歌 文芸ロマン漫画傑作選

  • 31人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松田奈緒子
  • 扶桑社 (2008年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594055493

歌 文芸ロマン漫画傑作選の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少女漫画の男の子、「一見野蛮だが、実は繊細で優しい」は明治の文学とも相性が良いことがわかりました。
    杉浦日向子meets岡崎京子な雰囲気。

  • いやー私、この時代の感じ、すんごく好き!!
    明治の終わり、大正、昭和の始め。
    カフェーの女給がいて、文士という言葉が生きていて、いまよりももっと詩を書くことや文章を書くことにあがくことが崇高なものであった時代。
    女の人が、いまよりも女であることを生かしつつ「職業婦人」となって新しい時代を作ろうとしていた。
    文章や絵ををかく人たちのまわりには、必ず恋愛があって、ひっついたり離れたり。いまもきっと芸術家たちの間ではそうなのだろうけど、この時代って、それがもっと庶民と境がない感じがするんだよなあ。
    まああくまでイメージだけども。
    こういうのを読むと、このへんの時代の作家たちの作品をイッキ読みしたくなる。あと画家。そして誰と誰が仲良かった、とか、書簡集とかまで見たくなっちゃうんだなあ。
    これは、他人への尽きない興味、だな。

全3件中 1 - 3件を表示

松田奈緒子の作品

歌 文芸ロマン漫画傑作選の作品紹介

百年後のキミ、我が友よ-俺の歌が聞こえるかい?中原中也、芥川龍之介…大正・昭和の文学と時代を描いた、瑞々しく、切なく、純粋な文芸ロマン漫画。

歌 文芸ロマン漫画傑作選はこんな本です

ツイートする