珍獣の医学

  • 172人登録
  • 4.25評価
    • (25)
    • (29)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 田向健一
  • 扶桑社 (2010年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063375

珍獣の医学の感想・レビュー・書評

  • エキゾチックアニマルを積極的に治療する獣医師による診療記。
    体長2cmのカエルの開腹手術とか金網から離れないアリクイとか、ちょっと奇抜な例を集めすぎじゃない?と思うくらい奇想天外な患者たち。
    野生動物を飼育することの是非やステロイドの功罪など、短く素朴な記述の中に考えさせられるトピックが多くある。
    不覚にも涙してしまったのは、長年連れ添った伴侶動物を看病しその死を受け止めようとする飼い主の姿。
    一方で、かければ確実に治癒に向かうお金や手間をかけることを渋る飼い主や、安易に安楽死を依頼する輩もいる。
    実の子にも勝る無二の愛情の対象とも飽きたら捨てることのできる所有物ともなり、また屠殺されることを前提に生まれてくる家畜ともなる動物たち。この本には、この矛盾についてのひとつの見解も提示されている。

  • 動物好きの私にはとても楽しく読めた。
    専門的すぎずおもしろく一般の人向けに書いてある。

    勉強になった。ペットを飼う資格私にはなさそうだ~

  • エキゾチックペットも診る獣医師の日々の奮闘がわかる本。症例や治療について、もちろん医学書ではないが、素人に読ませるには充分なほど細かく描写されている。また、患蓄や飼い主との間で獣医師が抱えるジレンマや、職業としてみた場合の獣医師の収入などについても、割と言葉を選ばずに書かれている。獣医師の友達ができたら、酒を酌み交わしながらこんな話を聞かせてくれるんだろうな、という気分になれる一冊である。

  • エキゾチックアニマルと言われるものを飼う予定はない、むしろ爬虫類は苦手だ。
    著者への興味で読んでみた。

  • 日本の動物病院のほとんどは、犬と猫を中心に診療していて、それ以外の動物(珍獣)を診てくれる病院はそう多くありません。
    獣医師の田向さんは、哺乳類から爬虫類まで、他の動物病院で断られるような動物も診察する珍獣ドクターです。レンコンを食べ過ぎた犬や甲羅が割れたカメなど実際の症例から、ペット医療の知られざる現場を伝えます。

  • 貧血のトカゲに輸血、体長2㎝のアマガエルを開腹手術、ヘビの大腸ガン摘出など、ペットとして飼育される動物は、犬や猫だけでなく、ウサギ、モルモットをはじめ、カメレオンやカメ、カエル、プレーリードッグ、サル、珍しいものではアリクイなど、さまざまな種類に及ぶ。そして、最新のペット医療では、血液検査はもちろん、CTやMRIなど人間に行うのとほとんど同じ検査や治療を動物も受けることができる。しかし、いわゆる「動物病院」は、その大多数が犬と猫を中心に診療しており、野生動物やエキゾチックペットと呼ばれるこのような変わったペットが病気になったとき、診療してくれる動物病院は少ない。
     田園調布動物病院の院長、田向健一先生は、自らが変わった動物が好きだということもあり、哺乳類から爬虫類、無脊椎動物まで、ほとんどすべてのペットの診察を行っている。「具合が悪いアリクイ」や「元気がないタランチュラ」など、初めて診察する動物が来たときに、いったいどのように診断し、治療を行うのだろうか。悪性腫瘍ができてしまったハツカネズミから、ビー玉を飲み込んだカエル、ハリネズミの爪切りなど、「珍獣」診療の、驚愕かつユーモアたっぷりな最新現場を除くことができ、命を飼うということを考えさせられた。
     この本は、主にエキゾチックアニマルや野生動物を飼うことの是非について書かれている。そもそも人は、どうして、生き物を飼うのだろう?私も以前、もとは野生動物であった、エキゾチックアニマルに分類されるシマリスを飼っていた。ペットショップで一目ぼれだった。だが、ハムスターとかウサギとかは飼っている友達はいたが、シマリスを飼っていた友達はいない。何を食べるのか、ちゃんと最後まで育てられるのか、そもそも自分に育てられるのか、飼いはじめた後に不安になった。そんなとき、手をさしのべてくれたのが獣医さんであった。動物をちゃんと、一つの命として見るということ、特殊な動物を飼う場合にはリスクがあるということを親身になって教えてくれた。その時の経験と、この本を読んでみて、改めて、当たり前だけれど、動物は物ではないし、自分が思っていることを動物が思っているわけでもない。かわいがって、愛情を注ぐというのはすごく重要で、愛情に勝るものはないが、生き物としてちゃんと見ることが、動物を飼うことの最低限の心構えだと思った。
     野生動物を飼うことに、考え方は2つあって、人間は地球の中でどういう位置づけなのかという話になる。生態系のピラミッドの中の一つと考えるか、人間は超越した存在で、自然の生態系になんか属してないと考えるか。野生動物を大切にしよう!保護しよう!と皆は言うが、保護するにもしないにも、これはあくまで人間サイドの思いに過ぎず、もし動物たちに感情があるのなら、「今さらなにを…」という気持ちに違いない。
     この本の中で田向先生は、「ペットを飼うのは人間の業にほかならない」と言っている。そう、言葉はよくないけれど、「愛でる」も「消費」の一形態。自分の気持ちや日常の隙間を埋めるため、生き物を迎えたことには代わりない。暮らし方、生活の中でのプライオリティ、病気になったときにどこまで治療をするか、野生動物で言うならば、どこまで守ってあげるのか。選択するのはすべてその動物に関わっている人間である。まじめに考えると、生き物を飼育したがりな自分が嫌いになりそうである。
     そんな悶々とした気持ちを抱えつつ『珍獣の医学』を読めたことはとても幸せだと思う。なぜ飼うのか、なぜ人間の感情や常識を投影してしまうのか。動物に対して、「可愛い」「可哀想」の線引きがすごく曖昧な自分に気づく。そして、命を飼うということに、私も田向先生も自問自答し続けていくのだと思う。

