真夜中の男 (扶桑社ロマンス)

  • 66人登録
  • 3.63評価
    • (10)
    • (9)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : Lisa Marie Rice  上中 京 
  • 扶桑社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594053239

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リサ・マリー・ラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

真夜中の男 (扶桑社ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 予想以上にいい作品だった。
    いい意味で裏切られて、いまでも結末に感動するほど。
    ヒロインの身の安全のために人を殺すことが許されるかどうか、前にもこういう問いのような作品をみたことがある。
    あの時はあの時で、是非について何度も考えた。
    今回はヒーローがヒロインのために、
    今までの人生で築きあげたキャリアと財産をすべて投げ打ってまで、ヒロインにすべて捧げようとした。
    ヒロインを守るために狙ってくるマフィアを殺すことが、
    元軍人にとっては抵抗がないにしても、
    彼女なしに自分の人生を送ることや、
    彼女が保護プログラムで親しい人たちから引き離される人生からも、
    救うためだったと思うと、
    せっぱつまった思いがうかがえて悲しいくらいだった。

    一緒にいたい人とこれから絶対に人生を共にすることができないと悟った瞬間の二人の心境は、
    読んでて涙しながら痛々しかった。

    最終的には力技でヒーローが誰もができないやり方でヒロインを守った。

    久々に強烈に気持ちが動かされる作品を読んだ気がする。
    この作者の作品はこれが2冊目だが、
    主人公たちの心境の繊細な変化の描写が、
    胸が裂かれるほどの出来事で浮き立つ内容がわざとらしくなく、いい感じに引き込まれて一気に読めた。
    シリーズの続きも読みたい。

  • 元SEALヒーローxインテリアデザイナーヒロイン

    レンガ社長の名は伊達じゃないw
    何度も再読しているので、その内ちゃんと感想を書こう。

  • こういうマッチョな男性が自分を求めてくれるって、なかなか憧れのシチュエーション
    しかも、自分が命を狙われるはめになって、命がけで守ってもらうって

    唇が腫れるほどkissされたり
    kissマークをつけられたり
    お尻に跡が残るほど鷲掴みにされたり
    SEXした後では歩き方が変わるとか

    お相手するのは、なかなか大変そうな男性
    でも、妄想するには良い

  • 中身は全く意味のないストーリーだけれど、とにかくエロい。

  • ロマンス物の人気作から選んで読んでみました。
    スリルがあるので、ロマンチック・サスペンス??

    スザンヌ・バロンは美貌のインテリア・デザイナー。
    父の遺したビルのオーナーでもあり、借り手に面接すると、思いも寄らない程たくましい男だった。
    セキュリティ会社の社長ジョン・ハンティントンは、体格が人並み外れ、冷たい目をして男性的な磁力を発散していた。
    実は海軍の特殊部隊の出身。真夜中の男(ミッドナイト・マン)という異名があった。
    このときは危険な現場から戻ったばかりなので、普段は街で着ている紳士的な服装ではなかった。
    怖がらせてしまったと思うジョン。
    ジョンが軍隊出身としてスザンヌは納得し、旧知の警官バドに彼の身元も保証される。バドは海兵隊出身だった。
    スザンヌのビルのセキュリティはいいかげんなもので、ジョンはすぐ押し入ってみせる有様だったが。

    互いに一目惚れ状態で、あっという間に猛烈な関係に陥る。
    だが、あまりに違う相手。
    スザンヌはこれまで、自分に似たタイプの大人しい男性としか、付き合ったことがなかった。
    警戒し、一時は距離を置こうとするスザンヌ。
    ところが、一人でいた夜に、ビルに何者かが侵入。
    命を狙われているとわかり、助けを求めるのはジョンしかいない。
    二人で逃避行をすることに。
    ほとんど軍隊生活しか知らないジョンだが、危険な状況ではこれほど頼りになる男はいない。
    これまで付き合ったことのない上品なヒロインに戸惑いながら、何とか優しくしようとするジョンの様子も面白い。
    硬い本を読む間の息抜きに。

    作者は1951年生まれ。翻訳者、通訳を経て、小説家に。
    本書で、2004年のシズラー・アワードで最優秀ロマンティック・サスペンス賞を受賞。

  • 超熱いアルファメイルが大活躍。夏に読むと暑苦しいw ストーカー並みのヒロインへの執着、凄すぎ。それをさばいてるヒロインもっと凄
    原題:Midnight Man

  • 読んでいっぺんに惚れました。アルファメイル大好きです。
    官能的なベッドシーンもすばらしいです。

  • hotだ~
    インテリアデザイナーのヒロインと元SEALで警備会社を経営しているヒーローの話。
    一生懸命優しく普通にキスしようとするだけでレンガを握りつぶして一年分の自制心を使い果たすヒーロー。絶倫というか種馬というか・・・
    事件があれよあれよという間に発展し、あっという間に終わってしまうのにはビックリ。ここら辺もう少し時間が掛かるんじゃないかしら?
    とはいえ、解決にあれ以上時間がかかったらヒーローが狂って人類のためにならないかもしれないわ・・ということで納得してますww

  • 下半身妄想男め…。中佐にもなって、あの口の利き方、妄想暴走ぶりはいただけないが、無骨な男がインテリアデザイナーにメロメロドロドロになるあたりはgood。最後はあれでいいのか?あれで?

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    美貌のインテリア・デザイナー、スザンヌのもとに現われた警備会社社長のジョンは、危険な香りのする男だった。それもそれはず、彼は「ミッドナイト・マン」の異名をとる元海軍特殊部隊員。出会ったその日から、二人は強く魅かれあう。しかしスザンヌの周辺には、彼女の命を狙う謎の殺し屋たちの影が…。愛する女を守るため、すべてをなげうって立ち上がるジョン。そして、二人きりの逃避行がはじまった。めくるめく官能に彩られた、ノンストップ・ロマンティック・サスペンスの決定版。

    読みたかった1冊。
    ジョンの乱暴さが優しさに見えてくるのは愛情のせいなのね。
    でもどうして狙われるのかがわからないけれどハラハラドキドキしました。
    それにしても続きがありそうな終わりかた。
    これからどうなるのか、スピンオフあるなら探してみたいと思います。

    Midnight Man by Lisa Marie Rice

  • リサ・マリー ライス/著&上中 京/訳 の作品に興味を持ったので手にした2冊目。
    最新作から読んでしまったので、お気に入り順位としては2番手になってしまうけど、作品としはこれも大変面白かった。


    (amazonより抜粋)
    美貌のインテリア・デザイナー、スザンヌのもとに現われた警備会社社長のジョンは、危険な香りのする男だった。それもそれはず、彼は「ミッドナイト・マン」の異名をとる元海軍特殊部隊員。出会ったその日から、二人は強く魅かれあう。しかしスザンヌの周辺には、彼女の命を狙う謎の殺し屋たちの影が…。愛する女を守るため、すべてをなげうって立ち上がるジョン。そして、二人きりの逃避行がはじまった。めくるめく官能に彩られた、ノンストップ・ロマンティック・サスペンス。

  • 2004年シズラー・アワード最優秀ロマンティック・サスペンス賞受賞


    〈ミッドナイト〉シリーズ1作目

全13件中 1 - 13件を表示

真夜中の男 (扶桑社ロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真夜中の男 (扶桑社ロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真夜中の男 (扶桑社ロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする