皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)

  • 125人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (13)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 扶桑社 (2012年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594065928

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 対談です。
    中で皇室への興味が失われてることに懸念されてるという話がありましたが、「興味ある」っていうと、スキャンダル好きのおばさんかヘンな右翼みたいに思われるのでは?というムードがあるのですよね。きっと。多分、竹田さん(と、気安く書いていいのだろうか?)が想像するよりもっと、みんな「あって当たり前」と思っていると思います。
    ただ、よく知っているか?というと、多分全然知らないですね。
    その辺のことをとっても気持ちよく辛酸さんが聞いてくれてます。
    (ちょっとミーハー目線なところもありますが…)
    驚いたのは、年間420回も宮中で祈ってるって、ただただ、頭が下がります。みんな甘えちゃってますね、その大変な事をやっていただいてる事に慣れてしまって。でも、やはりみんなのよりどころであることは変わって無い気がします。
    でも、世の中ずいぶん正直になってきている様に感じるので
    この先みんなもっと大切に思ってます感が上がるのでは?

  • 「皇室の方々はジャージでお出かけなどなさるのでしょうか?」…などなどの、ほんとにソボクな疑問を、辛酸なめ子さんが投げかけ竹田恒泰先生が丁寧にお答えされる、という本です。2人のコンビネーションが絶妙で、どんな質問にも竹田先生はとっても丁寧に答えおられるし、逆に鋭いなめ子さんの投げかけによって、普段竹田先生がお話にならないようなスピリチュアルな体験のお話も聞けて、すごくよい企画だなーと思いました。

  • ご存在あそばすことがご公務!
    天皇陛下をみて日本を感じることが象徴であるということ!

  • 最近TVで見かける明治天皇の玄孫の竹田恒泰との対談集。
    かなり軽いノリで書かれているけれど、ほとんど知られていない皇室での貴重な事もあり、面白く読めました。
    どちらかと言えば、雑学に近い感じです。

  • 自分は、意外と日本のこと知らないな~と思った。

  • 辛酸なめ子さんと竹田恒泰さんの皇室についての結構どうでもいいことから、核心をつくようなことまで対談した本。2007年に出版されたものの文庫版。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4283593.html

  • 辛酸なめ子の疑問に旧皇族出身の竹田恒泰が答える、という形式で書かれている。ササイなギモン、ソボクなギモン、マジメなギモンと3つの章に分かれ、皇室ファンの辛酸なめ子の暴走がちょくちょく見られる。堅苦しい雰囲気はなく、ユニークな本。

  • 皇室ウォッチャーの辛酸さんが、元皇族の御家柄の竹田氏(明治天皇の玄孫だそうな)に、アレコレと疑問をぶつける。

    辛酸さんのおちゃらけ文章で終始進みはするものの、全体的にはマジメな印象の本でした。

  • 立ち居振る舞いから立ち上る品格。
    お辞儀ひとつで、ゾッとさせるなにか。

    ご先祖を大事にすること。
    それから神様。

  • 本当に素朴な疑問で、竹田さんがさっくりきちんとお答えになってて良かったです。新しい皇室の見方ができました。

全13件中 1 - 10件を表示

辛酸なめ子の作品

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)に関連する談話室の質問

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする