象の背中 (扶桑社文庫)

  • 443人登録
  • 3.62評価
    • (52)
    • (50)
    • (76)
    • (12)
    • (9)
  • 84レビュー
著者 : 秋元康
  • 産経新聞出版 (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594054540

象の背中 (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 肺ガンで、余命半年という宣告を受けた48歳のサラリーマン、藤山幸弘。死を迎えるまでの半年を何に費やすか…。「自分の人生と関わった人に、〝遺書″を残したい。遺書のスタイルは様々あっていい。死ぬことより、忘れられることのほうが怖い」と決意した藤山は、思いを伝えられなかった初恋の人や、若き日にケンカ別れした旧友をはじめ、過去の忘れがたい人々を訪ねてゆく。秋元康が初めて挑んだ新聞連載小説の文庫化。

  • おじいちゃんが亡くなった時を思い出した。
    中学生の私とはるかがどうしても重なって、最後の彼氏を会わせるところは胸が苦しかった。
    わたしもおじいちゃんに見せたかったな。
    この本を読みながら、様々なことが走馬灯のように思い出していた。

    枇杷の果実、花火、海辺、煙草。
    愛の詰まったもので溢れかえっていた。

  • 夫が読んでいた本
    出来過ぎなお話
    兄ちゃんが、全てを伝えることを否定してくれたのが救い

  • 余命半年を宣告された主人公が、延命治療をせず、心残りのある人に会いに行ったりする話。

    好みの話ではない。

  • 電車内で何度泣きそうになったことか。

    特にグッときたのが、主人公幸弘が兄と話す場面。私にも兄がいるので、なんとなく重なってしまった。感情移入した。

    「あなたの余命は半年です」なんて急に言われたら、何をするだろう。考えている内に半年なんてあっという間に過ぎてしまうくらい半年は短い。

    死っていつくるのかわからないものだと思う。今も大事だけど、たまには過去を振り返ってみるのも大切なのでは…と思わせてくれる作品だった。

  • 余命半年と宣告された48歳のサラリーマンの物語。

    人生の残りが半年となったときに、その時間を何に費やすのか。本作品では、延命治療を拒否した主人公が自分の過去の人々を尋ねることで自分の人生を振り返ります。

    初恋の人、喧嘩別れした友達、迷惑をかけた取引先、捨てた恋人、絶縁していた兄弟、などなど。
    死を目前に、悔いなく思いを遂げようとする主人公なのですが、正直、おいおい、それはないだろうっというところがあまりに多い。
    まず、主人公はもてすぎ!
    できすぎた奥さんに加えて、さらに出来すぎの愛人。そして、過去、子供を作っておきながら分かれた女性。さらに、奥さんと付き合う前の女性。初恋の人。すごい女性遍歴で、なおかつ、これらの女性がみんないい人(笑)ありえない。
    さらに、出来すぎた長男に出来すぎの娘。こんな家庭があるわけがない!!
    ある意味、男が死ぬ間際に実現したいすべてのことを文章化した物語といっても過言ではないでしょう。

    そんなわけでバブリーのトレンディドラマの主人公のような物語で、ちょっともりすぎの感じが否めません。

    まぁ、その辺はさておき、テーマとしては○。
    自分自身残された人生をどのように使うのか、どうしたいのか、そして、今をどう生きるべきかを考えさせられる作品でした。

  • 余命の宣告…自分の立場に置き換えても違和感のない年となったが、『自分なら』ということを物凄く考えさせられた一冊。
    家族とのやり取りは涙が止まらなかった。
    登場する人物が出来過ぎのいい人ばかりだし、主人公もモテすぎだし、違和感がないとは言えないが、単純に泣ける。

  • 死に向き合うとは、どういうことなのか。主人公と切ない想いを共有でき人間の死に対する恐怖を肌で感じることができた。主人公は、一家の大黒柱であると同時に男である人間臭さがあり、家庭と不倫とを不器用に手探りで自分なりの愛し方を見つける。
    残されていく愛するひとたちを自分の死語、未来までも愛すとはどういうことなのかと深く考えさせられた。

  • なかグラマー気かさこかかかうこか

  • 自分には、「死」というものはまだ先にあるものだと思っていたが、この作品で「死」とは何か考えさせられた。

    自分も、今ある人生を悔いの無いように精一杯生きようと思った。

  • 読んでいる間中涙が止まらない。主人公は自分勝手な所があって、不倫してることを息子にも妻にも言ってしまうし。先に逝くもののわがまま、残されるものの忍耐。命の限りをどう生きるか考えさせられた。

  • 自分だったら残りの人生をどう過ごすかな、と考えさせられた。

    主人公は不倫相手も妻も愛しているというだらしない印象のサラリーマンで、あまりにもだらしないので読み始めはすごく苛立った。
    でも自分の死と向き合いつつ、弱さも見せていて、とても人間らしさがあったなと思う。共感した方は多かったのではないかな。

  • よかった。
    価値観が変わりました。
    生きているときにできることをきちんとやりたいです。

  • 自分の余命が宣告されたらどうするのかなって考えさせられた。
    主人公はなんかもてすぎだし、自由に生きられてうらやましいと思った
    うるうるポイントはいくつかあった

  • ふざけた話。自分を誰に置き換えるかによって感じ方は違うだろうけど…
    本当の優しさは隠し通す事だと私は思った。悦子さんにとっても奥さんに紹介しない方が優しさだと思う。その方が次に進める。結局は自分の為ばかりの男だけど、人間は弱いから死を前にするともっと弱くなるのかも。

  • 主人公が不倫していて、愛人を息子に会わせたり最終的には妻にまで紹介するなど、不快な気持ちになりました。
    死ぬなら何してもいいのかと。
    確かに綺麗なままの話ならどこにでもあるけれど…

  • 小説としての完成度が高いとは全く思わないけど、人生としては絶対に避けられない場面であり、いったい自分はどのようにこの世を去っていくのかと考えると、その時の家族の思い自分の思いに思いを巡らし泣いてしまう。

  • 男の人の方が共感しやすいのではないかな。
    私には無理でした。読後腹を立てたのは初めてかも。笑

  • 初、秋元康作品。
    主人公の自分勝手さが目立つ格好になってしまったし、その部分は好きになれなかったけど、
    主人公の余命をどう過ごすかという考え方には共感できました。
    私も残された時間を病院で過ごすのではなく、自分の好きなように使いたい。
    家族にもそうして欲しいな。
    それにしても、悦子と美和子はできすぎ!あんなに物わかりが良い女性ばかりではないと思うけど・・・
    主人公は本当にいい家族に恵まれて幸せな最期だったでしょうね。
    終盤は目頭が熱くなりっぱなしでした。

    【肺ガンで、余命半年という宣告を受けた48歳のサラリーマン、藤山幸弘。死を迎えるまでの半年を何に費やすか―。「自分の人生と関わった人に、“遺書”を残したい。遺書のスタイルは様々あっていい。死ぬことより、忘れられることのほうが怖い」と決意した藤山は、思いを伝えられなかった初恋の人や、若き日にケンカ別れした旧友をはじめ、過去の忘れがたい人々を訪ねてゆく】

  • 余命半年と宣告された48歳の主人公。
    自分らしい最期の迎え方を考えるのだが・・・

    本を読みだしてすぐに重松清さんの「その日のまえに」を思い出しました。
    「その日の・・・」は涙・涙だったけど・・・

    巻末の児玉清さんとの対談。感慨深いものがあります。

  • 不覚にも泣いてしまった。

全84件中 1 - 25件を表示

象の背中 (扶桑社文庫)に関連する談話室の質問

象の背中 (扶桑社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

象の背中 (扶桑社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

象の背中 (扶桑社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

象の背中 (扶桑社文庫)の作品紹介

肺ガンで、余命半年という宣告を受けた48歳のサラリーマン、藤山幸弘。死を迎えるまでの半年を何に費やすか-。「自分の人生と関わった人に、"遺書"を残したい。遺書のスタイルは様々あっていい。死ぬことより、忘れられることのほうが怖い」と決意した藤山は、思いを伝えられなかった初恋の人や、若き日にケンカ別れした旧友をはじめ、過去の忘れがたい人々を訪ねてゆく。秋元康が初めて挑んだ新聞連載小説の文庫化。

象の背中 (扶桑社文庫)の単行本

ツイートする