アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)

  • 257人登録
  • 3.81評価
    • (21)
    • (30)
    • (29)
    • (4)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 堤未果
  • 扶桑社 (2010年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594061647

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
村上 春樹
大前 研一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「おわりに」のところで彼女は書いている
    「歴史を振り返れば<言論の自由>は、それが最も必要とされるときに押さえ込まれてきたことが見える。
     とはいえ、それを可能するにのは政府ではない。
     <言論の自由>を押さえ込むために作り出された日常のなかの様々な仕掛け、それらにあおられ人々との間に拡大していく<恐怖>。その<恐怖>にわたしたちの無知と無関心が力を与えてしまい、いつの間にか<言論の自由>が押さえ込まれ、社会全体が閉じられていくのだ。
     9.11後のアメリカで私が目にした「人は理解できないものに<恐怖>をいだく」という法則は、時代や国によってさまざまなバリエーションで使われる。
     たとえテレビやラジオ、新聞や裁判所など、様々な民主主義の<形>が残っていたとしても、学校や職場、政党内で自由な論議がなされているかどうか、しっかりチェックする必要がある。
     それを感じ取るアンテナの精度は、与えられた情報の利用と質に比例する。(略)<恐怖>に打ち勝つ一番の方法は、何が起きているのか正確に知ることだ」

    昔「笑顔のファシズム」という本がアメリカで出版され、訳本が日本に出回っていたが、いつの間にか私の本棚から消えていた。

    アメリカとて黙って見過ごしていたということではない。そのことはこの本の一番最後に詳しく書かれている。けれども、その前に「何が起きているのか正確に知ること」が必要なのだ。日本のわれわれも同様だ。

    この本で幾つかの「事実」を知ると、「あのアメリカでさえこうなのだから、日本はあっという間に監視社会になって、言論の自由は奪われるかもしれない」という気持ちと、「いや、そういう反面教師が既に存在したのだから、きっと日本の良心は大丈夫だ」という気持ちが二つある。

  • 一気に読まない方が良い本。はじめに、から、おわりにまで30見出しが挙げられているが、できれば二つ三つ読んだところで休憩をした方がいい。内容が強烈なので、鵜呑みにする危険があるからだ。けれど世界中が徐々にこの方向へ動いて行っているような感じは分かる。すでに監視カメラには多くの人が慣れっこだろう。

    「良かれと思った物が牙をむく」 その点を忘れずにいたい。

  • 自由と民主主義を標榜する米国だが、戦時となると手段を選ばない。

    9.11以降テロとの戦争中である同国は人権を侵害し、同国憲法違反の疑いの強い愛国法その他の戦時法を制定・適用してきた実情を批判的に記した本書だが、草の根の反政権運動を最後に描くことでバランスを取ろうとしている。

    大統領就任前は戦時法を強く批判していたオバマ大統領が、政権取得後は擁護、強化する側に転向したのは、政権側でしか触れることのできない何らかの情報があるためか。

  • 「アメリカ告発もの」シリーズでお馴染みの著者による、「アメリカ監視社会」の報告。アメリカに住んでいても実感がない問題を掘り起こす感性にはいつも感心するけど、ややマンネリかな。今度はその感性を日本の社会に使って欲しいんだけど、ご主人が参議院議員(川田龍平氏)だと難しいのか。

  • Febeのオーディオブック版を購入。情報監視先端国家の真実。

  • 読みやすくてイッキに読んだ。

    アメリカは傍受と検閲と密告の国だ。

    自由は見せかけに過ぎない。

  • フォトリーディング&高速リーディング。
    911以降の米国の全体主義化を克明に記録した感じの本。著者も911当時、ニューヨークで働いていたその時の雰囲気を記している。
    特に「テロとの戦い」や「愛国者法」がどのように進行していったかが書いてある。いつの間にか自由を奪われるようなことは既に日本でも始まっていると言及されているが、それがどのような形かは触れていない。

    「ショックドクトリン」のナオミ・クラインの指摘にも言及し、米政府のやり口を分析していて面白かった。
    例えば1835年のアメリカ・メキシコ戦争でのアラモ砦の話。1941年のパールハーバー。1964年のトンキン湾事件。1991年のイラク兵の横暴を訴えた15歳少女の証言など。全てやらせとのこと。

    オバマの拷問禁止宣言も米国人による・・・、というところがミソで、海外に拷問のアウトソーシングはしているとのこと。

    面白かったが、日本のことにも触れたのなら、多少は例示をして欲しかった。星四つ。

  • 本の冒頭に記されているアムネスティインターナショナルの職員の言葉、「敵は恐怖そのものではなく、恐怖に気をとられているうちに言論の自由が消えてしまうこと」について一貫して触れつづけている。
    テロから国民を守るという名目のもとに、情報の発信・受信が奪われる事が現実に行われているアメリカの実情を描いている。
    日本は大丈夫だろうか。

  • アメリカ…恐ろしい国…。アメリカ国民の「アメリカは民主的な国だ!」という思いこみを利用して、国家がどんどん法律を改悪し、国民をがんじがらめにして追い込んでいる、そんな風に見えました。ポヤ~っとしていると、民主主義の名の下に、民主的でないものがどんどんとはびこってしまうという恐ろしさ。本当に日本も他人事ではないと思います。

全40件中 1 - 10件を表示

アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)の作品紹介

飛行機に乗れない!突然逮捕される!言いたいことが言えない…これが「自由の国」で頻繁に起きている!『ルポ・貧困大国アメリカ』の著者が明かすアメリカ社会驚愕の実態。

ツイートする