金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)

  • 39人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 藤本健二
  • 扶桑社 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594058463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
蓮池 薫
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北朝鮮のことを少し知ることができた。
    北朝鮮にマイナスイメージしか抱いていないのなら、本書を読んで金正日を別の側面から見てみるのもいいのでは。ちょっとイメージが変わるかも。
    本書は、日本人の料理人が、北朝鮮に勧誘されて渡朝。この料理人からみた金正日が描かれている。贅沢三昧なのはいうまでもない。

  • とりあえず金正日が美食家であること、著者が気に入られていたのがわかりました。

  • 金正日の料理人(寿司職人)として仕えた日々の中、

    金正日がどんなものを好んで食べたとか、著者に対する言動などが

    書かれています。

    立場上、おおっぴらに書けない部分があるのかもしれないが

    本文は、少し幼稚な感じがした。

全3件中 1 - 3件を表示

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)の作品紹介

こうして私は1987年8月の暑い日に、家族に見送られ成田を飛び立った。家族は、私が再び北朝鮮に、しかも3年間も行くということで、さすがに不安を隠せない様子だったが、私自身は違っていた。私の中には、何の不安もなかった。それどころか、北朝鮮に行けば、金正日はすぐまた私を呼び出すに違いない、そう確信さえしていた。しかし私は、その後自分の運命が180度変わることになろうとは、夢にも思っていなかったのである。日本人でありながら、金正日の専属料理人、そして友人として北朝鮮中枢で13年間を過ごした男の独占手記、待望の文庫化。

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)はこんな本です

金正日の料理人―間近で見た独裁者の素顔 (扶桑社文庫)のKindle版

ツイートする