頂きはどこにある?

  • 875人登録
  • 3.61評価
    • (59)
    • (129)
    • (108)
    • (29)
    • (7)
  • 127レビュー
制作 : 門田 美鈴 
  • 扶桑社 (2009年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594060527

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
レオ・バボータ
スペンサー ジョ...
村上 春樹
マルコム・グラッ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

頂きはどこにある?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 谷間に住む不幸な若者。彼は、まだ見ぬ世界をもとめて必死で山の頂きへと登り、そこで不思議な老人に出会う。老人が教えてくれたのは、「山と谷の対処法」―仕事と人生における良い時期と悪い時期を思いどおりに操るスキルだった!世界的超ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』のスペンサー・ジョンソンが贈る、新たな人生の指針。

  • 子どもに大きくなってから読んで欲しい本です!

  • 前作に比べ、少しインパクトは下がるも、前作よりも考えさせられる作品。

    人生の幸福とは、成功とは何か。
    そして、貴方はそれをどうやって手に入れるか。

    そのヒントが書かれている。
    が、最後はやはり自分で見つけるしかないのだ。

  • 定期的に読みたい。
    その度に発見や振り返りができそう。

  • 物語調で順境と逆境を山と谷に例え、考え方を教えてくれる本。
    とても読みやすく面白かった。

  • 自分に行き詰まった感があったので手にとりました。
    心に良くも悪くも客感的に物事を見るゆとりをもち、考え、
    ひとりよがりにならないこと、が教訓でしょうか?
    和訳なのでニュアンスのとり方が???なところもありましたが、
    何回も読み直したい本です。

  • 「人生、山あり谷あり」を寓話にした本です。
    この著者の本は、やはり薄くて読みやすいですね。

    物事には原因があり、
    それは山でも谷でも変わらないこと。だから、
    その原因を追究して真実を見ることが大切であるということを伝えています。

    谷にいる時には、より悪く悲観したりしないこと。
    恐怖心に打ち勝ち、挑戦する姿勢を持ちましょう。
    その結果、山に向かっていくことが出来ますよということだと思います。

  • 「チーズはどこに消えた」の著者の人生論。人生には山と谷があるのはしかたがないけれど、大切なのは、谷にいるときに現実を見つめ、エゴを忘れて、現状に陥ることになったやりかたと別のことをやること。山にいるときは謙虚な気持ちを忘れないこと。更なる次の山に登るには、具体的なビジョンを持つこと。
    どれもこれもシンプルな教訓だけれど、それを本書はシンプルで読みやすいストーリーで示してくれる。この手の本は、本当に悩んだときに紐解くと、ストンと落ちるんだろうな。

  • 面白かったし分かりやすい◎
    どんな環境でも
    「気づく」ことの
    大切さを教えてくれる。
    何度も読み返したくなる本

  • 順境を山、逆境を谷と表現し、どう考えれば、前向きに捉え、成長していくかという話。その時の状況を生み出している真実、状況を良くするためにやるべき真実を探す旅を人生せあるという理解で良いと思う。チーズ…と比較しても現実感があり、わかり易い。

全127件中 1 - 10件を表示

頂きはどこにある?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

頂きはどこにある?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

頂きはどこにある?を本棚に「積読」で登録しているひと

頂きはどこにある?の作品紹介

谷間に住む不幸な若者。彼は、まだ見ぬ世界をもとめて必死で山の頂きへと登り、そこで不思議な老人に出会う。老人が教えてくれたのは、「山と谷の対処法」-仕事と人生における良い時期と悪い時期を思いどおりに操るスキルだった!世界的超ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』のスペンサー・ジョンソンが贈る、新たな人生の指針。

ツイートする