厄年の街 寝言サイズの断末魔Ⅲ (扶桑社文庫)

  • 27人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松尾スズキ
  • 扶桑社 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594065492

厄年の街 寝言サイズの断末魔Ⅲ (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今まで失礼ながら「クドカンの師匠」ぐらいにしか思ってなかった松尾スズキ。もうね、この人の文章は、楽しい。

    感じたアンテナの方へどんどん進んでいっている人だなぁと思うのですが、本人の文体は薄暗さの中に途方もないユーモアが散りばめられており、明日にはアルコール抜けてるかなぁと言いながら書いているような滑らかさ。


    「はたらいたと思うからいけないのだろうか。はらたいらと思えば気も楽になるのじゃなかろうか。」

    アホか、と思うような、そんな事ばかり書いている。私が読んだエッセイ集のベストかもしれない。為にならないけど、ベストかもしれない。

  • コラムというよりは松尾さんのグチ&ぼやき。
    仕事の多忙さにかなり驚いた。
    プライベートも色々ありそうだし、そりゃ病んじゃうよなぁ...。
    「合コン成功率が高そうなお笑いは好きじゃない」と言っちゃう
    松尾さんがやっぱり大好きです。
    モテキの監督 大根仁との対談もあり。

  • 何はなくとも松尾スズキさいこう!久しぶりに芝居みたい!

全3件中 1 - 3件を表示

厄年の街 寝言サイズの断末魔Ⅲ (扶桑社文庫)はこんな本です

ツイートする