パンとお菓子の本

  • 86人登録
  • 3.83評価
    • (9)
    • (8)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 徳永久美子
  • 扶桑社 (2007年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594054960

パンとお菓子の本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りてきて数日後に震災で、内容が殆ど記憶に残っていないです…。

    もう一度、図書館に予約しようかな。
    借りれた時も、数ヶ月待ちだった気がするんだけど…^^;;

    買うかどうかは、もう一度借りてから決めよう。

  • グラノーラって自分で作れるものだったのか!

  • どれを作っても美味しい。

  • 徳永久美子さんの【パンを楽しむ生活】は、私にパン作りを身近にしてくれました。
    そんな久美子さんの新しい本です。
    途中途中に添えられたエッセイを読み、
    うんうんとう頷けるのは、最初の出逢いから今日まで、少しずつだけど、お菓子作りやパン作りを楽しんでこれたからこそ。

    またまたオーブンが、活躍しそうです。

  • ベーシックな焼き菓子が淡々と丁寧に説明されてます。

  • 596.6
    To-41

    2007/11/08

全9件中 1 - 9件を表示

パンとお菓子の本はこんな本です

ツイートする