脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

  • 929人登録
  • 3.61評価
    • (26)
    • (90)
    • (68)
    • (12)
    • (4)
  • 82レビュー
著者 : 池谷裕二
  • 扶桑社 (2013年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

  • 脳科学の視点から見て「よりよく生きるとは何か」を考えること

    脳 体重に対する割合は知能を決めるという仮説 ヒト=38分の1 例外…ネズミ
    →脳重量は体重の0.75乗に比例 スケーリング 例外…ヒト(例外的に大きな脳)
    IQ 大脳皮質の大きさ 前頭前野と後側頭葉が決め手→幼少の頃薄く、13歳までに一気に膨張

    読書→前頭前野 計算→頭頂間溝

    脳の衰え→長時間同じ姿勢が疲れているだけ、脳自体は老化していない

    妬み、劣等感 女性にグラビアアイドルの写真→前帯状皮質、扁桃体が活動=不安を感じた時と同じ
    他人の不幸→側坐核=報酬系、快感を生み出す脳部位
    脳への御褒美=やる気、モチベーションと関係→卑屈だと短絡的に考えないほうがよい。

    「優しい」「信頼できる」他人の好評価→側坐核が活動=クセになる快感を生む場所→好みの情報に耳を傾け、逆に嫌な情報は無意識のうちに排除→心地よいプロセスだが落とし穴になりかねない。

    英語のpride 自分に尊厳、尊厳を集め喜びを味わうこと

    プライドを感じる場面 大学卒業=社会的認識に関する脳部位が活性化
    喜びを感じる場面 ケーキを食べた=快楽、食欲に関する脳部位が活性化

    フェアでない行動をとった悪人が罰せられている→男…ざまみろ・快楽の側坐核活性化・同情反応減少
    女…罰を受けて辛い思いをしている人へ感情移入
    男女の違う役割→社会の倫理基盤を支えているのかもしれない

    部屋の整理整頓の極意=使えるものは捨てる→使うもの、必要なものだけを残すストラテジーが必要
    もったいない=同情回路(痛みを受けている人を観察しているときに活動する神経システム)、前帯状皮質→物を擬人化しその痛みを脳へ投影している。

    人差し指と中指→中指の方が長い人は株取引でもうけ上手☆自分は×
    指の長さ=胎生期に浴びたテストステロン(男性ホルモンの一種)の量に反映=人差し指を短くする遺伝反応→テストステロンが多いと自信に満ち、危険を好み、ねばり強く調査し注意深い、反応や動作が早いタイプ→スポーツ万能タイプ
    株=一瞬の判断

    最後通牒ゲーム 分割比20%の不公平な提示を受けたときの拒否率は50%にも上る→自分の利益を犠牲にしてまで、相手に社会的制裁を加える☆きれいな街のためのごみ政策に応用可能か?

    テストステロン=男らしくするホルモン、攻撃性
    オキシトシン=女性特有と考えられた(子宮収縮、乳汁分泌)・闘争欲をほぐし恐怖への感受性を減らす→ヒトへ投与=悪用し不正な詐欺取引に引っ掛かる人続出

    後知恵バイアス 株を売っておけばよかった。
    所持効果 骨董品の壺、恋人の価値までさまざまなものに対して現われる→☆身近にステキな人→付き合えるのではないか?との所持効果
    ①所持しているモノに愛着→側坐核の得への快楽②損失への過敏→島皮質 ②がより強く活動
    自分の所有物を失うのは不快なので、真の価値に主観的価値が加わる。

    宝くじ→人の判断ミスが普遍的に存在するから金融や投資信託がビジネスとして成立する。
    オーガニック、国産、無農薬 無根拠な思考がラベルのブランド価値を無意味に高める

    ワイン 内側眼窩前頭皮質(美的快楽を生みだす部位)活性化→でたらめな価格が高いほど活性化→ブランドに反応するようにつくられている。食事の美味しさは化学分子だけで決まるのではない。

    洋服選び→自己矛盾は不快だから解消したい心理

    歳を重ねると情報収集型人間から情報利用型人間へ変化 身近な人のみと会話、行きつけの店ばかり…
    思い切って冒険脳「前頭極皮質」を解放すれば普段と違ったワクワクするような若さが保たれる。

    顔の左半分を重要視している(左半分が笑顔ならば笑っていると判断)
    ... 続きを読む

  • 1 脳は妙にIQに左右される—脳が大きい人は頭がいい!?
    2 脳は妙に 自分が好き —他人の不幸は蜜の味
    3 脳は妙に 信用する —脳はどのように「信頼度」を判定するのか?
    4 脳は妙に 運まかせ —「今日はツイテる!」は思い込みではなかった!
    5 脳は妙に 知ったかぶる —「○○しておけばよかった」という「後知恵バイアス」とは?
    6 脳は妙に ブランドにこだわる —オーラ、ムード、カリスマ…見えざる力に動いてしまう理由
    7 脳は妙に 自己満足する —「行きつけの店」しか通わない理由
    8 脳は妙に 恋し愛する —「愛の力」で脳の反応もモチベーションも上がる!?
    9 脳は妙に ゲームにはまる —ヒトはとりわけ「映像的説明」に弱い生き物である
    10 脳は妙に 人目を気にする —なぜか自己犠牲的な行動を取るようにプログラムされている
    11 脳は妙に 笑顔を作る ―「まずは形から」で幸福になれる!?
    12 脳は妙に フェロモンに惹かれる ―汗で「不安」も「性的メッセージ」も伝わる!?
    13 脳は妙に 勉強法にこだわる ―「入力」よりも「出力」を重視!
    14 脳は妙に 赤色に魅了される ―相手をひるませ、優位に立つセコい色?
    15 脳は妙に 聞き分けがよい ―音楽と空間能力の意外な関係
    16 脳は妙に 幸せになる ―歳を取ると、より幸せを感じるようになる!
    17 脳は妙に 酒が好き ―「嗜好癖」は本人のあずかり知らぬところで形成されている
    18 脳は妙に 食にこだわる ―脳によい食べ物は何か?
    19 脳は妙に 議論好き ―「気合い」や「根性」は古臭い大和魂?
    20 脳は妙に おしゃべり ―「メタファー(喩え表現)」が会話の主導権を変える
    21 脳は妙に 直感する ―脳はなぜか「数値」を直感するのが苦手
    22 脳は妙に 不自由が心地よい ―ヒトは自分のことを自分では決して知りえない
    23 脳は妙に 眠たがる ―「睡眠の成績」も肝心!
    24 脳は妙に オカルトする ―幽体離脱と「俯瞰力」の摩訶不思議な関係
    25 脳は妙に 瞑想する ―「夢が叶った」のはどうしてか?
    26 脳は妙に 使いまわす ―やり始めるとやる気が出る

