女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)

  • 29人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 永野良佑
  • 扶桑社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594053468

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

  • 法律では結婚に同居の義務があったことに少し驚く。
    満足度6

  • ファイナンスのイメージが判りやすく書かれた。前半はとくに読みやすく勉強できた。

  • [ 内容 ]
    あなたの幸せのお値段は?
    結婚・家族・子育てを会計学しちゃうと見えてくる衝撃の真実。

    [ 目次 ]
    第1章 あなたは配偶者になにを求めますか?-結婚相手に選択に見る投資理論
    第2章 結婚すると儲かるのか、損するのか?
    第3章 女房/亭主を質に入れるといくらになるのか?
    第4章 会計学で見る家族の“正体”
    第5章 子供は持つべきか、持たざるべきか?
    第6章 人生の機微をおカネちっくに考えてみる

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 読みやすくていいです。
    結婚の価値はいくらか?のタイトルのほうがよい。

  • デフレは資産を所有すると不利、インフレでは有利。お金を払い続ける(リースや分割払い)は借金と同じ。一括払いでかつその支払いに要する資金を借金をしてでも払うつもりであれば、それにはそれだけの価値がある。買いだめするのではなく、特売品をその日の分だけ買って料理するのが節約術としては勝る。いつ着るかわからないものの買いだめは、原則としてやるべきではない
    やりくり上手の家庭では無駄なものはおいていない。購入段階ですぐには消費されないもの、寿命がある資産の価値を徐々に減らしていくことを減価償却という。下取り価格が高いー価値の減り方が遅い。高級車に乗る方が安上がりとなる

全5件中 1 - 5件を表示

女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)はこんな本です

女房を質に入れるといくらになるのか?―投資理論や会計学でみる結婚・家族の“正体” (扶桑社新書)のKindle版

ツイートする