留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)

  • 242人登録
  • 3.34評価
    • (12)
    • (26)
    • (53)
    • (11)
    • (2)
  • 43レビュー
著者 : 栄陽子
  • 扶桑社 (2007年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594053444

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【留学】なかなか刺激的なタイトルだったので読了。本書では留学した人たちの失敗談をもとに本来あるべき留学に対する態度について語っている。結局は無目的に英語をただ学びたいから留学する人たちをばっさり斬っていて、なぜ留学するのかをとことん考えなさいというのが筆者の主張。英語に対する議論の中で必ずといっていいほど出てくる内容のものばかりなので、目新しさはあまり感じられなかったが、留学エージェントの実態についてはあまり知らなかったので参考になった。結局はリサーチ不足な当事者が悪いといわれてしまえばそれまでなのだが、情報の格差によって留学でも悲劇が起きることをしみじみと感じる事ができたのでよかったかなと思う。コミュニティカレッジにはご注意を。

  • 日本人の英語信奉、米国崇拝がズバリ書かれている。歯に絹着せぬ親バカ批判も痛快。米国の教育制度、教育理念に関する日本との違いも参考になった。

  • 留学カウンセラー著。留学についての誤解を紹介している。どちらかというと行く本人よりもその親に必要な本。
    アメリカの大学が4000以上、オーストラリアには10弱、そして、日本には1200の大学があるという。この数字からしても、アメリカや日本の大学はピンきりであり、大学に行けばいいというものではないということがよくわかる。本書の中では、優秀な日本の学生が大学選びをしっかりやらずにアメリカのコミュニティカレッジに入り失敗をしたことや、留学先の日本人グループから抜けられずに英語も身につかずに帰国したことなどが例として紹介されている。しっかりと下調べしてからいきましょう、そして、著者の留学研究所(有料)を利用して、とのメッセージも含まれる。
    海外留学を控える学生とその親におすすめ。

  • 安易に留学する奴はバカに決まってる

    そんな奴は業者に食われてお終いです。って言う内容

  • 筆者の強い思いを感じた。留学=英語力向上に警笛を鳴らす一冊。留学することは私はとてもいいことだと思うけど、あくまで人間力を高めるためのものだと思ってる。

  • 以前、高校留学前に購入し、読了。
    大学留学の事についての書籍だったため、自分の留学に際して、学校や団体選びに直結することはなかった。また、華やかな留学のイメージが留学前に崩されたのは少し残念だったが、良かったと思う面もある。

    大学留学を考えている人には、是非とも読んでもらいたい一冊だ。

  • 377

  • 留学斡旋会社に騙されない留学の仕方とリベラルアーツカレッジについて
    http://on-the-road.co/?p=578

  • 留学と言っても、アメリカの大学は実にたくさんの数があり、その内容も日本のそれとは異なっている。コミュニティカレッジなどに入っても、その教育の内容は中高生レベルだとか。せめてリベラルアーツカレッジ以上で学ぶべきだそうです。英語さえ出来れば人生の道が開かれるなんて妄想は捨てるべし。母国語の習熟度以上の語学は身につかないのである。201311

  • 恵まれた若者は世界に貢献せよ
    ハーバード大はアメリカ建国の約一世紀前からあった。
    アメリカの大学はほぼシラバス通りオリエンテーションなどなし。

全43件中 1 - 10件を表示

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)はこんな本です

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)のKindle版

ツイートする