東京散歩

  • 83人登録
  • 3.58評価
    • (5)
    • (11)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 雅姫
  • 扶桑社 (2009年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594058593

東京散歩の感想・レビュー・書評

  • 雅姫さんのセンスは大好き!鎌倉に行きたくなった〜。

  • お寺からアンティークのお店、ケーキ屋さんまで。様々な素敵なお店が載っている。この本片手にらったったと東京を訪れたくなる。

  • 知らないお店がたくさん。雅姫さんのお店にも行ってみたいなあ。

  • ほんとにコレを見てから東京散歩しました♪観光スポットとは違う東京を散策出来てよかったです。次回の本も気になります。

  • 言ってみたいお店が3つありました。

  • 地方に住んでいるので、見ているだけで旅行に行きたくなります。
    写真も綺麗で豊富でたっぷり。色々なお店や場所が載っていて、見ていてとても楽しい。

  • 雅姫さんの好きな東京の街、お気に入りのお店の紹介にはじまり、ちょっと足を伸ばして鎌倉や朝顔市まで。既存のほっこり系ガイドとかぶる内容ではありますが、雅姫さんテイストは随所に感じられるので楽しめる内容になっています。

  •  「森ガール」 パッと頭に浮かんだ。最近話題が集まっている「森にいそうな女の子」のことだ。自然素材のシンプルなゆるい服を着ているような女の子を、ライフ・スタイルも含めてそう呼んでいるみたいだ。たとえば、ブレンディCMでの原田知世や、アフラックの宮崎あおい。あんな感じ? 私はそう受け取っているけど大丈夫かな。本書の著者・雅姫(Masaki)さんは、モデルでデザイナーだそう。私の目にはそんな森ガールの大人版に映った。本書はサイズが257×162と大きめ。だから、写真もはえる。きれいで、見ているだけでいろんな想像が巡る。案内してくれるところは、やはりほのぼのとゆったりした雰囲気に満ちている。ゆるさ、懐かしさ、ときめき感、ナチュラル感がいっぱいに漂っていて、とっても愉しい。スワンボートが浮かぶ大きな池のある公園。北欧生まれのモダンな器が並んだ雑貨屋さん。マクロビオティックのカフェ。天然酵母、国産小麦を使ったパン屋さん。パリに本店のある、日本直営店の生活雑貨屋さん。フランスものの古着屋さん。ママの作ったタルト屋さん。若者の街横にある神社の骨董市。まっ黄色に染まった銀杏並木。現代作家の陶磁器。大福。どらやき。串団子。フランスから来た紅茶専門店。マリー・アントワネットの部屋で供されるマカロン。卵3個使った清楚なオムレツ。真っ白なテーブルクロスの洋菓子舗。紫陽花の紫のグラデーションが鮮やかなお寺。ぶ厚いホットケーキ。こういう本は、ほんとにいいなぁ〜。頭の中はいつの間にか自由気ままな散歩を始めている。それでもあえて残念なところを挙げると、紹介されている店の半分くらいは他でも頻繁に紹介されている店だったこと。本書の構成や選んだエリアも、どなたかの散歩本にかなり似ている。でも、仕方ないかもしれない。似たようなライフ・スタイル志向の女性が選べば、何でもあるという東京であっても、気付けば同じ店っていうことはあるのだろう。だから、逆に見れば、多くの本で紹介されているエリアや店は要チェックということになるのかもしれないなぁ。若者たちの住みたい街が東京に集中しすぎないように、著名な方々やディベロッパーは「東京郊外もこんなにお洒落で愉しいよ」っていう、一過性でないライフ・スタイルをさりげなく紹介、提案する本も作れないものかなぁと思ったりもした。

  • お洒落なお店がたくさん。雅姫さん素敵です。

全11件中 1 - 11件を表示

東京散歩に関連する談話室の質問

東京散歩を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京散歩を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京散歩のムック

ツイートする