  • 「ダイビングカメ」て

  • 文句無しに面白い。動物飼育好きが高じて獣医となった著者による、様々な哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、(そしてそれら動物の飼い主)の臨床記。アマガエルの骨折、亀の尿路結石、などの手術の記録が興味深いだけでなく、文章が上手。

  • 進路支援図書「はたらく人びと」
    2011/12/27更新 054号 紹介図書
    http://www.nvlu.ac.jp/library/workers/workers-054.html/

  • ペットとして飼える動物たちに起こる様々な病気や事故。獣医師だからこそ目にする、その現場の最前線を紹介する。

    この医院では哺乳類から爬虫類、無脊椎動物まで、幅広い珍獣が舞い込んでくる。それだけにその症状も治療法も多種多様。登場するのは歯が伸びきったハムスター、甲羅が割れた亀、自分の大きさほどのおもちゃを呑み込んだ蛙、巨大に膨らんだ金魚など。いかに自分が普段テレビなどで健康な動物たちしか目にしていないかを痛感するほど痛ましい姿の数々。こういった動物たちと日々向き合っている現場の方々には頭が下がるばかり。
    痛いという想いや苦しい箇所を伝えられない動物たちと真摯に向き合い小さな命を助けようとする、声なき声を聞く獣医師の想いや気苦労がよく伝わる貴重な本だと思う。

    ペットショップで出会った、保護した、迷い込んで住みついた…動物を飼うきっかけは人それぞれだ。しかし飼うということは、最後まで動物と向き合う義務が発生する。人によっては「可愛いから」「癒しがほしいから」という受け身で安直な気持ちで動物を飼い始める人も少なくないらしい。
    飼育することは「飼って」「育てる」こと。毎時間その動物に合った餌を与えたり、排泄を助けたり、ダメなことを覚えさせたり―そういった楽しいことばかりでは済まされないことも十分分かっておかなければならない。尊い命を預かるという心構えと、その間で発生する飼育の苦労も覚悟した上で飼ってほしい、そういった問題提起もされている。

    とお堅く書きましたが、元来フランクな先生なのか時折にやっとさせられるエピソードもあり、こういった厳しい視点を持ちつつも柔和な獣医さんが近くにいると飼い主の方は心強いだろうなと思わずにはいられません。
    動物を飼育している人、そして特に獣医師を目指す人にはぜひ手に取ってほしい本です。

