サンシャイン&ヴァンパイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)

  • 40人登録
  • 3.72評価
    • (4)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Robin McKinley  藤井 喜美枝 
  • 扶桑社 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594055264

サンシャイン&ヴァンパイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • 原題は『Sunshine』。Robin McKinleyによる2003年発表作品。

  • 主人公のサンシャインが、パン屋という設定で、とてもしっかりした女性として描かれているので、ファンタジーなんだけど何となく現実感があると感じられました。
    ヴァンパイアものと言えば、「ヴァンパイアがどれほど危険で美しくて云々」という説明にかなりのスペースをさき、おまけに物語全体がダークで妖艶な雰囲気に覆われた、要はちょっとくどいものになりがちなイメージがありましたが、この話はさっぱりした主人公の性格を反映してか、さくさく読めます。ただ、話の筋と関係が無い挿話には、ちょっと体力を持っていかれました(笑)
    ヴァンパイア、コンのキャラクターが良かった!続編がでたら、是非読みたいです。

  • 時々お邪魔するYAやファンタジーの書評のブログで、その方の‘ベストバンパイアもの’3位になっていたので読んでみました。(他は未翻訳)人間VSヴァンパイアの戦争が行われた後10年後の世界、そこには他にもデーモンや獣人などがあふれている。義父のコーヒーハウスで働く‘サンシャイン’はある夜、一人でドライブして湖のほとりまで出かけ、そこでヴァンパイアたちに拉致されてしまう。おなじように鎖で繋がれたヴァンパイアと向き合ったとき、彼女の中に封印された血が解き放たれる…。最初は主人公の一人称の語りにいらいらさせられましたが、彼女の盟友となるコンスタンティンの登場から面白くなってきました。(微妙に二人の関係はロマンス未満ですが)Ilona Andrewsの“Majic Bites”の世界よりちょっとソフトに感じられるのでついていけます。なにせ主人公の頭の中はいかに美味しいシナモンロールを焼くかで一杯だし。こんな彼女が‘コニー’といかに悪いヴァンパイアと闘うのか、下巻が楽しみです。

  •  「女の子が強い!」
     …という前評判に惹かれて読んだら、ほんとに強い(笑)
     地に足の着いた女の子大好きです。
     

  • 2008年3月14日読了。

    最初、どうしようかと思うくらい進まなくて、途中でやめようかと思ったんです・・・実は。でも、残り1/3くらいになって、なんとか世界観がわかってきたら、面白くなってきました。
    世界観はいいんだけど、表現力のせいなのか、私の理解力のせいなのか、なかなか理解できなかったんですが・・・。

    下巻でサンシャインとコンの関係がどうなっていくか、ヴァンパイアとの戦いの決着は?など、期待してます。

全7件中 1 - 7件を表示

サンシャイン&ヴァンパイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サンシャイン&ヴァンパイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サンシャイン&ヴァンパイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする