カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

  • 834人登録
  • 3.61評価
    • (42)
    • (94)
    • (75)
    • (20)
    • (7)
  • 91レビュー
著者 : 渋谷直角
  • 扶桑社 (2013年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594068707

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずーんときました。唯一無二だな。すっごい笑えるけど、すっごい笑ってる場合じゃないし。「笑えるよー」っていうことで自分とは無関係であるかのように主張したくなるような、そんな作品…。
    しかしほんとに、読むとヘビーだし残酷だけど、あるあるだし笑って生きてくしかないのである。あとがきにもあるように、上から目線で馬鹿にしてるわけじゃなく(渋谷直角だって、彼らを馬鹿にできるほど食ってはいけてないはずだ。もちろんいい意味で)そういうのも人生の一部としてあるよねー、というやさしさ。
    金持ちになりたい、とかよりもさらに複雑な「優位に立ちたい」「カリスマ性をもってみんなから憧れられたい」という恥ずかしい気持ちのあるなしではなくて、その気持ちを持ってながらどう生きるか、で品性が問われるのかな。
    Yahoo!知恵袋は嫌いです。全員正論で、自分の正しさを振りかざして恥じない精神がなんか醜い。こういう感性が好きです。

  • よくわからず借りたけど、大当たり!90年代に思春期を過ごし、クリエイティブなことをしないといけないような気がしている同世代には、是非読んでほしい!それは時代に刷り込まれた強迫観念なのかもしれない。

  • しまおさんご推薦の毒書。
    こじらせたちの跋扈を救いなく描く。
    読む私たちもこじらせでありワナビであるので、はっきりいって陰惨な気分にしかならない。
    こんなブーメラン効果を誰が得をするのか。
    この描き方、この視点は究極にして最強。
    完全黙殺するか、「この本ホント痛かったよーw」とレコメンドするか、せずにはおられない、そして推薦するという行為自体が「オレわかってる」アピにつながる、無限循環。おお。

  • 今のサブカル界のトレンドはこういう本を読んで「あれ超おもしろいよねー!もう読んでて自分に超刺さったw」とか言うこと。と感じた自分も、それと同じ穴の狢なのでなんていうか喜怒哀楽のどれにも当て嵌まらない気持ちに襲われました。所々男性目線だなーと感じるところがあったので、男性の方がよりしっくりくるのではないでしょうか。

  • 近所の本屋で売ってなかった・・・

    にしても、痛い。痛い。痛い。
    いろんなところにいろいろ刺さってとにかく痛い。

  • おやすみプンプンを愛読してる男女が次々と惨殺される漫画です。

  • 表題作について、自分も似たような想像をしたことがあるので我が意を得たりという気持ちで楽しく読めた。

  • うーん、なんというか評価に困る一冊。
    内容自体は「あ、こういう人いたね」「こういうことやっちゃう人、昔はけっこういたもんだよ」的なあるあるネタのオンパレードなのだけれど、ただそれだけにとどまっているという……。
    要は「タイトル勝ち」。タイトルに騙されたとは言わない。意地でも。

  • 短編集で、どれもタイトルが秀逸。「空の写真とバンプオブチキンの歌詞ばかりアップするブロガーの恋」なんてそれだけで笑える。内容的にはなかなか救いのない話ばかりだが、これを読むとサブカルってのはやはりメインストリームで成功できない奴の逃げ場なんだな、って感じる。

  • サブカルクソ野郎というか、自意識過剰がサブカル利用してる感じ。

全91件中 1 - 10件を表示

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生を本棚に「積読」で登録しているひと

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生はこんな本です

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生のKindle版

ツイートする