血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)

  • 392人登録
  • 3.87評価
    • (42)
    • (48)
    • (45)
    • (6)
    • (1)
  • 46レビュー
制作 : 黒原 敏行 
  • 扶桑社 (2007年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594054618

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私達は普段、法律や道徳、倫理、良心といった「規範」を、(無意識のうちに)信頼しています。もちろん、自分や相手がそれを常に守り、破ったことがないとは言えないかもしれませんが、それでも最後には自分も相手もそれを守ることになり、それが私達を守ってくれるのだと、信じている面があります。

    しかし、もしそれを信じていない人がいたら? 規範というものに欺瞞性を見出して、それを破ることに何の罪悪感も抱かない人がいたら?
    私達はその人を理解することができませんし、同時にその人も私達を理解しないでしょう。
    そして、私達はその人の前では無力です。なぜなら、規範を持たない人間は何でもすることができるのですから。

    本書では、そういった私達の理解を超えた「不条理」と遭遇してしまった人々の運命が交差する様が描かれています。
    また、本書のテーマは、著者の次作『ザ・ロード』にも受け継がれています。気になったらそちらも読むべきです。

  • たまたま線が交りあったから殺される。
    納得できないが、
    不条理ってそういうものなんだろうな。

  • 保安官の回想で終わるとは予測ができなかった。ベトナム戦争は背景ではあるが、主題ではなく、撃ち合いが主に印象に残るが、あっさりと殺されすぎる。

  • 所謂、ピューリッツァ賞作家が描いた犯罪小説。翻訳者のあとがきにあるように、本作には様々な解釈が可能だろう。まるで全てが幻影であるかのように、輪郭をぼかしたままに物語は進み、前後の流れをぶつ切りにして、屍の山だけが築かれていく。純粋悪を象徴するという正体不明の殺人者の罪と罰に触れることもなく、無為なる殺戮を朧な文体でひたすらに描写するのみ。救済という概念すらない。
    読後に残る虚無感の理由は、娯楽小説に徹することができない作者自身が絡め取られた文学という楔であろう。
    これがノワールかと問われれば、否と言わざるを得ない。そもそも作者にその意図があったようには感じない。さらにいえば、哲学的な含みも浅い。あからさまな不条理は、なにものをも指し示すことはない。コインの裏表で命運を決める殺し屋は凡庸であり、人生を語る保安官の独白に心に沁む訓戒がある訳でもない。つまりは、格好付けたスタイルだけの小説という結論になる。最大の欠点は、血塗られた大国の有り様を嘆きつつも、遂に純粋悪と対峙することの無かった保安官の極めて薄い存在感である。

    どんな文学でもいえることだが、作者はあれこれと説明を加える必要はない。理解できない部分は、如何様にも読者が脳内で補完するからだ。この作品に対する高評価は、それを表している。

  • 映画とは所々異なっていたが、共通していたのは面白いということ。

    訳者があとがきで触れていたが、会話と描写に全く区別がないため多少の読みにくさは感じさせられるが、話の面白さで読まされてしまった。

    他の作品が気になります。

  •  アメリカの犯罪小説。偶然、銃撃戦のあった現場から大金を見つけた主人公が殺人者に追われ、事件に巻き込まれていく。読点を極力省き、鉤括弧を使わない文体。
     独特の文体ではあるが、人物の行動に焦点をあてる描写と相まって、違和感はない。いかにもアメリカらしい乾いた狂気といった感じ。おそらく、これが湿っぽい描写だったら、雰囲気に合わず、単に読みにくいだけだっただろう。鉤括弧のないセリフに関しても、各セリフが短いことでそんなに混乱しないし、サラッとしているが印象深い。映画になっているようだが、確かに向いている気がする。
     話の展開としては、主人公モスが死ぬシーンの描写がうまいと感じた。保安官の話に移ったと思ったら、何の前触れもなしにモスが死んでいる。あたかも、今までに死んだ他の人間と大差がないように。非常にやるせない気分になる。だが、これが殺されるということなのだろう。
     最後の夢のシーンはとても印象深かった。生き延びる運命、死ぬ運命。それは誰が決めるのか。殺人者シュガーはその運命の執行人なのか。保安官ベルは最後、運命に引き寄せられたと感じたようだが、どうなのだろう。個人的には、それは本人が決める問題だと思う。ベルがそう思うのなら、やはりそれは運命なのだ。

  • コーエン兄弟による映画化作品が思いの外意味不明だったので、原作である本書を読んで再確認しようと思い購入。会話に引用符をつけず句読点も最小限に抑えた独特の文体はなかなかとっつきにくく苦労した。しかし、ベトナム戦争の後遺症に悩まされるモスや、本書には理不尽な死が頻発するが唯一それをを受け入れたカーラ、「世界の闇」であり死をもたらす悪魔のようなシュガー、そしてもっとも魅力的な主人公であるベル。など、登場人物がいずれも非常に魅力的かつ個性的なので、その点は楽しく読むことができた。

  • 本作がもとになった映画「ノーカントリー」がその年の俺的洋画ベスト1だったので、
    原作は前から気になっておりました。

    念願かなってやっと読めたわけですが、読んでびっくり。
    世界観とか文体とか、独特だけど面白いし、映画も原作に忠実で
    ほんと、この手の作品では珍しいくらい win-win の関係なんじゃ
    ないでしょうか?

    本作は、ジャンルはミステリーにカテゴライズされてるけど、
    なんというか、犯罪小説的というか、にしては文学的というか、
    そういうジャンルに括れないところが一つの魅力なんじゃないかな
    と思います。

    だから、とっつきにくい人にとっては本当に何が面白いんだか
    全く分かんない作品だと思う。ハマる人はハマる。興味ない人には
    全くひっかからない。でも、その感じがとても好きなんだよなぁ。

    なんか日本の最近の日本の小説って誰が読んでもそこそこ面白く
    できてるような作品しか話題に出てこないような気がします。

    だから、こういう風に、ちょっと読者を突き放すような作品に
    出会えるととても嬉しい。孤高というか、なんと言うか。

    色んな人が感想に述べていますが、本作の魅力は悪役「Chigurh」
    の圧倒的な存在感でしょう。作中で飛び出す彼の存在感と、
    彼の口から語られるその哲学が本作の面白さに一役買っていること
    に、読者は異論は無いはず。

    映画でも、ハビエル・バルデムが最高の演技をしておりました。

    「ノーカントリー」が好きな人は本作もぜひ読んで欲しい。
    本作を読んだ人は「ノーカントリー」をぜひ観て欲しい。

    久しぶりに心に残る小説を読みました。

  • これをミステリーと思って読むのか?それにちょっとビックリ。
    特にラストあたりの世界観はマッカーシー節たっぷりだもん。

全46件中 1 - 10件を表示

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)に関連する談話室の質問

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)の作品紹介

ヴェトナム帰還兵のモスは、メキシコ国境近くで、撃たれた車両と男たちを発見する。麻薬密売人の銃撃戦があったのだ。車には莫大な現金が残されていた。モスは覚悟を迫られる。金を持ち出せば、すべてが変わるだろう…モスを追って、危険な殺人者が動きだす。彼のあとには無残な死体が転がる。この非情な殺戮を追う老保安官ベル。突然の血と暴力に染まるフロンティアに、ベルは、そしてモスは、何を見るのか-"国境三部作"以来の沈黙を破り、新ピューリッツァー賞作家が放つ、鮮烈な犯罪小説。

ツイートする