無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)

  • 159人登録
  • 3.49評価
    • (10)
    • (14)
    • (20)
    • (5)
    • (2)
  • 29レビュー
  • 扶桑社 (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594062590

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
穂村 弘
貴志 祐介
ヴィクトール・E...
J.L. ボルヘ...
村上 春樹
フェルディナント...
平山 夢明
京極 夏彦
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 対談だからといってあんまり口調が砕けていると読みにくい、ということを学んだ。

  • 今回読んだ中のなるほどなあ文↓

    『~期間限定の仕事しかやっていないと、日常の想像力の射程距離が短くなる。』

    『~その手段はやっぱり、被害者意識と正義感だと思うんだよね。善行を施しているという意識によって、どんどん追い込まれていく。あり得ないぐらいびっくりな結果というのは、必ず善が起こす。』

    『理屈の盲目が真実を見誤らせる』
    『人間が正常かどうかを判断する条件のひとつは、別の回答を想像する能力があるかどうかということ。』

  • 「殺育」と「奴育」、本当やった方がいいと思う。
    そういう気持ちや倫理的なことって、常識的に身につけている人とそうでない人がいるものだし。

  • 殺育

  • 平山氏のおじさんぷりがつらい。ネット右翼を見ているのと似た気持ちになるので。

  • 結構内容が切られているところがある気がする。
    文句言いつつもそこに居続ける方が楽なのは
    楽だからなー。逃げてばっかり。

  • evernote:///view/42273/s1/fce8238f-72bc-4fc7-9a3a-d7b1c0a13be6/fce8238f-72bc-4fc7-9a3a-d7b1c0a13be6/

  • 精神科医と小説家が人間の狂気について語った対談集第二弾。

    エログロ注意な発言も多々あるのだけど、現代の心の病を持つ人に触れている春日氏と広いフィールドで様々な人間に触れている平山氏の発言の切れ味は想像以上。
    無力感に反応せずさりげなく無視する人が多いとか、ひどいなりに低値安定してしまう性分があるとか、犯罪者でなくてもズバリすぎる指摘に自分の深層心理の都合の良さにグサグサ気付かされた。まっとうに生きてるつもりの自分だけどこの耳の痛さはかえって貴重!
    ひきこもりが身近にいる者には本人側・身内側双方の洞察にも、やはりうちのめされながらも頷かざるをえなかった。

    過激だが多くの気付きがある一冊。前作も読みたいけど図書館にないのが残念…。

  • マイナーな新書を探すのは大変だった。平山夢明と春日武彦の対談集第二弾。前作とちょっと編集方針がちがうようだ。グダグダといえばそうだがもともとどうでもいいことしか喋ってない。ただ前回よりネタの濃度が下がっているようだ。酒場の会話をまとめたような感があり、二人のえげつなさが目立つ。というか上品なまどろっこしい話を聞くよりこっちのほうが好きだが。社会良識とやらにちょっと違和感を抱く人は読んでいただきたい。

  • まあ、ビックリするくらい身も蓋もないことが延々と語られていて、少し前の自分なら「人権侵害だっ!」て、激怒してたかも。でも、結局、この狂ってる人を語る側と語られる側が紙一重なことと、狂者への嫌悪を直視しない限り、援助はただのお為ごかしや自己満足(救世主コンプレックスといってもいい)のはけ口にしかならなくて、それこそが人権侵害なわけだな。ふむ。

全29件中 1 - 10件を表示

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)に関連する談話室の質問

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)を本棚に登録しているひと

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする