車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話

  • 84人登録
  • 3.47評価
    • (10)
    • (6)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : ニッポン放送『うえやなぎまさひこのサプライズ!』 
  • ニッポン放送 (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594052386

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有川 浩
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話の感想・レビュー・書評

  • ■書名

    書名:車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話
    編集:ニッポン放送『うえやなぎまさひこのサプライズ!』

    ■概要

    ニッポン放送『うえやなぎまさひこのサプライズ!』の「10時のち
    ょっといい話」から23の実話を収録。
    (From amazon)

    ■感想

    この本の目的は、「読者を泣かすこと」だと思います。
    それぐらい、泣かす話が詰まっています。

    というのも、ほぼ全ての話に「死」「動物」が関与しています。
    背景に「死」が絡むと、普通の頑張った話でも、あっという間に
    泣ける話に変わります。
    勿論、話自体は事実なのでしょうが、少し安易な気がします。

    山ほど候補があったのだから、ここまで「死」が関与していなく
    ても良かったのではないでしょうか。
    読んでいて、後半は少ししらけてしまいました。。。
    (だって、どうせ誰かが死んだ話なんだもん・・・)

    その中でも、私が特に感動したのは、大阪空襲時に、規則を破って
    地下鉄を走らせて、多くの人を避難させた話です。
    これを実施した方は、自分の仕事が何なのか、自分がいまやるべき
    ことは何なのかという事を、自分の頭で考える力、実行する力が
    ある方なのでしょう。
    非常に、感銘を受けました。

    後の話は、似たり寄ったりでした。
    (非常にいい話で感動できるのですが、いかんせんこういう風に集め
    られてしまうと・・・・)

    こういう本は、ゆっくり一日一話とかで読むべき本ですね。

    ■気になった点

    ・おやすみと言った人に、必ずおはようと言えるとは限りません。

  • 読んだ後、生姜湯であったまったみたいにポカポカした気分になった。まさに心温まるエピソード集。

  • 五体不満足みたいなのかと思ってたけどラジオからの短編集でした。が、透析導入になる人がいたり、IABPがでてきたりと意外とあたりかも?

  • ラジオ放送のワンコーナー。
    その感動する短編集といった感じ。

    図書館のおすすめコーナーにおいてあったので、
    心ひかれて読んでみたのですが、
    本当に感動し心あたたまる話ばかりでした。
    祖母を思う気持ちから作られた靴や
    セラピー犬、海外ボランティアでの青年の話etc。
    これをきっかけにラジオチェックもし始めました。
    この次回作もあるそうなので、読んでみたいと思います。

  • ひとつひとつが短いながらも、心温まるお話ばかりでした。

  • ええ話ばっかりや。

  • ラジオで紹介された短編集。ジーンの連続よ。

  • 実話には作り話にはない力がある、と思う。

  • 日本もまだまだ捨てたもんじゃないと思えるハナシがいっぱいです。

  • 涙はあふれませんでしたが、心温かくなる話でした。
    『小さなランドセル』の話はテレビで見たことあったなぁ。

  • 友達から薦められた。これから読む

  • うっかり電車で涙が出そうだった。いい話。

全13件中 1 - 13件を表示

車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話を本棚に「読みたい」で登録しているひと

車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話を本棚に「積読」で登録しているひと

車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話はこんな本です

車いすのパティシエ―涙があふれて心が温かくなる話のKindle版

ツイートする