彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

  • 381人登録
  • 3.74評価
    • (25)
    • (44)
    • (31)
    • (7)
    • (3)
  • 38レビュー
著者 : 荻上チキ
  • 扶桑社 (2012年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594067342

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
水道橋博士
朝井 リョウ
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
大野 更紗
伊賀 泰代
國分 功一郎
飯田 泰之
有効な右矢印 無効な右矢印

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力の感想・レビュー・書評

  • 宮台真司なんかが盛り上げてしまった「性的自己決定」vs「女性に対する暴力」論からここ20年、売春に関する議論は、ひどく不毛な状況が続いてきた。「被害者」への同情論か、フェミニズムをまったく理解してない風俗ライターばっかりの中で、実態調査にもとづいて現実的提言をおこなう、たいへんにまっとうな本。はっきりいって、自分の業績のために体裁をととのえ適当な分析を披露してみせるそこらの学者の本よりは、よっぽど役に立ちます。
     出会い喫茶やテレクラを利用する100人以上の「ワリキリ」女性とのインタビュー調査からうかびあがってくるのは、貧困、精神疾患、暴力被害、自己尊重感や安定感の欠如・・・正直、読んでいて辛くなることもあった。
     しかし著者は、売春を彼女たちの「心の問題」や社会の病理に還元したり、救済されるべき被害者扱いすることを慎重に避け、かわりに、いわゆるまっとうな社会の側が彼女たちを排斥する要因と、売春の世界が彼女たちをひきこむ要因とを注意深くとりだし、かつ、そうした個々の要因のくみあわせのなかで選択をおこなう女性たちの主体性を決して軽視しない。
     売春という「社会問題」に大ナタをふるうのでなく、「n個の排除の数だけ、n個の包摂を。買春男に彼女たちを抱かせることをやめさせたいなら、社会で彼女たちを抱きしめてやれ」という提言は、まったく、ほんとに、まっとうだ。売買春を一発で解決する魔法の弾丸なんか存在しない。ていねいに、自分たちの問題としてかんがえていくしかないのだ。

  • 昔、好きだった人が簡単に自分の身体を売っていることを知って、
    その時は全く彼女の考えというものが理解できなかった。

    その人とはそれ以来疎遠になって、
    今では連絡を取り合うこともないけれど、
    未だに頭の片隅にこびり付いて離れない記憶を少しでも整理できればと思い、

    彼女のことを理解しようと思ってこの本を手に取りました。

    売春を取り巻く現状は様々だけど、
    貧困からしょうがなくという例を見る度に
    他人事とは思えず、
    何か自分の身近に起こっていることとして認識できない、
    あくまでこれは日本の何処かにいる女性の話であり、これから自分が生きていく上では出会うことや関わる事はないだろうと、
    半ば強引に目を背けました。

    今まで僕らが教わってきた道徳という絵空事のせいで、
    こんな現実も直視できない自分が不安です、、

    なんだか上手く言葉にできませんが、
    売春を知る入り口には最適だと思います。

  • 「買春男に彼女たちを抱かせることをやめたいなら、
     社会で彼女たちを抱きしめてやれ」

    この言葉、震えましたね。

    近年、繁華街で見かけるようになった”出会い系喫茶”で行われている売買春行為。そこに集まる女性たちを、いい意味で淡々と追ったフィールドルポですが、荻上さんらしいバランス感覚がこの種の重い社会的問題に触れるための間口を広げてくれている印象。

    教育、社会、家族、経済構造、そして自分自身の尊厳。
    さまざまなものから排除されてきた女性たちが、最終的に金銭を求めて「アウトサイドの包摂」に頼らざるを得ない構図というのは、当然昔からあるんだろうけど、それではやはり苦しいわけで。

