赤めだか

  • 1621人登録
  • 4.15評価
    • (317)
    • (286)
    • (176)
    • (8)
    • (2)
  • 326レビュー
著者 : 立川談春
  • 扶桑社 (2008年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594056155

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

赤めだかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [談の噺]落語家になると決めて親元から離れた談春(オレ)は、伝説の噺家である立川談志の弟子となる。矛盾に耐えろという師からの言葉を実践するかのような毎日が続くなかで、何度も先の不安に打ちのめされそうになるオレであったが、憧れや負けん気、そして嫉妬や師匠への愛が入り混じった感情が彼を落語の世界に引き止め、ついに師匠の面前で二ツ目の昇進試験を行う日がやってくる......。著者は、今は亡き立川談志の愛弟子であった立川談春。


    本からむんむんと情のにおいが漂ってきました。その情の一つひとつに笑わされ、ほろっとさせられ、考えさせられる。著者が落語家だからというつもりはまったくないのですが、なにか上質でくつろぎのある口上を聞いているかのごとき気持ちになりました。どこか人の弱さを代わりにぐっと呑み込んでくれるかのような文章の運びにも、なんとも言えない優しさとあたたかみを感じることができました。


    落語の世界の中でのそのまた立川談志の世界という中で繰り広げられる人間関係は濃密そのもの。それ故に師から弟子への言葉の中には、師のみが語ることを許されるであろう至玉が散りばめられています。それに応える弟子の側の粋もなかなか読み応えがあり、涙を眼にためながら「師匠よりオレの方が上手い!!」とのっぴきならない様子で言い切った弟子のエピソードには本当に泣かされました。

    〜落語家は伝統を語っていかなければいけません。当人の段階に応じた伝統を、落語を語ってゆく。そしてウケる根田を作ってゆく、それをこれからやってゆくのです。そして、最後には己の人生と己の語る作品がどこでフィットするか、この問題にぶつかってくると思います。〜

    立川談志って本当に桁違いの男だったんだなぁ☆5つ

  • 身長制限で閉ざされた競艇選手への道。
    立川談志の落語に出会い、弟子入り。
    家を出て、高校を辞めて、住み込みで新聞配達をしながらの前座時代。
    二ツ目昇進と真打ち昇進の試験。
    落語家を志してからスタートラインに立つ(真打ち昇進)までがとても正直に、時に滑稽に語られている。

    語りに引き込まれて、一緒に笑ったり泣いたりしているうちに談志師匠も兄弟子、弟弟子もみんな好きになってしまう。
    全編通して感じるのは談志師匠に対する絶対的な想い。
    小さん師匠の仰るとおり、「談春は談志に惚れ切っております」。
    ただただ、この人に認められたい。そんな一途さに感動した。

    自分のことを考えると、尊敬する先輩に認められたいという思いはある。
    お役に立ちたいとも思う。
    談春さん程のモチベーションではないとしても、その気持ちを大切にしようと思った。

  • 先日、テレビのチャンネルを変えている最中に、立川談志の「芝浜」をやっていて、思わず見入ってしまいました。
    私の中で毒舌のイメージばかりだった談志さんの落語を、ご本人の死後に初めて観て、その気迫に打ちのめされました。

    そして本書を読んで、さらに談志さんはすごい人だったのだと感じました。
    弟子であり、本書の著者である立川談春さんは、「談志は揺らぐ人だ」と書いています。
    人間誰しも、弱い部分や不安定な部分を抱えている。
    落語は「それが人間なんだよ」と肯定してくれる。
    そして談志さん自身も、身をもって「それが人間だよ」と示しているように感じました。

    ですが、芸人として一本筋が通っていることもひしひし伝わります。
    特に談志さんが談春さんに「お前に嫉妬とは何かを教えてやる」と言ったくだりは、こちらまで姿勢を正されました。

  • 立川談春の落語家人生の話。主に入門から二つ目になるまで。最近落語に興味が出てきており、興味深く読む。落語家の大変さ。読み終わった後、談志氏、談春氏の落語をYoutubeで見てみた。

    談志師匠のやはり変わっている生態や弟子たちのおもしろ話で、通勤中なのに吹いてしまう。楽しく読めた。立川流は落語業界では異端児である事や、あの時代お笑いに勢いやある種の品格さえ合ったなあと思わせる時代背景も面白い。

    映画も見てみたい

  • 歯を食いしばって頑張った経験はあるだろうか。
    10代で入門して、ちょっと思い込んだら、いやなんか間違っていても、師匠と呼べる人に出会って、そして、後輩に伝えていくことがある。
    真似はできないけど、ちょっとうらやましい人生です。

  • 落語が好きなので、なんとなく手に取ってよんだら、読みやすくて面白かった。
    談春と談志の関係ややりとりなど、とても心温まる内容だった。
    落語といえば、小さんさんが好きだ。談志と小さんの最後のやりとりは知らなかったので、ホロリと来た。師匠と弟子の関係ってすごいな。と思った。

  • 談志さんの何を知ってる訳ではないが、ボンヤリとしたイメージで偏屈なやたらと威張っている人って思っていたのですが。なんとも理論的で考えの深い、頭の速い人なんだなぁと。言い回しとか、言葉の組み方選び方が粋だなぁと。ちょっと立川談志ってカッコイイじゃないのーと、うまいこと騙されかかってる。

  • 立川談春が、前座時代の生活を綴った破天荒なエッセイ。「本当は競艇選手になりたかった」、意表をつく出だしから、とにかく、めっぽう文章がうまい。名人の呼び声高い談春ではあるが、文章家としても名人級です。
    新聞配達少年と修業のカタチ、談志の初稽古、師弟の想い、築地魚河岸修業、生涯一度の寿限無と五万円の大勝負など、一気に読んでしまいました。それにしても、私はまだ生で談春の落語を聞いたことがない、悔しいです。

  • 再読した。談志《イエモト》も落語立川流を興したばかりで、入門した談春は16才だった。書名「赤めだか」の元となるエピソードをつくった談秋は辞めていく。一緒に修業した関西(後の文都)は家元より早く鬼籍に入った。談々か、朝寝坊のらくは廃業し、そして亡くなった。そして家元も。30年ほどの年月の流れを意識しながら、読んだ。

  • 出てくる「修業時代とは矛盾に耐えること」という部分は宮藤官九郎脚本『ごめんね青春!』での「腑に落ちないくらい我慢しなさい!青春なんだから!」に通じている気がした。
    修行≒青春時代が過ぎた後は矛盾だらけで腑に落ちない世界で一人前として大人として生きていかねばならない。落語とは人間の業の肯定だと談志師匠は言われたそうだ。がんばったらなんとかなるわけでもない、かと言って一生懸命やることを誰かが否定することもできない。
    落語が人間の業の肯定だとすると小説って人間の業について知ろうとして潜っていくものなのかもしれない。『赤めだか』を読みなよとオススメしてくださった窪さんの『さよなら、ニルヴァーナ』最終回を読んだ後だったから自分の中でリンクしているのもあるが、オススメしてもらった理由はわかる気がした。
    立川流が本格派≒本書く派って言われるのは談志師匠一門の落語家さんが本を書いて出しているのは師匠譲りだとしても、噺を50席覚えないと二つ目になれないとか徹底的に落語を覚えて基礎をみっちりやる、噺のリズムを獲得するという前座修行で文体のリズムを体で覚えてるから書けちゃうんじゃないかな。
    師弟関係ってほんとうに不思議だなって思って。師匠に惚れて弟子になっていろんなものを引き継いだり教えてもらったりしながら師匠のコピーからやがて自分のオリジナリティーでアレンジしてまさしく守破離。魂を引き継ぐっていうか。

全326件中 1 - 10件を表示

赤めだかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤めだかの作品紹介

サラリーマンより楽だと思った。とんでもない、誤算だった。落語家前座生活を綴った破天荒な名随筆。

ツイートする