なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのか

  • 54人登録
  • 3.13評価
    • (3)
    • (4)
    • (18)
    • (4)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 今枝仁
  • 扶桑社 (2008年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594056353

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
篠田 節子
湊 かなえ
ロバート キヨサ...
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
村上 春樹
篠田 節子
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのかの感想・レビュー・書評

  • 関係した弁護士によるモノローグである。
    なので取材によって客観性をもたせたものではなく、文体にも「かもしれない」「と思う」という言葉が頻出する。

    もちろん弁護団の一人として関わった人物なので、中にいたからこそ書ける内容もあるのだが、はやり「弁護士」としてどう在るべきかという考察に徹し、事件そのものをどう捉えるべきかという問いかけの答えとしては物足りない。

    使われている言葉も、裁判関係の引用以外でも小難しい言葉が多く、対象としている読者の設定がどこにあるのか不明。法曹人というのは日常的にこういった文言でやりとりしているのだろう。

    今枝仁という人物がどういう人間なのかという説明が全体の1/3を占めており、プロフィール本か?という感想に至ってしまったので残念だが、
    この事件に興味をもって、少しでも立体的な理解をしてみたいと思うなら読んでみるべき一冊である“かもしれない”。

    事件に関しての全体像を知りたいのなら、
    事件発生から、死刑確定後の大月孝行とのやりとりまで一気に読める
    「なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 」門田隆将著
    のほうがオススメ。

  •  犯人の元少年に死刑判決が確定した光市母子殺害事件。差戻控訴審の判決を前に,弁護団の一員が書いた本。と言っても,著者は弁護人を執筆時点で解任されている。
     弁護団内部のごたごたや,著者自身の半生なども混じっている。著者は大検をとって遅れて大学入学し,検事に任官するが半年でやめるて,弁護士をノキ弁でスタートするなど,だいぶ紆余曲折を経て弁護士になったようだ。法廷や記者会見で号泣するなど,なんだか感情的になりすぎの感じが危うい。
     本書もかなり熱意がこもっているようだが,上滑りな感じも否めない。弁護団の中で浮いてしまい解任されるに至るのもむべなるかなという気がする。もっとも他のメンバーも熱血漢が多いようだけど(当然か)。
     第七章で,著者の見立てる事件の真相を描いている。曰く,強姦の計画はなかった。排水管検査で各戸を回っていたのは,人との会話を求めつつの単なる時間つぶしで,あわよくば人妻との和姦,という軽い妄想くらいはあったかもしれないが,強姦の意図も,ましてや殺人なんて全く想定していなかった。ただ,成り行きで気が付いたら妻子を殺めていたということだ。
     ちょっとこのストーリーは社会的には受け入れられないだろうなと思った(事実受け入れられなかったわけだが)。あれよあれよという間に重大な結果を招いてしまうことはなきにしもあらずだけれど,このケースではちょっと。
     しかし長い時間が経った。犯人の元少年も,自分が犯したこととはいえ,もはや遠いかなたの夢のような出来事になってしまっているだろう。月並みには,真相は犯人のみが知っていると言うけれど,そのようなはっきりした真相など,すでにどこにも存在しないに違いない。

  • 光市事件の死刑確定判決がでたこともあって、久しぶりのレビューです。
    この本は非常に内容が重たくもあるのですがいい本です。
    この本は光市母子殺害事件弁護団を解雇された泣き虫弁護士”今枝仁”さんの本です。前半は、今枝仁さんの伝記のようなことが書かれており、中盤から後半にかけて光市事件のことについて書かれています。光母子殺害事件は当たり前ですが、被害者である本村洋さんに焦点を当てた報道が目につきます。2006年に最高裁から差戻審が出てからそれまでの無期懲役の流れから死刑へと流れが変わりました。そのころからメディアは大きく取り扱っていたわけですがメディアの報道はどこも内容が薄いものです。
    この本には光市母子殺害事件のひとつの事実が鮮明に書かれていて内容も非常に濃いです。裁判員制度によって誰もが死刑判決を下す可能性がある中で、死刑について深く考える上でも良い本だと思います。
    内容は非常に重たいですが、非常に考えさせる良い本でした。時間があるときに一気に読むのをお勧めします。

  • 光市母子殺害事件の被告人の21人の弁護団の途中解雇された一人の弁護士の著書。
    残虐で猟奇的な殺人事件で断片化されワイドショー化された報道に感情的に偏向しない姿勢が大切だとわからせてくれる。
    元少年と深く係わり、身元引受人にもなった著者の「思い」が伝わる一冊。

    彼は本書の中で紹介されているTV番組に死刑判決が出たあとに出演。その思いを語っている。

    「人間として1点、実際、予測はできていたとはいえ、死刑判決を受けて、一人の自分が愛情を注いだ人間が殺されていくっていくっていうことの意味がどういうことなのかっていうのが、想像はしていたんだけども想像を超えてました。だから、本村さんの気持ちは遥かにその想像の彼方にあったということがひとつの感想です。本村さんの心境は想像したつもりで、想像できていない遥かに深く重いものだったんだということを、本当にわずかな期間接しただけです。だけどもこんなにつらかった。それが愛する妻とわが娘だったらどれだけつらいか。判決を受けて僕が思ったのは、一番欠けてたのは想像力だった。」

    死刑の宣告により、今まで見えなかった何かが見えるようになる。
    それは被告人、被害者遺族、弁護士それぞれの思いが片方向の感情でなくそれぞれの感情として見え、その責任が自分の背中に乗った瞬間なのかもしれない。

  • 事件の詳細が知りたくて購入致しました。


    目的からは、ずれた内容でしたが、非常に考えさせられる内容でした。
    思っていた様な事件の詳細は無かったのですが、今枝弁護士の思いが少しは理解出来たと思いました。


    本の中で、彼の人生を語っていますが、苦労の人生だと思いますし、逆にそれを乗り越えて弁護士と言う職業に就いている彼は素晴らし才能の持ち主だと正直思いました。
    しかし今回の事件の被告人を助けると言う言葉自体、私には理解出来ません。


    確かに弁護士と言う仕事と立場を考えれば仕方の無い行為でしょう。
    しかし、今枝弁護士が書いた通り、今回の事件の被害者が今枝弁護士自身の家族だったら、許す事は絶対に出来ないでしょう。
    被告人のその時の精神状態等、裁判には必要で難しい事がたくさんあるのでしょう。
    感情論で言えば、即刻死刑以外あり得ない事件です。
    本を読んで、今枝弁護士に批判的な思いがあるのは、本当に本村さんの事を考えているようには感じませんでした。
    本の内容は、自分の背負ってきた物を、ただ勝手に告白して楽になりたい・・・そんな今枝弁護士が見えました。


    またそんな自分だからこそ、被告人と関係が出来たと言っているようでなりません。
    思った以上に考えさせらた本であることは間違いありません。

  • 著者によれば、「悪魔」と呼ばれた少年は
    <強姦目的で個別訪問したわけではなく、暇つぶしのいたずらだった。たまたま優しい人に当たったので、母親に甘えるように抱きついた。
    抱きつかれた女性は激しく抵抗したが、抵抗された少年はパニックになり、黙らせようと首を絞めた。女性が死んでしまったので、生き返らそうとして屍姦した。一緒にいた赤ん坊が泣きやまず、夢中で首にひもを巻いた。結果赤ん坊も死んでしまった。
    赤ん坊を頭から床に投げ落とした事実はない。
    自分のやったことがばれたら父親に殺される(少年は日ごろから父親に虐待されていた)と思い、死体を押し入れに隠して逃げた。>
    のだそうです。

    こうして論旨をまとめながら、「少年」という呼称に違和感を覚えます。出来ごころの万引きじゃないんです。傷害致死でも過失致死でもない、殺人なんです。
    人の生きる権利を根こそぎ奪ったら、自分が死ぬまでその罪を背負って行くのは当たり前の償いじゃないでしょうか。

    刑事裁判を担当する弁護士の大変さはよくわかりました。大阪府知事である弁護士のスタンドプレイが、他の弁護士の活動をいかに不当に害したかもわかりました。
    でも、少年法の精神が分かりません。殺人者でも名前を発表してはいけない、しかし死刑を禁じないという少年法は、プライバシーを守って命を守らないおかしな法だと思います。

  • まぁ両側から物事を見ることが大切だとは思った。

  • 「母胎回帰のストーリー」「復活の儀式」等等、荒唐無稽な主張を繰り返した光市事件の弁護団の1人が書いた本。

    物事は多面的にみるべきという考えの下で購入したものの、半分以上は著者の自伝だったりして、結局のところマスコミで言われる荒唐無稽な記述に対する言葉は少ない。

    自伝部を飛ばし、光市事件の弁護者側の観点のみを読んだが、弁護士と思えないぐらい非論理的感情論が目立つ。売却済。

  • ひとりの弁護士の文字通り命がけの弁護、仕事を超えた運命的なつながり。すでに死刑判決は出たものの、真実が明らかになってほしいと思う。被害者の夫の犯人への「君は」と語りかける意見陳述に打たれる。いろんな人の人生に、運命的な使命を与えた事件だと思った。

  • 今枝先生のお話だと思って読めばいいです。しかし この本は 奥さんに暴力ふるう おとさん てんこもり。 

  • 光市母子殺人事件の弁護団を解任された弁護士の書いた本。最初は暴露本だろうと構えたけど血の通った言葉で語られていて面白かった。報道という権威を持った情報のみから事件を知ることの怖さを知った。人を殺すのも人だけど、弁護する人も人。不運だという言葉は被害者だけのものではなかった。父でもある夫・木村さんのインタビュー映像が生々しいが、事件で傷ついた心はどうしても回復しないものだろうなあと考えさせられた。

  • こんな密度の濃い本は最近なかなかありませんでした。感動しました。少し経ったら、もう1度読み直そうと思います。1500円以上の価値は優にあると思います。同業だからかもしれませんが・・

    刑事弁護に対する考え方は、弁護士だけでなく、裁判官、検察官も司法修習生の時代に教育されるのですが、そのときに教わった刑事弁護の理念を崇高に実践されている方だと思いました。同業者として、刑事弁護に携わる人間として、大変勉強になりました。今枝弁護士は私と修習が2期しか違わないんですが・・・遙か彼方の存在のように思えました。

    光市事件の弁護団、少なくとも今枝弁護士がどのようにこの事件を考え、認識して弁護活動に当たっていたのかよくわかりました。なぜ、元少年が供述を変えたように見えるのか、生育歴がどのように作用しているのかまで、私は正直、この本を読むまで、よくわかっていませんでした。

    この本を読んでから、先の広島高裁の差し戻し審の判決文をみると、弁護団の先生が、判決を批判していたことも、全く理解できない訳ではない、弁護団は差し戻し審であながち「荒唐無稽」なことを言っていたわけではないということです。

    双方の主張をよりよく理解するためには、最近の報道だけではだめですね。そのことも改めてよくわかりました(単に勉強不足だけだったと言われればそこまでですが)。
    刑事弁護人の役割が世の中の人に理解されていないことは間違いないでしょう。

    ただ、私は心情的には被害者である本村さんの思い・無念さに共感してしまうのですが・・。

    被害者側から見たこの事件と、弁護側から見たこの事件を、この本を読んで体感してみては如何でしょうか。

  • かなり詳細に弁護側の主張が描かれています。
    21人の弁護団の中でどのような役割分担があり、意見の対立があったのか描かれている唯一の本。
    様々なしがらみの中でよくここまで書けたと思う。
    事件に関する他の本も読んだ上でこの本を読み、何が「真実」かを自分に問いかけてください。

全15件中 1 - 15件を表示

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのかを本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのかはこんな本です

ツイートする