • 深夜にやってたテレビ番組のコンテンツを
    見事にまとめきった一冊。必見!

  • こういうバカな本が大好きです。
    うっとうしさ、たくましさ、気まずさ…などなど、実際に使ってみたい単位がいっぱい。
    五月女さんの挿絵がイイです!素敵です。

  • バカバカしい。ホントにバカバカしい。好きだー!(´∀`)

  • お札で
    焚き火をする
    ゴージャスさの
    単位はどれくらい?


    重さや長さに単位があるように

    「ゴージャスさ」や「気まずさ」にも単位が欲しい。

    そこで、世界単位認定協会は

    31の新しい単位を認定することにしました。



    単位の説明とともに描かれている挿絵が

    シュールで最高。

  • ゴージャスさの単位や痛みの単位など、新しい単位を決める本。こういうくだらないの大好きだー!どんな単位に認定されたかは本で確かめてください。

全65件中 1 - 25件を表示

新しい単位―カラー版 (扶桑社サブカルPB)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新しい単位―カラー版 (扶桑社サブカルPB)の単行本

ツイートする