  • 動物病院の先生が、主に「珍獣=犬・猫以外」の診療について書いた本。また、動物病院をとりまく色々な事情もわかる。

    獣医師養成の事情についても記述があるのだが、教わっているのは主に家畜(牛、豚など)のことであり、犬・猫のことをほんの少し、あとはあまり教育らしい教育というのはないらしい。そんな中で、持ち込まれてくる動物の多くが習ったことのない動物。実際の症状や治療の様子を読むと、常に試行錯誤のような状況であることもわかる。


    元々、動物病院に縁がない生活をしているので、書いてあるあらゆることが「そうなんだ!」というかんじ。
    診療費のこと、使われる薬のことなど。また、医師として飼い主さんに考えてもらいたいと思っていることなど。
    素人である飼い主側には厳しいというか、「そんなこと気が付かなかった」ということも多いのかと思うが、本当に動物が好きでプロになった著者の思いが、この本で少しでもわかるんじゃないかと思う。

  • 動物病院の獣医さんが書いた珍獣:エキゾチックペット(犬猫以外のペット)の診療記録。
    動物病院の厳しい現場が語られており、執筆者の獣医という仕事に対する熱意が伝わってきます。
    珍獣の病気や手術方法など興味深い内容が多く、「えっ、そんなことがあるの!」という笑える症例もあります(飼い主さんには申し訳ないですが)

  • 犬、猫、ウサギだけがペットではない!!
    鳥からヘビ、ハムスターにウーパールーパー、アリクイに金魚
    蛙にブタまで著者の田向先生の病院に診療に来るのだ。

    ゴキブリホイホイに掛かったモモンガのノリ取り~ゴールデンレトリーバーのバレーボール大の腫瘍の手術まで、仕事の幅がとても広い!!

    私はこの本を通して、人と動物達の生活や関係性を学びました。

  • エキゾチックアニマルの医療分野を開拓されている獣医さんのお話。

    小動物臨床、特に未開拓のエキゾチックアニマルの治療ってめちゃくちゃ面白い。と思った。まだまだ未開発の分野なので、知識をベースに、美術とか工作とか、推理とか、あらゆるものを組み合わせて工夫に工夫を重ねて治療する。
    ただこんな獣医師になるのに素質は必要かもしれない。こういう「新しいこと」を患者である動物に施すには飼い主さんにも了承を得なければいけなくて、そのための人柄なんかも大事で。それに何よりこの人は小さい時からいろいろな動物を飼って、経験値を上げてきたんだろうなぁと思った。飼育も難しいエキゾチックアニマルだから、治療もきっともっと難しい。その動物を知るにはやはり一番「飼う」ということが大事なんだと再認識した。
    小動物臨床に対する興味がすごく大きくなった。

    獣医師を志す人にも、ペット好きの人にもおすすめの一冊。

  • 様々なエキゾチックペットの治療例が興味深いものからヒヤッとするものまで著者の生の観点から読むことが出来て面白かった。生命倫理に投げかけてくるものもあってなかなか考えさせられたけど診察を嫌がって丸まったハリネズミかわいいです かわいい

  • 夫に薦められて読んでいる、「珍獣」の治療をしている獣医さんが書いた本。獣医さんの世界では、犬猫以外は「珍獣」扱いだとか。ウサギやフェレット、ヘビやトカゲ、アリクイやヤギもすべて診療する。その動物専門の医学書もない中でそれでも仮説を立てながら治療していく姿には、他の仕事にも通じるものがある。また、「ペットを飼う」という行為についても考えさせてくれる。この本を読むと、自分のペットたちに対して「本当にありがとう」と思える。いや、いつも思ってるけど。

  • 著者は獣医さんです。専門的で理解が困難な部分もなく、興味を持ったところから読めます。つい笑ってしまうような面白い場面も、人間のエゴについて考えてしまう場面もあります。動物の好き嫌いに関わらず、いろいろなひとに読んでほしいです。

  • 日本はペットに対する意識が非常に低いと思う。
    犬猫に関してはようやく意識が高まってきたようだが、犬猫以外の生物、ことエキゾチックと分類される生物に対してはペットと言う認識すらされてない様な気がする。
    ペットショップには沢山の種類のエキゾチックアニマルが販売されている。
    けれど飼育していて病気になったら仕方ないで済ませる現状。
    え?病院に連れて行くとか信じられないなど言う人達のいかに多い事か。
    エキゾチックアニマルは使い捨てなんですか?
    田向さんはそんななか生物を分け隔てする事なく、命を救おうと日々尽力されている。
    田向さんの様な医師の存在がもっと増えると同時に、我々飼育する側の意識も高めなければいけないなと思った。
    生物を飼育するって事は軽く考えちゃいけない。
    と、重々しく書いたけどレンコン食い過ぎた犬には笑ってしまったし、そのレンコンを記念にとっておく飼い主にも笑った。
    無事で何より。

  • 爬虫類とか両生類、珍しい生き物と一緒に暮らしてなおかつ幸せにするのって気軽にできることじゃない、って改めて思いました。
    だってかえるの骨折とか誤飲、カメレオンの卵詰まりなんてどこの病院で見てくれるの;;・・・・という。
    考えさせられるけど面白かったです。

  • 表紙はなんだかよくわからない生き物のレントゲン写真。「何これ?」と本を開けてみるとカバー袖には表紙の生き物の正体が。「水温計を飲み込んでしまいました」の吹き出しつき。
    以前、たまたまテレビでカメの手術シーンを見て「飼い方がよくわからない生き物を飼うって大変……」と、釘づけになってしまったのだが、本書をパラパラ見るとどうやらそのテレビ番組で紹介されていた獣医さんが書いた本のようだった。
    最初は、「へえ、こんなことまでやるの!?」とか「そんな動物飼ってる人いるんだ!?」などと、単純に面白く驚いているだけだったが、読み進めていくうち、動物も人間も医療はまったく同じなのだなあ、と実感した。動物だってガンにもかかるし、代替医療の是非や、ステロイドをめぐる飼い主さんとの攻防などは人間の医療問題のよう。治療をする動物たちには言葉が通じないだけ、人間よりも大変かもしれない(本書によれば、英国獣医師の自殺者数は人の医療従事者と比較して二倍、一般の四倍の水準に達するそうだ)。
    獣医師の実態がわかる本であると同時に、動物を飼うということがどういうことであるのか、痛烈に伝える本でもあった。ちょっとカワイイからって軽々しく飼っちゃいけないんだ。環境は整っているのか、命を最期まで引き受けられる覚悟があるのか、そういったことを考えなくてはいけないのだな、当たり前だけど。

  • ネットの掲示板などで、ペットの病気や怪我の相談をよく見かけるけれど、いわゆるエキゾチックアニマルを飼っている人は、飼う前に獣医師の情報は必ず集めておくべきだと思う。
    著者は爬虫類も含む、エキゾチックアニマルを数多く診察している獣医師。様々な症例と共に、著者が遭遇した無責任な飼い主のエピソードも紹介されており、考えさせられる。
    といっても、批判がこの本の主眼ではない。
    ともすれば重くなりがちなテーマが、わかりやすい文章で綴られており、すらすらと読める。
    お金さえだせば大抵の珍獣は飼えて(買えて)しまう、ペット大国・日本だから、動物を飼っている、或いはこれから飼おうと思っている人には読んで欲しい一冊。

  • 田園調布動物病院院長の著者。毎日の診療の様子をまとめた1冊だが、命を「飼う」ということへの、提唱も忘れない。ビジネスとしての獣医師という根幹に”私の原風景は「アマゾン」だ”という著者の命に対する(それは、間抜けな飼い主に対しても同様・・・)雄大な優しさがある。

  • 動物への興味を引き立たせ、動物病院の現実を知るにはとてもいい本だと思う。
    人々が思っているほど獣医はそんなに広い分野の生き物を見ることはできない、亀の開腹手術の模様がカラーで見れる、生き物を飼うということの難しさと責任の重さ。
    本書を読んでこの3点が深く心に残った。
    最近は猫が欲しいなぁとしきりに恋焦がれたが、本書を読み終わってから反省した。

  • 2011/01/31:獣医師の現状を書いた本。ペットを飼っている人全てに一度は読んで欲しいかも。

  • 臨床「動物のお医者さん」。よくもまあいろんなことが起こるもので。

全26件中 1 - 25件を表示

珍獣の医学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珍獣の医学の作品紹介

獣医は医療か、ビジネスか。現役獣医師が多様化するペット医療の知られざる現場を描く。

珍獣の医学のKindle版

ツイートする