イノセント・ラヴ

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 扶桑社 (2008年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594058425

イノセント・ラヴの感想・レビュー・書評

  • ラストが好きです。

  • ドラマにもなった物語です。
    この本の内容は今を生きる孤独、喪失と再生の物語です。
    幼いころに両親を殺害されてしまい、たったひとりの肉親である兄まで
    殺人容疑で逮捕されるという、過酷な運命を背負わされた少女なのです。
    さまざまな困難に見舞われつつも、めげずに立ち向かい、
    ただ純粋に人を愛する気持ちだけを支えに生きていく姿を、
    せつなく、リアルに描いたラヴストーリーになっています。

  • 内容紹介
    堀北真希、北川悠仁主演。「ラスト・フレンズ」を手がけた制作チームと脚本家が贈る、フジテレビ「月9」ドラマ「イノセント・ラヴ」の完全ノベライズ。

    内容(「BOOK」データベースより)
    今を生きる孤独、喪失と再生の物語。幼いころに両親を殺害され、たったひとりの肉親である兄まで殺人容疑で逮捕されるという、過酷な運命を背負わされた佳音(かのん)。さまざまな困難に見舞われつつも、ただ純粋に人を愛する気持ちだけを支えに生きていく姿を、せつなく、リアルに描いたラヴストーリーをここに。

全3件中 1 - 3件を表示

イノセント・ラヴの作品紹介

今を生きる孤独、喪失と再生の物語。幼いころに両親を殺害され、たったひとりの肉親である兄まで殺人容疑で逮捕されるという、過酷な運命を背負わされた佳音(かのん)。さまざまな困難に見舞われつつも、ただ純粋に人を愛する気持ちだけを支えに生きていく姿を、せつなく、リアルに描いたラヴストーリーをここに。

イノセント・ラヴはこんな本です

ツイートする