    この種の若い女の子たちの売春行為って、80年代以降はかなりポップに扱われることが多かったわけですけど、やっぱりリアルは違うだろうということ。勉強になりました。

  • 2012年刊。出会い系サイトから判明するデータの分析から出発し、同サイトや出会い系喫茶に集う女性に試みたインタビューを交え実情を検証。貧困、格差、社会的セーフティーネットの不在、シングルマザー、DV、児童虐待とその世代間連鎖、そしてその複合が背景にある点は、AV女優、古典的風俗系と同様か。ただ、一部に存在する、非貧困かつ格差・落差型成り上がり系女性が異質かも。自由が効く分、きちんとした自己管理が必要だから、そのような成り上がり系女性の受け皿となっているというが、自由は堕落と紙一重かも、との疑問もある。
    他方、類書には珍しく男性側の意向もわずかだが言及。また、出会い系喫茶の創発者の意思にも言及している。売春する側のリサーチは興味本位のものも含め、それなりに出ているが、買春側のそれは皆無に等しい。もう買春側のリサーチ・統計データも必要な時期に来ていると思われる。性衝動が抑制できないといったステレオタイプ的要因が、その一つだけで現状が生じているというような単純な発想では、問題の縮減・消滅には到らないだろう。

  • 荻上氏の取材力に感服

  • 【目次】
    プロローグ 006

    1章 社会的な引力・斥力――風俗・ワリキリ・精神疾患 017
    出会い喫茶の光景 
    *まいの場合 
    *チカの場合 
    *ミイの場合 
    *ミキの場合 
    社会的な斥力 
    夜職からワリキリへ 

    2章 排除の果て、アウトサイドの包摂――虐待・ホスト・ドメスティックバイオレンス 053
    彼女たちの居場所 
    *ユズの場合 
    *ユキの場合 
    *ミアの場合 
    ただひとつの出口 
    アウトサイドの包摂 
    *もえの場合 
    売春という「自立」手段 
    *ミズキの場合 
    隣り合わせのリスク 

    3章 貧困型売春と格差型売春と――学歴、貧困、ハウジングプア 091
    疎外の連鎖、不幸の世襲 
    格差型売春 
    *ミカの場合 
    *リカの場合 
    グラデーションの狭間で 
    *クミの場合 
    *アイの場合 
    *ミサの場合 
    *マキの場合 
    *ミナの場合 
    *リナの場合 
    未来からの斥力 

    4章 母親としての重圧――離婚、中絶、シングルマザー 135
    寝かしつけた子どもの隣で 
    *リオの場合 
    離別した父親の事情
    *ユウの場合 
    *ナツキの場合 
    消極的自己肯定
    *リオの決意 

    5章 全国ワリキリ事情――車、パチンコ、買春旅行 165
    地方に生きる彼女たち 
    地域差――価格・ハメ撮り・生 
    *マキの場合 
    ワリキリ女性たちの移動手段 
    *マリンの場合 
    *ミカンの場合 
    その土地のもつ“磁力”のなかで 

    6章 3・11――地震、津波、原発事故 201
    あの日の出来事 
    「ワリキリ」のインフラへの打撃 
    変わらない質・変わった客層 
    「生きづらさ」への追いうち 
    原発事故と彼女たち 

    7章 ナナとの出会い――日記、メール、妊娠報告 233
    第一印象「得意でないタイプ」 
    優秀なアシスタントの誕生 
    「買う男性」のデータ 
    ナナの日記 
    ナナの「卒業」、そして 

    8章 買う側の論理――喫茶、サイト、利用データ 267
    男性ルームにて 
    出会い喫茶とはどういう場所か 
    出会い喫茶のシステム 
    出会い喫茶のレパートリー 
    出会い喫茶の経営努力 
    出会い系サイトの利用傾向 

    9章 出会い喫茶のルーツ――自己決定、自己責任、自由市場 297
    大阪「ツーバなんば店」を訪れる 
    捨て子、アングラ、ホームレス 
    「かわいそうな子に居場所を」 
    発案者の“魂” 
    「今よりマシ」になるために 

    エピローグ [314-322]
    「ワリキリ白書」 [323-333]

  • 著者自らが、出会い喫茶や出会い系サイトを通して、100人を超える"ワリキリ”女性への取材を基に構成されている。個人売春の実態を「統計的」と言える量まで収集・分析した筆者の取材力が凄い。しかも個々人の人格まで類推できる形で。

    本調査から浮かび上がってきたものは貧困や虐待、孤独といった世代間・個人内での”負の連鎖”だ。売春という金銭獲得手段が目的になり目的が必然になり、自分を傷つけていくスパイラルからますます抜け出せなくなってしまっている。

    「ワリキリ」とは買う側の視点であり、彼女たち側の視点では「アキラメ」や「オリアイ」と言ったほうが正しいかもしれない。インタビューで何人かが語るホストクラブに通う理由が、ホストのためではなくそこに居場所があるから、という発言は何とも物悲しく彼女たちの精神状態を端的に表しているように感じる。

    ”ワリキリ”は慢性的貧困や親の虐待など根深い社会問題を多分に含んでおり、解決まで一筋縄ではいかない問題ではあるが、本書はまず実態を知るうえでの道しるべとなりえよう。

  • ワリキリと呼ばれる売春を行う女性たちを追ったルポタージュ。知らなかった世界にいる女性たちの人生の生々しさに圧倒させられる。社会から排斥されてきてしまった女性たちに、残された選択はそう多くはなかった。

    でも今回のインタビューに答えられた人は、まだワリキリの最中で、どん底まで落ちている人たちではないのではないか。年齢がいって、もしくは精神的にやられて、もしくは病気になって、ワリキリさえできなくなった女性たちは案外と多いのではないか。今後はそういった女性たちもぜひとも追ってほしい。

    ただ、ワリキリをしている若い女性たちの問題を丁寧に浮き彫りにした素晴らしいルポだと思う。

  • これを読んでどうすればいいんだろう.自分の無力を感じる.

  • 売春が「フツー」になってきた現状に驚く。。
    そんだけ病んだ人間も多いってことっすね・・・。
    ( 一一)

  • 出会い系喫茶や出会い系サイトで売春を行う女性たちへの、主にインタビューによるフィールドワーク。本書のテーマは、「出会い系」という場に彼女たちが吸い寄せられる「引力」と同時に、彼女たちをそこに追いやる「斥力」を見出そうとする試みだ。読んで思うのは、女性は、個人の問題を社会問題へ拡大化することによって解決しようとはせず、もっぱら自分で抱え込むのだな、ということ。たとえば昨今の貧困問題は、男性に起こったことだから初めて社会問題になったのであり、女性の貧困問題はそれまでにもずっと存在していた、という本書の指摘に端的にあらわれている。著者の狙いは、売春が社会問題というのであれば、「売春の当事者でないからといって社会問題の当事者でない」とは言えないというところにある。

  • 出会い喫茶や出会い系サイトのフィールドワーク。そこに出入りする女性たちの貴重なナラティブであり、直接採集されたデータとしての価値は高い。

  • だらだらと同じ様な事例紹介が続く。ワリキリというジャンルがあることは知れる。何故ワリキリの世界で生きる人がいるかの理由説明は特に驚きに値せず(精神疾患、育った環境、学歴等)、また社会からワリキリ女性を排除する斥力と彼女らを求める引力が有る限り状況は変わらない、批判するなら、弱者の受け入れ手段を提案すべきというのも至極当然の議論。あまり面白くなかった上に無駄に長かった。雑誌コラムで毎回1ページ位読むのが丁度いいのでは。

  • こんな世界があったのかと、驚く。
    一人ひとりの声が生々しい。

  • 膨大なデータだけでも読む価値はある。
    理想論だけでなく実践から社会に切り込まれている。

  • 出会い喫茶を介した個人売春(ワリキリ)の実態を著者のフィールドワークを通して明らかにした本。

    実際に出会い喫茶に来た女性を毎年100人にインタビューをして、彼女たちの属性を調べる。こういった風俗は移り変わりも激しいので貴重な情報だ。インタビューをした女性の中から選んだひとりの女性に女性ならではの調査も依頼した情報も貴重だ。出会い喫茶に来た男性側の情報も集められている。男性と女性が互いに批判している様は悲しく滑稽だ。また、出会い喫茶というシステムを「発明」したという福田氏へのインタビューも印象的だ。

    著者は、女性が個人売春を行う構図について、引力と斥力という言葉によって一面的な説明を避けることが必要だと説く。「社会的な引力と社会的な斥力のさまざまな絡み合い、つまりは引っ張る力と斥ける力の関係を見ることはとても重要だ。ワリキリをする女性の多くには、「ワリキリ」に引っ張られるのと同時に、「ワリキリ以外の稼ぎ方」に斥けられたという面があるのだから。」というときに、この「社会的な斥力」を分析することに力を注ぐ。そして同時に、個人に働く力の多様性も認識し、特定の事例の一般化を強く忌避する。そのために著者が取った手法がデータ調査という手法と言えるだろう。

    例えば、実際に100人中30人が精神疾患の病歴(実際に通院し、疾患名を付けられた数)があるという。原因と結果がどのように関連しているのかはここからは分からない。その割合が突出して高いのは確かだろう。また、シングルマザーの割合も多い。これらも含めて(精神病の罹患もシングルマザーも直接的に経済問題を発生させる)、個々人の経済問題も厳然としてある。売春の問題は道徳の問題ではなく、貧困問題だと。少なくとも一面においては、特に女性の側から見ては、そう言える。

    「n個の社会問題の数だけn個の処方箋、n個の刃所の数だけn個の包摂を。買春男に彼女たちを抱かせることをやめたいのなら、社会で彼女たちを抱きしめてやれ。そうすれば事態は幾分、マシになる。彼女たちの売春、それは僕たちの問題でもあるのだ。」

    この本の読み方にもn個の読み方がある。

  • 全国の売春をする女性にインタビューし考察を加えたもの。売春をする女性に精神科系の病歴を持つ者が多いこと、出会い喫茶という存在が珍しいものではないことに衝撃を受けた。取材数が多く信頼できる。社会で疎外され、そこにしか生きる道を見出せない女性たちに、私たちの社会は何らかの手立てを考える必要性を感じた。

  • ○ライターの荻上チキ氏の著作。
    ○”ワリキリ”を行う女性へのインタビューを通じて、なぜワリキリをしているのか、いつからしているのか、など、その理由や背景事情をまとめ、分析したもの。
    ○女性が”ワリキリ”を行う理由は様々であるが、「社会からの排斥」と「消極的選択(貧困)」というのが、一つの大きなテーマではないかと感じた。
    ○本書中にも批判的に書かれているが、私も、「好きでやっているんだから」と思っていた面も多いので、その実態を知り、衝撃的であった。絶対的な貧困がこれほど近くにあるということも。
    ○サイトはもちろんのこと、出会い喫茶という“場”が提供されるということは、その需要も供給もあるということなのだろう。不思議な感じ。
    ○チキさんの調査・分析が大変リアルで面白い。ぜひ他の作品も読みたい。

  • テレビを見て荻上チキさんに興味が沸いて、そして見つけたこの本。
    女が人前で読むにはちょっと抵抗あるタイトルでしたが、図書館で借りて読みました。
    ワリキリなんて正直都会だけの話だと思ってたんですが、自分の住む街でも密かに行われているということにまず驚き。でもまぁ、田舎って車社会だから山の中にラブホテルあるし、誰にも知られずっていうのには案外やりやすいのかななんて思ったり…
    被災地に住む身としては震災以降の話や被災地でのワリキリ市場も興味深かったです。
    「売春=お金に困っている」という定義だけで見ていた自分の考えの浅はかさに気付けたし、女性が主役となる社会問題を解決することの困難さなど、色々と考えさせられました。
    こちらのレビューでも書かれていますが、
    「買春男に彼女たちを抱かせることをやめたいなら、社会で彼女たちを抱きしめてやれ。」
    これには胸を打たれました。

  • 彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

    本書は、ワリキリ業界 (?) についてのルポ。数多くのワリキリを行っている女性にインタビューを試みて、それをまとめている訳だが、"社会からの斥力、出会い系の引力" とあるように、斥力と引力の結果として現状があると分析している。これが重要。

    # 斥力は、斥けようとする力のこと。排斥とか。

    引力側 (要するに "業界") をいくら規制しても、斥力側を解決しなければ、問題は解決しない。斥力がある以上、異なる引力に流れるだけに過ぎないって訳だ。そりゃそうだ。生活してゆくためには、なんらかの方法で収入を得なければならないのだから。

    ちょうどタイミング良く、 AV に出演していた女性教諭のニュースが流れてきたが、彼女が解雇されれば収入源を奪われる訳で、そうなれば "社会からの斥力" ということで、引力のあるところへ流れてゆく結果が待っている。霞を食べて生きていけるハズなどないのだ。女性だけの職場など、差別なく受け入れてくれる社会があればいいのだが…。

    本書に登場する女性の中には、割のいい収入源として自由意志で選択している女性もいることはいる。需要があって供給があるので、ワリキリが悪いことだとはまったく思わないので、そこはいいとして…。

