女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)

  • 21人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 柿沼 瑛子 
  • 扶桑社 (2008年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (603ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594056254

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)の感想・レビュー・書評

  • 変身の能力を持つ青年ラーキンとヴァンパイアハンターのブレアとのロマンスを軸に、ヴァンパイアの女王リリスとの決戦に向けて、異世界のガイアル国に赴くことになるお話
    前半は、リリスの隠れ家をラーキンが探る展開、後半はガイアル国でリリスの先周りをし、国の軍を鍛えるお話です。

    キアンとモアラがさらに気になってしまい、今回の主人公達も霞む…

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2696.html

  • 血とかエグイの駄目な人にはお勧めできません。
    私も決してそういうのが好きなほうではありませんが、
    ファンタジー好き、ラブロマンス好きには読み応え十分でした。
    両親に愛されずに育ったブレアの気持ちがよく描かれていました。
    三部作の二作目で、3作目のカップルがどうなるのか・・・
    早く次が読みたいと思ってしまいました

  • 光の輪トリロジー1を読んでないけど、だいたい流れは解ります。

  • 2008年6月26日読了。
    1冊目よりは、まだ面白い。
    巻ごとに主人公が違って、お話が進んでいくという書き方はおもしろいかな。
    この巻の主人公二人(女ヴァンパイア・ハンターと変身能力のあるケルトの戦士)は、それなりに深みのある設定になってました。
    それでもやっぱり、ちょっと違うなぁ〜って。

全4件中 1 - 4件を表示

女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)に関連する談話室の質問

ノーラ・ロバーツの作品一覧

ノーラ・ロバーツの作品ランキング・新刊情報

女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)を本棚に「積読」で登録しているひと

女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)はこんな本です

ツイートする