日本通 お国自慢・13の視点

  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063320

日本通 お国自慢・13の視点の感想・レビュー・書評

  • 自国のことを知りたいという思いと、千玄室さんが著者のひとりだったので読みました。
    タイトル通り、たくさんの視点から見た日本のメインの部分を見れるような本。

    最初の方はメモができていないので途中から。

    漫画は戯画から始まって1000年の歴史/日本最古の石器=磨製石斧=世界最古の磨製石器/法隆寺=世界最古の木造建築物/日本人の需要レベルの高さ→高い品質/日本は天皇や美術、建築、文学など、多くの文化に連続性がある/気韻生動→作者と鑑賞者の間にコミュニケーションを生む/日本から外国への過剰な憧れ→いいところだけを見てきたから/日本では宗教の違いやシステムの変化による争いがほかの国よりずいぶん少ない→同質的/「自治」への精神が根強い/自慢に不寛容な日本人/キリスト教文化圏では笑いの価値が低かった

  • 都合の悪い歴史を教えないロシア 歴史観、国家観を喪失した日本人 和敬清寂 日本的な個人のあり方「和して同せず」 松本零士「未来創造」 自然を感じ取る感覚

  • 第一章の「体内に眠っていた日本が目覚めた時」には中学一年の終戦後の歴史教育の激変の違和感に始まり(なんと鞭を持った天皇が農民を働かせる挿絵のついた文章になったりしたらしい)、海外特派員となって日本に目覚めていくまで、政治評論家:屋山太郎の話は戦中戦後を体験しており貴重な話だ。

    歴史観・国家観の重要性がよくわかる。人が自分の過去を消せないように、国も過去は消せないのに、なぜ日本では全否定になってしまったのか?完全な人間がいないように完全な国もない。自信を持って、しっかりした歴史観をもとう!と思った。その為にはまだ勉強が必要だけども。

    他の章もそれぞれの視点・分野で書かれており、面白い。

  • もう少しジャンルをふやして厚手だとよい

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする