カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

  • 830人登録
  • 3.61評価
    • (42)
    • (94)
    • (75)
    • (20)
    • (7)
  • 91レビュー
著者 : 渋谷直角
  • 扶桑社 (2013年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594068707

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
卯月 妙子
三浦 しをん
羽海野 チカ
能町 みね子
久住 昌之
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生の感想・レビュー・書評

  • ずーんときました。唯一無二だな。すっごい笑えるけど、すっごい笑ってる場合じゃないし。「笑えるよー」っていうことで自分とは無関係であるかのように主張したくなるような、そんな作品…。
    しかしほんとに、読むとヘビーだし残酷だけど、あるあるだし笑って生きてくしかないのである。あとがきにもあるように、上から目線で馬鹿にしてるわけじゃなく(渋谷直角だって、彼らを馬鹿にできるほど食ってはいけてないはずだ。もちろんいい意味で)そういうのも人生の一部としてあるよねー、というやさしさ。
    金持ちになりたい、とかよりもさらに複雑な「優位に立ちたい」「カリスマ性をもってみんなから憧れられたい」という恥ずかしい気持ちのあるなしではなくて、その気持ちを持ってながらどう生きるか、で品性が問われるのかな。
    Yahoo!知恵袋は嫌いです。全員正論で、自分の正しさを振りかざして恥じない精神がなんか醜い。こういう感性が好きです。

  • よくわからず借りたけど、大当たり!90年代に思春期を過ごし、クリエイティブなことをしないといけないような気がしている同世代には、是非読んでほしい!それは時代に刷り込まれた強迫観念なのかもしれない。

  • しまおさんご推薦の毒書。
    こじらせたちの跋扈を救いなく描く。
    読む私たちもこじらせでありワナビであるので、はっきりいって陰惨な気分にしかならない。
    こんなブーメラン効果を誰が得をするのか。
    この描き方、この視点は究極にして最強。
    完全黙殺するか、「この本ホント痛かったよーw」とレコメンドするか、せずにはおられない、そして推薦するという行為自体が「オレわかってる」アピにつながる、無限循環。おお。

  • 今のサブカル界のトレンドはこういう本を読んで「あれ超おもしろいよねー!もう読んでて自分に超刺さったw」とか言うこと。と感じた自分も、それと同じ穴の狢なのでなんていうか喜怒哀楽のどれにも当て嵌まらない気持ちに襲われました。所々男性目線だなーと感じるところがあったので、男性の方がよりしっくりくるのではないでしょうか。

  • 近所の本屋で売ってなかった・・・

    にしても、痛い。痛い。痛い。
    いろんなところにいろいろ刺さってとにかく痛い。

  • おやすみプンプンを愛読してる男女が次々と惨殺される漫画です。

  • 表題作について、自分も似たような想像をしたことがあるので我が意を得たりという気持ちで楽しく読めた。

  • うーん、なんというか評価に困る一冊。
    内容自体は「あ、こういう人いたね」「こういうことやっちゃう人、昔はけっこういたもんだよ」的なあるあるネタのオンパレードなのだけれど、ただそれだけにとどまっているという……。
    要は「タイトル勝ち」。タイトルに騙されたとは言わない。意地でも。

  • 短編集で、どれもタイトルが秀逸。「空の写真とバンプオブチキンの歌詞ばかりアップするブロガーの恋」なんてそれだけで笑える。内容的にはなかなか救いのない話ばかりだが、これを読むとサブカルってのはやはりメインストリームで成功できない奴の逃げ場なんだな、って感じる。

  • サブカルクソ野郎というか、自意識過剰がサブカル利用してる感じ。

  • あるある(いるいる)系のエッセイマンガだと思ってたら大間違いだった。

    ひとつひとつの話しがもっと長くてもよかったな。
    特に表題作は、それこそ、生まれてから死ぬまでを描ききってもよかったんじゃないか。

    これはきっと著者自身の現在とは別の可能性なんだと思う。
    それくらいの生っぽさを感じた。

  • この作品数じゃ足りない!もっと読みたい!もっとくれ!もっと私を打ちのめしてくれ!

  • コピー誌が話題になってた頃から気になってたので、というかその事実すらもう自分がサブカル糞野郎に思える……でもこれだけ描ける渋谷さんもさすがの渋谷さんというか本当にメビウスの輪ですねこれ。
    気持ち良いくらいにグサグサきて笑えました。自虐ウケです。
    結構どんな方面にも斬り込んできますので油断はできません。

    ♪痛いよ~あったかいよ~、痛いよ~あったかいよ~

    倉橋ヨエコが思い浮かぶあたり、そうですね、自分はど真ん中でした。

  • 「いるいる!こんな人!」って何回も言いながら読んだ。
    著者の観察眼がすごくて、あからさまな“あるある台詞”だけじゃなくて、フト見えたtwitterの画面とか、
    登場人物が読んでる雑誌とか細かいところまでリアルで笑える。
    別にサブカル批判でも他人批判でもなく、たまたま今回描写されたキャラたちが
    サブカルチックな人たちだったけど、一見華やかに見えて、この漫画の登場人物みたいな人たちとは自分たちは違うんです、とか思ってる
    「読者モデル」とか「スイーツ(笑)」とかのリアルも結局こんなかんじである種のパターン化されてる、
    彼ら彼女らだけではなく、もしかして私だって…皆だって…?
    とギクリとする。

  • リアルな感じが読んでてイタイ。ページを早くめくりたくなるくらいイタイ。

  • この苦しみを知っているのと知らないのでは雲泥の差でしょう。そう、誰かに指摘して欲しい。(特典CDがめっちゃよかったです。)

  • 登場人物の自意識を肥大化させた痛々しい言動、行動で笑わせるように見えて、登場人物のねじくれた個性に描写される絞り込まれたリアティに、抽出されたディテールから窺いしれる著者の鋭い観察力の妙味が深みを増して、何ものかに憧れながらもなれなかった方々の心を揺さぶる著者の造詣深い視線が非常に映えた作品だと思った。

  • 歌手、お笑い芸人、シンガーソングライターになりたいサブカル系男女の非現実さを描いた短編集。個人的にこじらせ系漫画やエッセイを好んで読む事もあり、既視感があったのは否めないのですが、ここまで遠慮がないと清々しさすら感じます。何者かにならなければいけない…そんな自意識にまみれた使命感にかきたてられている若者に一読頂き、現実を知る参考書にしていただきたいですね。90年代的な小物使いやパロディも笑えます。しかし、いつからサブカル系は痛いとカテゴライズされるようになっちまったんだろうか。

  • 201307/面白かった!ある層には痛い程のあるある、マイノリティなようでマジョリティなんだよね。

  • 全編通してクスクス笑いながらも他人事とは思えない痛快な一冊。私もこんな似たような時期あったわ。。恥ずかしい。。

  • あ〜、イタい、イタいよ〜。でもわかるわ〜。カーミィがその後、ナチュラル系にいってミトン作ったり原発に反対するとか、めさリヤルやんか。私含め、全てのサブカルバカ、必読!

  • イタイ話ばかりだけど、あとからジワジワきます。サブカルに足を突っ込んだことがある人は必読。夢見がちな学生さんも現実直視するために読むべき。

  • 夢追い人を「これでもか」と冷徹に滑稽に表現したゆるゆる悪意マンガ。

  • カフェでよくかかっているJ-popのボサノヴァカバーを歌う女の一生、ダウンタウン以外の芸人を基本認めていないお笑いマニアの楽園、空の写真とバンプオブチキンの歌詞ばかりアップするブロガーの恋、口の上手い売れっ子ライター/編集者に仕事も女もぜんぶ持ってかれる漫画、テレビブロスを読む女の25年など。東京によくいそうな感じ。面白かった!

  • サブカル厨の大人たちのストーリー。ボサノバ女の一生の漫画だと思って呼んだら、短編がいくつか収録されていた。イタイイタイwwと笑いながらも、ただサブカルに傾倒している一例だっただけで、誰にでも(たとえば釣り好きで結婚できない男とかね)ありうる話かもな、と怖くなったり。自分が高いところにいて人を見下してるような感覚がなんとなーく嫌な感じもあったり。深く考えずにライトに読んじゃうのがオススメ。

全91件中 1 - 25件を表示

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生はこんな本です

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生のKindle版

ツイートする