遺品整理屋は見た!

  • 252人登録
  • 3.40評価
    • (18)
    • (34)
    • (80)
    • (5)
    • (4)
  • 63レビュー
著者 : 吉田太一
  • 扶桑社 (2006年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594052324

遺品整理屋は見た!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人が生きるって事は、他人事じゃないんだよね。

    家族も知人も友人も、もちろん自分も必ず死ぬ。
    その時になにができるのか?

    悔いがない、その時を迎えれたらいいな。

  •  孤独死や自殺の記事が多かったと思う。途中何とかならなかったのかという著者の言葉があり。あれから10年たった今どんなセーフティーネットができたのか、変わってきたのかが気になった。
     一案件ごとに章が区切られており、読みやすい本だった。
     ゴキブリの壁の話が一番印象に残った。

  • 残された遺族が、、なんていうけど感情を抜きにした、決して他人事ではない現実的な話。

  • 死臭というのは取れないのか。

    もう少し掘り下げても良かった。
    少し勿体なく感じた。

  • 以前「特殊清掃」を読み、自分の知らない世界が衝撃でこちらも読んでみました。

    孤独死や自殺現場だけでなく、殺人現場まで清掃する・・・もう、ただただ頭が下がります。

    日々、淡々と生きているとどうしても、自分はこのま普通に生きて、普通に(家族に看取られて)亡くなる・・・と思ってしまいますが、自分や身内だっていつどこでどのように死ぬかなんて分からない。

    このような本は、多少表現が苦手だと感じる方もいるかもしれませんが、でも「人間=生もの」だということを改めて感じさせられます。

    でも、それが”生きている”ということなんだと思います。

  • 「死にざまは生きざま」
    何千人もの死にざまに会ってきた著者の、あとがきに書かれたこの言葉は、今後たびたび思い出すような気がする。

    自殺、殺人、死後数週間の遺体のあった部屋の描写(45L袋半分量のうじ虫、部屋の壁という壁についたG(文字にしたくない)、血しぶき、など)を読んでも想像が難しく全くと言っていいほど気持ち悪いとは思わなかった。
    ただ、そんなものを見なければいけない状況やそれに至った過程を想像すると気の毒で仕方なかった。

  • 勉強になった。でもそれだけ。

  • 内容が浅い。
    色んな事例を取り上げるよりも、一つの事例に関して深く掘り下げて欲しかった。

  • 孤独死・自殺・病死。故人の遺品を親族に代わって整理する仕事がある。事実を淡々と書いているだけなのだがそこには紛れもなく一人の人間の死がある。すべての事例をもっと詳しく知りたいと思う。

  • 信じられない話のオンパレードに唖然・・・

全63件中 1 - 10件を表示

遺品整理屋は見た!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遺品整理屋は見た!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遺品整理屋は見た!を本棚に「積読」で登録しているひと

遺品整理屋は見た!の作品紹介

「あっ!これが死臭なのか…!!」日本初の「遺品整理のプロ」の心に深く刻まれた46の壮絶な現場。少子高齢化、遺産相続争い、恋愛のもつれ、遺族の不仲、人に知られたくない性癖…。そこには、人の営みの光と影のすべてが凝縮されていました。これまでにない新しい視点と独特の語り口で、圧倒的な読後感。

ツイートする