始まりはただの魔法 (扶桑社ロマンス)

  • 13人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 越本 和花 
  • 扶桑社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (620ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594060374

始まりはただの魔法 (扶桑社ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 「魔法」シリーズ1。
    ドロゴとニニアン。

    面白かった!でも、ヒロインがちょっと可哀想で。
    ヒーローが全然話聞いてなくて、イライラ(笑)
    主役二人より周りが個性的で面白かったw

    次作「みだれる想いはきっと魔法」
    ヒーローの弟ダンスタンが主役。
    読みたいなぁ~

  • 魔法とかは、ちと苦手なのかも、、

  • 〈魔法シリーズ 1〉魔女と呼ばれる治療師マルコム一族のヒロイン。伯爵でアイヴス一族のヒーロー。
    ほとんどが特殊能力を持つ女しか産まれないマルコム一族と 男しか産まれない悪名高きアイヴス一族には ある確執があり互いをさけているのだが 魅力たっぷりヒーローと接近すると脳みそがカラカラと音がしだすヒロイン。
    アイヴスの下半身問題が多すぎてヒーローの苦労が耐えない様子には苦笑しかでんわ。登場人物が多過ぎるわりに話の展開は面白みが少ない。ヒーローがあまりにヒロインの話を聞かずに無視するからイライラした。

全3件中 1 - 3件を表示

始まりはただの魔法 (扶桑社ロマンス)はこんな本です

ツイートする