コマ大数学科公認副読本 THE PARADOX  ザ・パラドックス

  • 94人登録
  • 3.23評価
    • (4)
    • (5)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
  • 10レビュー
制作 : ビート たけし  竹内 薫  中村 亨 
  • 扶桑社 (2011年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594064976

コマ大数学科公認副読本 THE PARADOX  ザ・パラドックスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一見不可能と思われる行動を柔軟な考え方で解決します。1,2時間でサラッと読めちゃうひらめきたい方にオススメの一冊です。
    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=244300

  • 自分で考えるのは非常に難しいけど、読み進めていくのは非常に楽しいパラドックスの話。
    気晴らしにいい一冊でした。

  • パラドックスの概要を知って視点を変える楽しさを味わうには良い本。根っからの数学好きには物足りないだろうが、パラドックスに落ち込んでいく快感は楽しめる。

    こういう番組を成り立たせるビートたけしの視線に改めて脱帽。

  • 「たけしのコマ大数学科」もよく見てるし、数学も好きだけど、ちょっと難しいページもありました。

  • 本で読んでも面白いなと思えるところがあるのだから、映像で見たらもっと面白かったのかも。

  • タイトルはパラドックスであるが、後半のお題はあまりパラドックスとは関係ない。
    導入がゼノンのパラドックス、双子のパラドックスなど古典的な問題が多い。
    一つのお題の解説が一ページなので、詳しい解説は望めない。

    ちょっとした息抜きとして、読むにはちょうどいい。

  • それなりには面白いと思う。

  • いつもコマ大を見ているので購入して読んだ。

    取り上げているパラドックスも、古典や番組で取り上げたものばかりで改めて読むほどのものでもなかった。

    パラドックス・ネタは頭がこんがらがってくるものなので、一つ一つをきちんと扱った方が面白いと思うのだけど、サラっと流してしまっているので楽しめない。

    その場で理解できないものは終わってしまうような羅列本。

    あまり数学的でもなく何度も読みなおして吟味するような内容でもなかった。

  • 111103onTVコマ大withOrhers
    ---

  • 番組で扱うような難しい数学の問題ではなく、論理パズルのような問題が掲載さた内容でした。
    番組と同じ水準ぐらいの問題を美しい解法で示すような内容の本を読みたかった。

全10件中 1 - 10件を表示

コマ大数学科公認副読本 THE PARADOX  ザ・パラドックスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コマ大数学科公認副読本 THE PARADOX  ザ・パラドックスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コマ大数学科公認副読本 THE PARADOX  ザ・パラドックスはこんな本です

ツイートする