誰にも聞こえない (下) (扶桑社ロマンス)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 伊勢 由比子 
  • 扶桑社 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594062026

誰にも聞こえない (下) (扶桑社ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    発掘された九体の無残な遺体。そのポーズや凶器に中世の影響が見られることから、ソフィは歴史の専門家としてヴィートたち警察に力を貸すことに。被害者の身元が判明し捜査が進捗するにつれて、次第に明らかになる事件の真相。共同作業のなか、拭いがたい過去の苦い思い出を乗り越えて愛を確かめあう二人。しかしそのとき、殺人鬼の恐るべき魔手はソフィへと迫っていた…。真犯人の意外な正体、そして二人の愛のゆくえとは?新世代の旗手が描きだすロマンスとサスペンスの華麗なる融合。

    理由が全部つながって見えると、そんなこと?と思う部分もあって、でもそんなものですかね、殺戮者の心理って。
    オペラが絡んでるんであれば、もっとオペラがらみのシーンがほしかった気もする。
    でも中世の歴史は楽しく勉強できた気になりました。

    Die for me by Karen Rose

全1件中 1 - 1件を表示

誰にも聞こえない (下) (扶桑社ロマンス)はこんな本です

ツイートする