    現実は、他の方法で稼げないために妥協している人が多数を占めているようだ。望まないのなら、なんとか社会の手助けはできないものか…と思うのだが…。ま、簡単な話ではないね…。

  • 売春を貧困の文脈でちゃんと捉えるのは大事ですね。あまりに、「心の闇」みたいなぼやっとした感じで語られがちなことなので。

  • 出会い喫茶や出会い系サイトを利用しての非管理買春である「ワリキリ」を行う女性たちについてのフィールドワークをまとめた本

    虐待やネグレクト、貧困、DV、精神疾患や依存症、身体障害、母子家庭・・・読んでいて胸が痛む境遇がほとんどで,どうしたらいいのかと考え込まざるを得ない。

    というわけで、非常に有益な本なのだが、欠点が2つ
    1 文章。冷静な描写や分析が続くのに、各章の最後が突如ポエム的になるので面食らった。
    2 専門用語(?)の説明がなくて不親切。「セクキャバ」「バンギャ」等の用語にについて、巻末に五十音順の解説がほしかった。

    特に印象に残った点
    ・ 最近の「貧困問題」は男性も貧困に陥ったので慌てて騒ぎ出した側面がある、との指摘
    ・ 「ワリキリ」は「風俗」等に比べて搾取が少ない、という事実

  • 出会い喫茶をベースにしたワリキリ(売春)のインタビューとデータ。社会からの斥力、出会い系の引力、というサブタイトルがついているが、どうも引力のほうが強いように感じる。ただ、社会からの斥力という言葉にはドキッとする何かがあり、それを確かめるように読む、のだけど、カジュアルな下半身の話にもみ消されてしまうかのようで…いろんな「彼女たち」が出てくる。同情したくなる人やら、怒りたくなるような人やら。読み手の修行が足りませんな、こりゃ。

  •  風俗ではない,個人で行なう現代日本の売春の実態。よく調べて書かれてる。デカフェや出会い系サイトから多くの当事者女性に取材して,売る側の事情,買う側の論理,それを生み出す社会の構図を考察。全く知らない世界だけれど,その一端が垣間見えた気がした。

  • 読んでいて非常に辛い内容。
    ここまでの調査を行った著者に敬服する。

    貧困や精神疾患などによって、ワリキリという名の売春をしなければならない女性たちがいる。この本はそんな女性たちへのインタビューをまとめたものである。

    ただ、留意が必要なのは、ワリキリを行う女性たちは、必ずしも困窮している人ではないとも著者が記していることである。実際に、それ以外の女性のインタビューも本文中に登場する。

    一方で、ワリキリに頼らざるをえない女性たちも相当数存在する。
    そんな状況は過去のものだという言説は全くの間違いであることを本書は指摘する。

    本書の中で印象的だったのは、女性たちのエピソードもさることながら、出会い喫茶の創設者へのインタビューである。どこまで本音を話しているのかは疑う必要があるであろうが、この創設者は出会い喫茶を行き場がなくなった人々の生きていく場であると答えている。本文中にもそれを示すように必要悪という言葉が何度も登場する。
    合法な世界で生きていくことが困難になった人々は、グレーな世界に足を踏み入れる。そのグレーな世界がつぶされれば、また別のグレーな世界が生まれ、そこに人が集まる。
    そのグレーな世界を批判するのであれば、人々がそこに足を踏み入れなくてもいいような社会設計をしなければならない。それが著者の言う、「売春男に彼女たちを抱かせることをやめたいなら、社会が彼女たちを抱きしめてやれ」(p313)という言葉である。

    余談だが、この本と『AV女優の社会学』との関係が気になった。『AV女優の社会学』では、女性たちがAV女優になる理由は非常にありふれた理由であり、著者はその点に関してはあまり関心がないことを記している。
    そのありふれた理由がどういったものだったのかということが気になった。
    それははたしてこの本(『彼女たちの売春』)で書かれたような理由と強い相関性があるのか、はたまたそれは単なるこちらの勝手な想像なのか。そういったテーマで書かれた本があれば読んでみたい。

全38件中 1 - 25件を表示

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力を本棚に「積読」で登録しているひと

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力の作品紹介

100人を超える"彼女たち"へのインタビューから浮き彫りになる、なかったことにされてきた不幸。

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力はこんな本です

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力のKindle版

ツイートする