策謀の法廷 (上) (扶桑社海外ミステリー)

  • 31人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 白石 朗 
  • 扶桑社 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063504

策謀の法廷 (上) (扶桑社海外ミステリー)の感想・レビュー・書評

  • アメリカの法廷ものが好きで図書館で見つけたら読んでいるが久々のヒットだった。

  • どうしても、このアメリカンジョークだったり世界観に馴染めない。。まぁ僕の世界が狭すぎるのですが。

  • 一時はやった?法廷モノが好きで、おお、ひさびさのマルティニ、しかも弁護士ポール・マドリアニ・シリーズだ!と思って(とはいえ、シリーズの以前の話はまーったく覚えてない)いさんで購入。でも、半分くらいまですごく読みづらくて挫折しかけたほど。いきなり殺人場面からはじまって、すぐにソフトウエアだの政府の情報機密だのっていう大きすぎる話になってしまい、なじめなかったからかもしれない。なかばくらいになってやっとおもしろくなってきた。会話の毒のあるユーモアも楽しくなってきた。後半からはすいすいと進んで下巻へ。陪審員制度、いまや日本でもはじまったけれども、陪審員を選ぶテクニックとか、コンサルティング業みたいのとか、ないんだろうなあ……。

全3件中 1 - 3件を表示

策謀の法廷 (上) (扶桑社海外ミステリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

策謀の法廷 (上) (扶桑社海外ミステリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

策謀の法廷 (上) (扶桑社海外ミステリー)はこんな本です

ツイートする