お葬式の雑学 (扶桑社新書)

  • 39人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 市川愛
  • 扶桑社 (2009年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594060848

お葬式の雑学 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

  • 文字通り、葬式に関する知らないことを色々教えてくれるように書いてあり、知識欲を十分に満足させてくれた。

    仏教、神道は元より迷信がらみで地方によって葬式の形態が違う。
    一番びっくりしたのが火葬が葬式の前か後か、地方によって違う。

    焼却場で火葬する場合今問題になってるのがペースメーカーらしい。
    爆発の危険性があるからだ。

    一読されることをお勧めする。

  • [ 内容 ]
    現代日本に残る風変わりなしきたりを大公開。

    [ 目次 ]
    第1章 お葬式の基礎雑学編
    第2章 通夜~葬儀・告別式編
    第3章 出棺編
    第4章 火葬編
    第5章 墓、納骨編
    第6章 新しいお葬式スタイル編

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 知人の親の葬式にいって、ふとこのような内容を知っておきたいとおもったので買ってみた。<br />ふ〜んって感じ。

  • ところ変われば葬式も変わる。
    葬式に参列して、毎回そのやり方の違いにびっくりしてしまいます!!

    この本では、一般的な葬式の流れや価格のほか、地方の驚くべき葬式の慣習を取り上げています。
    一番興味深かったのは、参列者の男性は全員、白い三角布をつけて参列する地域があること。
    もし自分が参列することになったら、その異様な男性群を見て、笑いが止められなさそうです(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

お葬式の雑学 (扶桑社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お葬式の雑学 (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お葬式の雑学 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お葬式の雑学 (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする