奇跡を起こす 見えないものを見る力

  • 91人登録
  • 4.00評価
    • (12)
    • (13)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 木村秋則
  • 扶桑社 (2011年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594064860

奇跡を起こす 見えないものを見る力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 奇跡のリンゴが読みやすすぎて、同等の文章力を期待して読んだらがっかりする本。内容はすばらしいのに。

  • 日本の野菜は農薬使用が多くて危険、食べないほうが良い...としている国もある...という内容が、強く印象に残りました。
    有機農法だから大丈夫...とは言えない理由も、少し理解が進みました。
    土や自然の汚染を食い止めて、自然と共生する方法...
    普段、購入している食べ物や品物を、意識的に選んで購入することで、応援していきたいなと、強く思いました。

  • 木村さんの本を読んだのは二冊目。
    ドキュメントを柱に、自然栽培を哲学的に書かれていて元気付けられました。

  • 見ていても、何を見ているのか。
    見えていなくても、何を感じ見ているのか。

    「見えない存在」と出会えているからこそ、神秘的で奇跡に感じるのかもしれません。信じるか、信じないかは各人の思い。
    不思議なものにであったから、そのパワーを授かったわけではない。
    あやかりたいと思っても、木村さんの人生で起きたこと。
    奇跡を起こす力は備わっていても無意識に「まやかしだ」と遮断したり、思いを排除していたりするのではないか。
    答えは世間ではなく自分の中にあると信じて、自分の答えを出していこう。

  • 見えないものをみる力をつけよう。
    まずは心掛けよう。

  • 「奇跡を起こす見えないものを見る力」ここで言う「見えないもの」とは、りんごの木の根であり、龍であり、宇宙人であり、霊なのだろう。

    スッキリしないことが多い。

    根(土)が重要であることは、私のような家庭菜園レベルの人間でも知っている。気付くのが遅過ぎだと思う。

    いいこと言ってるんだけど、龍とか宇宙人とか霊とかと絡めて話されるからなんか胡散臭くなってしまっている。

    自伝的、エッセイ的にしたかったからそうしたのだと思うけれど、単純に農業の話(科学的な)にしてもらえた方が私には面白かった。

    やる気と情熱はすごい。人との出会いは重要。この人はどこを目指すのだろう?

  • もう少しゆっくり、ペースダウンして
    のんびり自然を見てみなさい。

    自然の摂理に帰りなさい。


    この一文が今の世の中、今の自分にズシンと
    来てしまった一冊。

  • 他の著書でもちらっと書かれてたと思う
    宇宙人、龍、UFOと
    見えないとされているものについての話。
    龍の雲の写真が添付されており、圧巻。
    まさに龍だった。。。

  • 自然栽培で りんごを作っておられる木村さんの著書ですが、「気持ち」について書かれた精神論のような本です。

全15件中 1 - 10件を表示

奇跡を起こす 見えないものを見る力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇跡を起こす 見えないものを見る力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇跡を起こす 見えないものを見る力を本棚に「積読」で登録しているひと

奇跡を起こす 見えないものを見る力はこんな本です

奇跡を起こす 見えないものを見る力の文庫

奇跡を起こす 見えないものを見る力のKindle版

ツイートする