リッチマン、プアウーマン

  • 51人登録
  • 3.73評価
    • (2)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 扶桑社 (2012年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594066727

リッチマン、プアウーマンの感想・レビュー・書評

  • 若くしてIT企業を率いる日向徹。高学歴でありながら、就職が決まらない現役女子大生・夏井真琴。決して交わらないはずだった2人が出会い、互いに惹かれあっていく。

    ドラマが見たかったのですが、見ている暇がなかったのでノベライズで購入。頭の中では石原さとみちゃんと小栗旬さんで動いていました(笑)
    さとみちゃん……じゃなかった、真琴のかわいさにめろめろ。ノベライズなだけあって、小説っぽくない、ドラマっぽいセリフが結構あったのですが、真琴のキャラからすると違和感なく、一途にとらえられました。
    NY編も観たいなぁ……。

  • 妻がなんとなく図書館で借りた本ですが、僕はなかなか良かったと思いますよ。 あまりにもストレートすぎるドタバタですが、まっすぐな力は勇気と感動をもらえます。
    涙腺の緩い僕は電車内でちょっとウルッときてしまいました。

  • 後半がドラマとは少し違っていて、でも嫌な変化じゃないから新たな感覚で楽しめた!

    ふたりのやりとりも目に浮かぶし、テンポよく読めた◎

  • 脚本に毛がはえた程度。ドラマを脳内で思い出すにはちょうどいいけど、読み物としたら、文章がさっぱりし過ぎてる。

  • ドラマにドはまり。
    ついにはノベライズ本まで買ってしまいました。
    ドラマとは違うとこもあり、こっちの展開のほうがよかったなぁって思う場面も。
    だけど・・・ドラマのワンシーンワンシーンが浮かんできて、また録画してあるのをみてしまいましたぁ。
    ちょっと本は作りが荒っぽいかも。

  • まさかこの年になって恋愛ドラマにハマるとは……。大好き!! でも文体が好きじゃない。

  • 日向と夏井さんのコンビがすきです。

全7件中 1 - 7件を表示

リッチマン、プアウーマンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リッチマン、プアウーマンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リッチマン、プアウーマンを本棚に「積読」で登録しているひと

リッチマン、プアウーマンの作品紹介

29歳の若さにして時価総額3000億円とも言われるIT企業を率いる若手社長・日向徹。高学歴でありながら、就職が決まらず面接に奔走する日々をおくる現役女子大生・夏井真琴。決して交わらないはずだった2人が出会い、互いに惹かれあっていく-。何もかもが違う2人が織り成す、この夏もっともキュンとするラブストーリー。フジテレビ系大人気ドラマを完全ノベライズ。

リッチマン、プアウーマンはこんな本です

ツイートする