自分の始末 (扶桑社新書)

  • 139人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (4)
    • (16)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 扶桑社 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594063696

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
小池 龍之介
冲方 丁
デール カーネギ...
村上 春樹
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の始末 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どのように人生を終えるのか。その覚悟の有り様を、筆者の作品の中から散文的に集めたもの。なるほどと思える事が多い。

  • 「老い」に関する曾野綾子氏の語録。
    語録なので,サクサク読める反面,内容が薄い。
    曾野氏の老いに対する考えを知るには『老いの才覚』の方が良い。

  • ●毎日料理をすること、時々旅をすること
     段取りは、意志の力・予測能力・外界との調和の
     認識そして何より謙虚さ、など総合的な判断が要る
     上に、たえずそのような配慮をすることで心を錆び
     つかせないことができる。家事は、段取りの連続で
     あることを思うべきだ。

    ●鈍重に「待つ」という知恵
     それでも私は自分の心の救いのために果実の木を
     植えていた。樹木も人も、育つには年月がかかる。
     だから未来の確証はなくとも命は植えておかねば
     ならないのだろう。

    ●若々しい魂を保つために
     外見の若さの基本は、新鮮で安全な食材を使った
     食事をすることだろう。人間の長寿や健康の元は、
     日々の栄養の摂取法の積み重ねの結果だ。若々しい
     魂を保つためには精神の栄養が負けず劣らず必要だ
     そのためにはたくさんの尊敬すべき人に会い、複雑
     な人生の機微に触れた会話に加わり、強烈な現世の
     限界の姿に触れる体験をし何よりもたくさんの読書
     をしなければならない。

    ●人がしても自分はできなければしないという覚悟
     本来なら、人間はいかなる状況の中でも自分が生涯
     をかけた好みや自分がそこに置かれた意味を発見
     できるはずだと思う。それを可能にするのは、他人
     とは違った判断をする勇気そのものです。それを
     教えなかったから、自分自身の評価を失って評価を
     大衆の眼に合わせようとする日本人が多くなった。

  • なんとなく惹かれて手にとった本です。
    曽野さんの本を度々読まれている方なら、「あの箇所」という楽しみがあってよいのだと思いますが、私のように全く読んでない人からすると、全く魅力を感じないんですね。
    まあ、ところどころ心に引っかかる部分があるので、1冊の本としてそれなりによかったとは思います。ただ、自分にはちょっと合わなかったなー。

  • 著者が書いてきた本の一部分を抜粋して寄せ集めた本。死ぬことに対するやや哲学的な本。

  • 「してくれない」は精神的老化

  • 自分の始末の付け方とは?

    →問題はどう生きたかであり、いい人生だったと言えること

  • キリスト教系の作者の過去の語録小説から抜書き編集したもの。

  • 聖書の引用をはじめ、はっと我に返るような言葉がちりばめられている。人を恨んだり、何かに行き詰って困っていたりするとき、心を落ち着け立ち直るために読みたい一冊。

  • ベストセラーとなっている『老いの才覚』に次ぐ、晩年の生き方シリーズ。定年後を輝かせる新たな仕事や自分の時間を管理する知恵など人生を楽しくするための知恵がつまっている。身の回りのものを溜めこまず、身軽にして新しいことに挑戦する。他人の好意にすがらず、孤独と付き合い、分相応を知る。自立して生きる人は、年齢を問わず輝いている。

全14件中 1 - 10件を表示

自分の始末 (扶桑社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

自分の始末 (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分の始末 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分の始末 (扶桑社新書)の作品紹介

若々しい魂を保つためには…苦労も病気も「資本」にするには…定年後に必須の新たな「発想」とは…。人生を楽しく畳む知恵。

自分の始末 (扶桑社新書)の単行本

自分の始末 (扶桑社新書)の文庫

ツイートする