おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)

  • 74人登録
  • 3.46評価
    • (2)
    • (10)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 野口透
  • 扶桑社 (2010年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063245

おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

  • 2010年刊。サムスン、現代自動車。韓国内で躍進を続けるグローバル企業に焦点を当て、その躍進の原動力を探る。◆オーナー企業体に由来する極端な選択と集中、朝令暮改どころか朝令朝改を地で行くスピーディな意思決定、ウォン安・官による宣伝のための大統領行脚、従業員どころか管理職・役員まで及ぶ激烈な競争の実情が語られる。◇加え、格差拡大の暗部→いずれ民衆暴動に至りそうな雰囲気、法治国家とは到底言えない特赦の実態(与党関係者や大企業経営者の選挙違反や横領・背任の特赦はいくらなんでも癒着に他ならない)にも筆が及ぶ。
    実のところ、本書のような成功例だけでなく、サムスンらの失敗に関する例を挙げないと適切ではないと思っているが…。けだし、失敗を最小限に、あるいは影響がない撤退方法も意義深いだろうし、一方、韓国という切り口なら、成功しなかった企業や国内向け産業(例えば金融機関)を併せ検討しないと、その実が解読できないからだ。

  • 韓国企業の躍進の理由が分かりやすく説明されているだけでなく、躍進に伴う負の側面や韓国経済全般の実態についても学ぶ事ができます。

  • ほめたてるだけでもなく、悪いところをあげつらうだけでもない。
    バランスよく冷静に書かれているところが良い。

    長いスパンでリアルタイムに時事問題を広く拾ってきている人には
    周知のことが多いかもしれないけれど、少なくとも私はそういう面で
    至らないところが多々あるので興味深く読めた。

    韓国が好きな人にも嫌いな人にも、興味のない人にもお勧め。

  • サムスンやLG、現代自動車など、韓国企業の勢いをまとめた内容。サムスンをはじめとする韓国企業をわかりやすく短時間で読める一冊である。
    この勢いに対して、私たちの企業がどのように立ち向かえばいいか、今後誰しもが直面する問題じゃないだろうか。

  • 圧巻の面白さ!文章の歯切れもよく、めちゃくちゃわかりやすい!
    最近、海外に行くと日本製品より韓国製品を多く見かけるようになった。屋外看板や広告も、日本より韓国メーカーが掲げられている。日本ではさすがにそんな光景は見ないが、海外に行くと圧倒される。日本やばいと本気で思う。その理由がすべてわかった。
    キーワードを5つに絞るなら、①全方位 ②スピード ③オーナー ④官民一体 ⑤成果主義
    日本の企業が(メーカーに限らず)これから成長したいなら、この5つがキーになる気がした。

  • 近年の世界市場における韓国企業の躍進が良く分かる本。簡単に言うと国を挙げてのコンプライアンスを犠牲にした財閥企業支援体制。
    過去と現状は良く分かるんだけど、韓国企業の今後に関する結論が極めて安っぽいのが残念。★3-

  • 韓国企業(サムスン、LG、ヒュンダイ)の強さの秘訣として、①オーナーによるスピード経営、②役員含む社員の猛烈さ、③政府の大企業への多大な援助、が挙げられています。

    ①はオーナーの鶴の一声で大規模増資、役員人事といった会社の根幹に関わる意思決定が行われるため、日本の会社にはできないスピード経営ができるとのこと。
    ただそれが成り立つのは創業者に直接経営について叩きこまれた2代目までであり、3代目以降の一流大卒、ビジネスの経験無しという人間がトップについてオーナー経営が出来るかどうか不明という。
    世襲が上手くいくかどうかが韓国企業の試金石になる。

    ②については何度か聞いたことあるので省略。

    ③についてはいくら不正な資金をオーナー、役員が受け取っていて法の裁きを受けたとしても数年で免除され、再度経営の場に戻ってくる例が挙げられている。ほかの国ではなかなか考えられない。
    あと大企業ばかりが大きく優遇されており中小企業はかなり苦しく、日本以上に格差が激しい。この格差に対して今後政府がどう対処していくかが見所になる。

    ①②については何となく雑誌などで聞いていたが、③についてはあまり聞いたことがなかったので少々新鮮でした。
    2008年頃?にかなりウォン安になっていて、何かと政治批判が起きていた気がするが、これもサムスン、LGなどの売上を伸ばす為だそうです。大企業優遇を国策として考えている一面が垣間見えるように思えました。

  • ・韓国の原発受注。2017年稼働予定の原子炉4基で総額400億ドル。韓国の提示は破格で、フランス連合より4割安いと言われている。政府の命令で韓国電力公社には80人24時間体制のチームが組まれた。しかし、建設に不安を抱く韓国は受注後、東芝ウェスティングハウス連合に技術協力を求めた。
    ・フィラコリア会長のユン・ユンスは四時に起きて一番に出社した。・韓国企業の強さ:トップのリーダーシップ、スピード経営、グローバル主義、能力主義と若返り、徹底したベンチマーク
    ・アナログ時代からデジタル時代への移行をチャンスととらえた。
    ・サムスングループ時価総額は、韓国上場企業の時価総額の合計の20~30%。
    ・韓国の2008年の貿易依存度は92%。

    2011年5月6日 読了6

  • 構成も文体も読みやすい。
    今まで聞きかじっていた内容がキレイにまとまっていて助かった。
    (サムスン関連の話題については、どこかで聞いた内容ばかり、とも言える。)

    韓国企業(サムスン)の強さのポイントは以下の3点。

    ・絶対的な権力を持つオーナーによるスピード経営
    ・熾烈な社内競争 (エリートのみ、役員の超高待遇 etc.)
    ・官民一体とも言える大企業保護政策 (「ウォン安政策」)

    日本企業には真似できないことばかり。
    ポーターが言うところのコストリーダーシップ戦略ですね。
    日本企業は差別化戦略が向いてるってことになるのかな。
    エコ(省エネ)とか、つながる、とか。

  •  ざっくり韓国経済界の状況、特異性など理解ができるわかりやすい本。
    国力を上げるため、国をあげて大企業を応援し引っ張り上げているという印象。なんだかんだで、最後まで読むといろんな危機もはらんでいるというのはわかるが、おそるべしであることにかわりはない。

  • これほど韓国企業が強烈なんて知らなかった。
    でも、かつての日本もこんな感じだったのではないだろうか?

    今の日本企業に韓国企業のやり方を求めてもダメだろう。
    日本人の良さ、日本企業の良さをしっかり残した、欧米でも韓国でもない
    独特な企業風土を強みとした、生き残りの場所を見つけるべきだろう。

    小さいなら小さいなりの生き残り方法が必ずあるはずである。

  • 韓国企業がどれぐらい勢いがあるのか実感できる一冊。
    でも肝心の「何で強いか」という点が精神論だったのが少し物足りなかったかな。

  • 昨今躍進を遂げている韓国財閥系企業の実情を示し、日本企業へ警鐘を鳴らす本。

    私自身、電機業界に身を置き、サムソンの破竹の進撃や、急成長の一面を見てきた。 2000年前半の時点で日本企業は負ける、という気配を既に感じていた。 サムソンの海外戦略は、昨今ビジネス番組や書籍により紹介されているが、それらを支える優秀な人材を次々と輩出しているサムソンに勝つのは、今や日本でも至難の業であろう。 サムソンの厳しい社内競争は折にふれて雑誌に取り上げられたりするが、課長昇進の為にTOEIC 900点以上必要だったり、日本語がしゃべれるなど、今の日本ではありえない位厳しい。
    また、韓国人の猛烈な働き振りが、継続的な成長を支えている。 これは、今の時代を創り上げた昔の日本のビジネスマンには当然のごとく有ったものだが、今のビジネスマンが忘れてしまったものである。

    韓国企業の判断が早く、思い切った施策を打てるのは、大手の韓国企業(財閥系企業)がオーナー企業であることが大きい。
    オーナーの鶴の一声が一番強く、従業員はオーナーが指し示した方向に全力をあげて邁進する。 オーナー企業の場合、オーナーが優秀であれば良いが、経営センスがないオーナーが就任した場合は目も当てられないという逆のリスクも考えられるのだが、サムソンを含め他のオーナーは非常に優秀らしい。

    また、国を上げて韓国企業の増強に努めている点も見逃せない。 戦後の復興時期には官民が一体化して国の経済発展に腐心した日本政府だったが、昨今自国企業に対して何ら優遇措置を取っていない。 日本の国家戦略としての弱さも浮き彫りになっている。

    韓国は1997年のアジア通貨危機でデフォルト寸前まで追い込まれ、IMFの介入により復興した歴史を持つ。 日本も昨今800兆円もの借金が浮き彫りになっており以前の韓国のような様相を呈している。 日本が韓国のような返り咲きができるかどうか、心配でならない。

  • 日本がサムスンに勝てない理由がわかった。オーナーの独裁経営、官民一体、大企業超優遇政策、ワイロと特赦。これでは、利益比較では、勝てない。最近のサムスンの製品は独創的なものが多く、素晴らしいリーダーもたくさんいるのだろう。

    二極化する韓国経済がどうなるかが、これからの見ものかな?

  • 韓国企業の強さの理由を分析。
    いわゆるオーナー企業による強さの、メリットとデメリットを公平に書いてた。

    トップダウンの意思決定の速さと、国のやり過ぎなまでのバックアップはうすら寒いものを感じた。
    過去の企業の買収の例なども引き合いに出して、オーナー企業の裏表を深くまで書いてたのは興味深かった。

    できれば、そういった負の体質も併せ持ってる韓国企業への、著者の考える処方箋をもう少し深く書いて欲しかった。

  • ●「ギャラクシー」で話題のサムスン、2010年の純利益は1兆円!
    ●世界を席巻する韓国企業の“強さ”は本物なのか?
    ●オーナー経営、ウォン安、FTA、特赦……etc. 
     “官民一体”のイケイケぶりをわかりやすく解説

    ・サムスンの営業利益は、ソニーほか日本企業8社合計の2倍!
    ・中国ではシェア2位に。急成長中の現代自動車
    ・オバマ大統領も出席したLGの米工場起工式
    ・原発商戦で、李明博大統領のトップセールス
    ・コリアンドリームの体現「FILA」「フォーエバー21」
    ・「韓流2・0」はグローバル市場を狙う
    ・TOEIC900点は必須! サムスン入社試験
    ・李大統領からのプレゼント「ウォン安政策」
    ・オーナーの脱税、傷害事件も「特赦」でチャラ! ……etc.

全17件中 1 - 17件を表示

おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする