FX最強チャート GMMAの真実

  • 36人登録
  • 3.70評価
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 陳満咲杜
  • 扶桑社 (2012年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594066390

FX最強チャート GMMAの真実の感想・レビュー・書評

  • FXの基本はトレンドフォローしか勝てない。
    為替の変動はインターバンクの為替ディーラーの取引で決まるもの個人投資家は「傍観者」である必要がある。勝ち組の勢いにのること。
    ファンダメンタルズはトレードの弊害になりやすく、百害あって一利なし。
    利確はローソク足が短期の一番下or長期の一番上にタッチしたら抜ける。
    鰯は投機筋、鯨は長期投資家。

    (1)シグナル
    6つのパターン
    ①コバンザメシグナル
    鯨の動向に便乗して泳ぐ。
    短期と長期のクロスや打診後に両者が乖離したところで売買。短期と長期の乖離と拡散が続いているときはどこで買ってもよい。
    長期組の角度が45度程度をキープしていればトレンドの持続性にも確証を持つことが出来る。
    短期と長期が距離を保って推移しているときはトレンドが安定している。
    短期、長期ともにストリームの拡散・収束があまり頻繁に起こってないこと。
    ボラティリティがあまり激しくないことが望ましい。
    ②鰯食いシグナル
    押し目買いや戻り売り狙い。
    トレンドがはっきりしている時。長期が序列通りに並び、間隔が一定or拡大傾向にある時がチャンス。
    トレンドのスピード調整を狙う手法。
    短期組が長期組に突っ込み、跳ね返され、乖離拡大したらエントリー。
    ③トビウオ1・シグナル
    トレンド転換を狙った取引。
    GMMAを利用することによって精度の高い逆張りを行うことが出来る。
    鰯が鯨の包囲を突破して上昇して、V字転換する時に点灯するシグナル。
    トレンドラインブレイクがトレンド転換で利用されるが、この手法はそれを後押ししダマシに会いにくくする。
    短期組の収束や序列逆転、長期組との接近、クロス確認でエントリー。
    ④トビウオ2・シグナル
    トビウオ1はV字回復、トビウオ2は保ち合いからの発展狙い。
    レンジの高値・安値ブレイクと組み合わせると効果的。
    レンジなので、ダマシが発生しやすくなるため、他の手法より乖離拡散がはっきりしてからエントリーすべき。
    ⑤キャッシャロット1・シグナル
    キャッシャロットはマッコウクジラの英語名。
    トビウオ1の逆。V字下落。
    ⑥キャッシャロット2・シグナル
    トビウオ2の逆。
    保ち合いからの下落。
    特徴
    a.長期組の傾きが上昇から横ばいに転じている。
    b.短期と長期の距離が接近して交錯しあうなど、モメンタムが弱まっている。
    c.短期、長期とも組内の拡散が鮮明でない。特に長期。

    (2)補足
    ①トレンド転換
    トレンドラインブレイク時に短期のモメンタムを見る。
    短期組内の収縮、交差がなければトレンド継続と見る。
    また、収縮、交差があった時点で長期とのクロスがなくても売買することも可能。
    ②鰯食い
    短期の食い込みが激しいほど、元のトレンド回帰も強固になる。
    またその場合、有利な価格でエントリーできる。
    星やリバーサルハイがでたところでエントリー可能。
    ③通貨ペア
    a.長期の間隔が拡散傾向にあり、6本のEMAが平行に推移している。
    b.長期と短期の距離が一定を保っていてトレンドに安定性がある。
    c.低い変動率。短期の収束と拡散頻度から測る。頻度が少ないほでトレンドの安定性が高い。
    ファンだメンタルズの罠に陥らないマイナー通貨ペアも有効。

    (3)他テクニカルとの組み合わせ
    ①フィボナッチ・リトレイスメント
    鰯食いの確率を高めてくれる。
    ②RSI
    鰯食いの際に、RSIの極地からの反転を目安に出来る。
    長期ブル時の30以下、長期ベア時の70以上での反転。
    ③ローソク足
    抱き線、宵の明星、毛抜き天井など
    ④フォーメーション
    トライアングル、ダブルボトムなど
    ⑤MACD
    トレンド手法として使う。
    MACDとシグナルがゼロラ... 続きを読む

  • 早速、参考にしています。
    とても分かりやすい指標だと思います。

    ただ、投機にはどうしても勇気が必要ですよね。
    判断する瞬間ってものは、チャートをいくら見ても分からないものです。
    何しろ未来は表示されないですからね。

    しかし、心に落ち着きをもたらす、と言う意味で、これはビジュアルに訴える線を描くので、とても意義があると思います。

    ただのローソク足見てても、自分の立場がさっぱり分からなかった私には、とても頼れる助っ人になりました。
    とにも角にも、自分なりの分析を行う取っ掛かりになりましたからね。

全2件中 1 - 2件を表示

FX最強チャート GMMAの真実を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

FX最強チャート GMMAの真実を本棚に「積読」で登録しているひと

FX最強チャート GMMAの真実はこんな本です

ツイートする