留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)

  • 242人登録
  • 3.34評価
    • (12)
    • (26)
    • (52)
    • (11)
    • (2)
  • 43レビュー
著者 : 栄陽子
  • 扶桑社 (2007年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594053444

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ヘミングウェイ
デール カーネギ...
東野 圭吾
マーク・ピーター...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

  • 【留学】なかなか刺激的なタイトルだったので読了。本書では留学した人たちの失敗談をもとに本来あるべき留学に対する態度について語っている。結局は無目的に英語をただ学びたいから留学する人たちをばっさり斬っていて、なぜ留学するのかをとことん考えなさいというのが筆者の主張。英語に対する議論の中で必ずといっていいほど出てくる内容のものばかりなので、目新しさはあまり感じられなかったが、留学エージェントの実態についてはあまり知らなかったので参考になった。結局はリサーチ不足な当事者が悪いといわれてしまえばそれまでなのだが、情報の格差によって留学でも悲劇が起きることをしみじみと感じる事ができたのでよかったかなと思う。コミュニティカレッジにはご注意を。

  • 日本人の英語信奉、米国崇拝がズバリ書かれている。歯に絹着せぬ親バカ批判も痛快。米国の教育制度、教育理念に関する日本との違いも参考になった。

  • 留学カウンセラー著。留学についての誤解を紹介している。どちらかというと行く本人よりもその親に必要な本。
    アメリカの大学が4000以上、オーストラリアには10弱、そして、日本には1200の大学があるという。この数字からしても、アメリカや日本の大学はピンきりであり、大学に行けばいいというものではないということがよくわかる。本書の中では、優秀な日本の学生が大学選びをしっかりやらずにアメリカのコミュニティカレッジに入り失敗をしたことや、留学先の日本人グループから抜けられずに英語も身につかずに帰国したことなどが例として紹介されている。しっかりと下調べしてからいきましょう、そして、著者の留学研究所(有料)を利用して、とのメッセージも含まれる。
    海外留学を控える学生とその親におすすめ。

  • 安易に留学する奴はバカに決まってる

    そんな奴は業者に食われてお終いです。って言う内容

  • 筆者の強い思いを感じた。留学=英語力向上に警笛を鳴らす一冊。留学することは私はとてもいいことだと思うけど、あくまで人間力を高めるためのものだと思ってる。

  • 以前、高校留学前に購入し、読了。
    大学留学の事についての書籍だったため、自分の留学に際して、学校や団体選びに直結することはなかった。また、華やかな留学のイメージが留学前に崩されたのは少し残念だったが、良かったと思う面もある。

    大学留学を考えている人には、是非とも読んでもらいたい一冊だ。

  • 留学斡旋会社に騙されない留学の仕方とリベラルアーツカレッジについて
    http://on-the-road.co/?p=578

  • 留学と言っても、アメリカの大学は実にたくさんの数があり、その内容も日本のそれとは異なっている。コミュニティカレッジなどに入っても、その教育の内容は中高生レベルだとか。せめてリベラルアーツカレッジ以上で学ぶべきだそうです。英語さえ出来れば人生の道が開かれるなんて妄想は捨てるべし。母国語の習熟度以上の語学は身につかないのである。201311

  • 恵まれた若者は世界に貢献せよ
    ハーバード大はアメリカ建国の約一世紀前からあった。
    アメリカの大学はほぼシラバス通りオリエンテーションなどなし。

  • 英語コンプレックスかっこわるい。
    いらない留学を買わされるかも。
    コンプレックスが高くつくのは別に英語に限った話ではないね

  • 挑発的なタイトル。この新書シリーズは編集部の意向か刺激的なタイトルが並ぶ。2,000W均一棚に並んでいなかったら恐らく買わなかったと思う。軽い読みものでアッと言う間に読み終わる。アメリカ留学の話が中心で、こんなこと知らないで留学する人が居るとかいうのが正直な感想。留学にはかなりの費用と時間を投資することになるので、その国の最良の部分を学び最大のリターンを期待するというのは理解できなくもない。但、やたら学校やそこで学ぶ学生を格付けしたかと思えばアメリカの光の部分のみをひたすら礼讃するなど余り好きになれない。

  • 留学に興味を持って、著者のHPに辿り着き、
    とりあえず一冊読んでみる。

    自分の求めているのは大学院への留学ですが、
    この本は主には大学への留学を念頭に置いて書かれています。
    さらにTOEFLのテスト形式も変わってしまった今、
    やや情報が古いという印象は拭えません。

    しかし、制度は変われども、
    大事なエッセンスは普遍です。
    ですので、この本はそのエッセンスを得るために読めば、
    とても有意義で身になる本だと思います。

    留学に興味があれば是非。

  • 英語で学ぶ。そこだけやね。

  • 私は英語を個人的に学習しているが、留学経験はない。もし留学していたら、英語も喋れて、仕事にもありつけて言うことなしだな、と思っていたが、この本から『現実そんなに甘くない』ということを教えてもらえた。留学希望の人は必読。ただ、著者のアメリカ礼讃・日本卑下という考えが、極端過ぎるように感じた。

  • 「道具が目的になってる」という主旨の言葉に、強く共感を覚えます。

  • これは面白い。笑ってしまうくらい、面白いです。そのものですよ。海外に居た方、是非お薦めです。

  • [ 内容 ]
    アメリカの「大学」を卒業したのに、就職できない!?
    留学しても英語のできない人が多い理由、“留学”の第一人者がそれを暴く。

    [ 目次 ]
    第1章 これが“留学”!?知らなかったその実態
    第2章 なぜこんな留学がまかり通るのか?
    第3章 思い込みと勘違いが「失敗留学」を招く
    第4章 各国の教育システムさえ理解できない人達
    第5章 危ない留学仕掛人
    第6章 これから求められる留学のあり方
    第7章 世界から見た日本人の留学

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • アメリカ大学ランキング、栄陽子留学研究所所長の本。
    知識も経験もない留学斡旋業者の横行。留学の実態。日本人の多くが行くコミュニティカレッジの位置づけは低所得者向け職業訓練学校。州立大学も一部を除いて同様。入学条件のTOEFLの高さに惑わされてレベルが高いと誤解しないこと。面倒見の良いリベラルアーツカレッジから総合大学への転籍がお奨め。英語学校で生活する英語は身についても大学教育に耐える英語力は身につかない。
    その他

  • 留学を考えている人はぜひ読んでみてください。おすすめです。

  • 漠然と留学考えている人は是非読むべき!

  • 言語はツールとして、自分が何を学び取りたい・伝えたいかが重要なのか。

  • アメリカ留学の状況が赤裸々にわかる。
    有名大学 ex UCLA,ペンシルベニアなどが大学院生が教壇に立ち、有名教授は立たない、という部分に興味を持った。
    留学は慎重に!
    たくさんの留学エージェントが倒産するころに書かれた先駆的な本。

  • むやみに海外に留学する周りの友達の行動に疑問を感じ、この本を取った。ただ単に就職に有利になるから、大学生と言えば留学、という短絡な発想のもとで留学しているが、本当にそれでいいのかと常々考えていた。著者が言うように、日本の学生は何を考え、何をしたいのかを突き詰めて考え抜く力が弱い。自分のやりたいことを考え抜き、その上で留学がその夢を推進する大きなきっかけになるのであれば、留学は大学生のうちにするべきものだと思う。そして、著者が最後に述べるように、留学をきっかけにして、私たち大学生は、日本や世界のために役立つ人間になる、という気概を持たなければいけない。

  • 日本の英語信仰または、英語コンプレックスから、外国の教育観念や、土地、学校事情も知らぬまま、業者に言われるがままに安易に留学をしてしまう「日本の留学」の実態について書かれております。

    留学は、英語を学びながら、その英語を利用して何を成し遂げられるか?が、ポイントであり、日本以外のアジア地域では既にそういった視点で留学しているそうです。日本だけ、のほほんと「語学留学」ということがまかり通っているようで今後の国際社会での日本の位置がどうなるか、ということも考えさせられます。

全43件中 1 - 25件を表示

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)はこんな本です

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)のKindle版

ツイートする