13歳からの道徳教科書

  • 79人登録
  • 4.15評価
    • (11)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
  • 扶桑社 (2012年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594065522

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
佐々木 圭一
池井戸 潤
喜多川 泰
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

13歳からの道徳教科書の感想・レビュー・書評

  • 甥への中学入学祝い。
    前書きの渡辺昇一さんの「子供はいい話、感動的な話が好きです。」というのは同感。もちろん個人の好みはあるだろうけど、基本はそうだと感じます。
    偉人の伝記とかはいいと思うんですよね。とくに子供のうちは心に残るものです。大人になってからだと裏話とかを知ってスれてくるから。
    神話や伝説、小説としては「最後の一葉」が収録されていますが、努力と感動の実話が中心。ソニーや町工場、マザーテレサに上杉鷹山。奇跡のリンゴに天皇の祭祀など…日本が中心ですが世界の話を集めています。親が子に、先生が生徒に、大人が子供たちに伝えたい、心の柱に、道しるべになるような話ばかりです。

    後書きの貝塚茂樹さんが触れているように、私も「道徳の時間に何をやったか覚えていない」です。まずい教育だったのか、私の記憶力が悪いのか…。
    神話や伝説などはもちろん教えられなかったので、美智子様の講演「橋をかける」ではぎくりとしました。自分でもそう感じてたから、子供たちには同じ轍を踏んでほしくなくて神話や名作童話なんか薦めてたもので。
    私は草柳大蔵さんの「私が二四歳のときにかいた恥」とビートたけしの「オフクロへの小遣い」が印象に残ります。子供たちには、最初のページから全部読まなくてもいい。押しつけではなく、なにかひとつでも自分の心に残る話を見つけてもらえれば嬉しいです。

  • 道徳の授業のイメージは、苦痛。つまらない。本を読んで、感想を書いて、先生の話を聞いて終わり。感想はなんとなく、これが正解かなと思って書いていた気がする。
    この本はいいですね。それは私が大人になったからかもしれないけど、誠実さ、謙虚さ、日本人として持っている心、シンプルに、大切なことだときちんと伝わってきます。社会は不平等さを持っていて、成功した者が勝ち、過程よりも結果、確かにビジネスはそうなのかもしれない。それでも、努力のない成功はないし、お金を稼ぐというような成功ではなく社会起業家のような価値ある仕事もある。そういう土台を築くのは、徳育なんだと思う。
    この本のいいところは、ノンフィクションだということ。こんな人がいました、こんなことを言いましたというシンプルな文章。押し付けがましさがない。自然と、この人のことを知りたいと思い、さらなる学びにつながる。それが子どもに将来を考えさせることにつながるのかなと思います。
    他者がいなければ、生きていけないし、自分自信が何者なのか把握することもできない。家族・社会との結びつきが希薄と言われるいま、私たちとつながる歴史上の人物や、有名人なども、他者としてどう向き合うか考えることで、自分自身の人生を考えるヒントになる。他者も自分も大切に人間に、まず私がなりたいと思います。

  • 小学生の頃、国語の教科書より道徳の教科書の方が好きでした。読み物として面白かったからです。
    今、道徳教育は廃れていますが、やっばり必要なのでは、と思い直しました。
    感動しなければならない、良いこととは何ぞやということを押しつけられているような気がして「道徳」に対して疑問を持っていた時期もありましたが、この本を読んで、何かを感じること、考えることを教えるのは大事なことで、そのための「道徳」なのだと思いました。
    どれも心に残る話ばかりですが、特に藤沢周平氏の『村に来た人たち』、『葬式ごっこ』-八年後の証言-『米百俵』は考えさせられる話でした。
    子どもの道徳の教科書を今度のぞいてみようと思いました(笑)

  • お馴染みの話から知らない話までバランスよく組み込まれている。子供だけではなく大人でも楽しめる一冊。

  • しっかりとした自分
    人とのかかわり
    かけがえのない生命
    「公」と「私」
    誰かのために

  • 道徳の教科化を念頭に、バランス良く逸話が組み込まれています。大人が読んでも楽しく読めます。

  • 13歳からのとあるが、大人が読んでも十分に満足できる本。
    形骸化した道徳教育に波紋を投げかける一冊。
    小学校版もぜひ出してほしい。

    道徳とは、ある民族が、未来までずっと続き、繁栄していくためにつくられた、みんなが納得できる決まりである。
    渡部昇一

    江戸しぐさ

    学問なり技術があるということが立派なことには違いないけれども、それを人間のために有効に使ってはじめてすぐれた人間だと言うことはできるのだと思う。
    本田宗一郎

    傷つくまで愛せよ。
    マザーテレサ

    恩讐の彼方に 菊池寛

    「葬式ごっこ」8年後の証言

    佐久間艇長の遺書も感銘を受けました。

    二宮尊徳さんは大学を読んでいたんですね。

  • 図書館の児童書コーナーで目についたので借りました。いい話がいっぱい載ってマス。子どもより先に親が読んでおきたい一冊です。

  • いい話が書かれている。人のつながりが薄れつつある今だからこそ先人から学ぶ道徳教育は大事である。

  • 大切なことを思い出させてくれる、すばらしい逸話が豊富。是非多くの人に読んでもらいたい。

全11件中 1 - 11件を表示

13歳からの道徳教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

13歳からの道徳教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

13歳からの道徳教科書を本棚に「積読」で登録しているひと

13歳からの道徳教科書の作品紹介

道徳教育の一つの道は、「美しい」と感ずるような話を子供たちに伝えること。健全な少年少女にとって、美しい、ためになる話は、同時に面白いものでもある。道徳教材の新しいスタンダード。偉人が、名作が、教えてくれる"大切なこと"全37話を収録。

ツイートする