  • 書店に並んだときには、内容がスカスカなような気がして買わなかった。その後、講演会に足を運んだ。勉強の仕方が中心の話で、後半には遺伝子診断の話もされていた。抜群におもしろかった。それで思わず本書を購入した。内容はギュウギュウで、買ったのは正解でした。特におもしろい話は、頭で考える前に身体が動き始めているということ。この話は以前にも養老先生の本などで読んで知っていた。けれど、「恐いから鳥肌が立つのではなく、鳥肌が立つから恐い」とか「泣くから悲しい」「笑うからおもしろい」などという話は本書を読んで真に納得した。要は人類の長い歴史の中で、大脳新皮質が発達して言葉を使うようになったのはつい最近のこと。それまでは、言葉で考えるのではなく、体が反応するだけだった。それが言葉を使うようになって、身体を通さなくても言葉だけでも感じることができるようになった。けれど、生物としての人間は、心優先ではなく、身体優先で、心は身体から派生しているのだということを念頭に置く必要がある、というのが著者のメッセージでした。ところで、しゃべりながら板書していると、途中を飛ばして先のことを書いてしまうことが多い。これって、口から出そうとするより、先に手が動いているということでしょうか。

  • 脳科学の世界への入門書といった感じ。親しみのある語り口で読みやすく、身近な喩えは納得感あり。日常に於いての自らの感じ方、考え方を省みる示唆に富んだ良著。

  • FOXP2遺伝子の2か所の変異がヒトに言語を与えた。アイデアは寝る事、熟成期間が創造に繋がる。

  • 脳科学について、広範囲に様々なトピックに分け実生活・日常に即した形で記述。一般向け。

  • 脳には妙なクセがある/池谷裕二

    何となく買って読んだ本だった。もうちょっと自己啓発系なのかなと思ったが、基本的には脳の仕組みを実験などの実証例を挙げながら面白く紹介している本だった。
    そういうのが好きな人は読むべきだが、脳にはこういうクセがあるから➡︎こういう行動をとると良い。という部分はあまりなかった。

  • 勝負には赤、創造性は青。

  • 脳の特性について、面白く書いてあった。ヘェ〜と思うことが多く、脳のクセを知りながら行動するのが良いと思う。

  • 意外な内容も多くて、一冊この手の脳関連の本を読みたいならこの本が読みやすくておすすめ。

  • グロービスの先生から薦められ読んだ。
    脳の専門的な話が多く、あまり得られるものがなかった。

  • 今まで知らなかった説がいろいろと書かれていて面白かった。

    普段は役に立つことはないけれど、覚えておくといつか使えそう。

  • 脳科学の本は、期待以上に面白かった。
    自由意志は脳から生まれない。意志は周囲の環境と身体の状況で決まる。強烈なインパクト。再読したい。

  • 読みやすい本であったが、自分の行動に参考となる具体的な内容は少ない。
    気づきはあるので納得できることもあった。

  • 「ふぅん」という感じで読んだ。

    何かを学び得たという感覚ではないのが少し残念。
    脳科学というジャンルが今の自分にとってはまだそういう風にしか吸収できないのかもしれない。

    教育、特に小学生以下を相手にする教育には役立てられそうな知識が多い気がするので、子育てのタイミングとかに読んでみるとまた違った感想を持てそう。
    そのタイミングで脳科学が進歩するかもしれないので期待している。

    「ふぅん」という感覚でさくっと読むのが丁度良い。

    以下メモ
    --------------------
    ・人には五感がある。視・聴・嗅・味・皮膚。この中でも「嗅」だけは特殊。嗅覚以外は視床を経由して大脳皮質に情報を伝達するが、嗅覚だけは視床を経由せずに大脳皮質や扁桃体に届く。
    ・だから、アロマテラピーが身体に影響を与えるという説明ができる。
    ・赤は心理的に回避的な傾向を生み、警戒心を高める。青はリラックス効果を促し、ブレインストーミングなどの場面に役立つ。
    ・脳は入出力装置。入力なしでは良い出力もできないので、良い経験をすることが大切。

  • 本書を読み終わって、心とは、意思とは、意識とは? こういった問に対する答えがおぼろげながら分かったような気にさせる。また、本書は単なる脳科学の成果の紹介に留まらず、ヒトという存在に対する著者の熱い思いも綴られていて、とても面白かった。「単純な脳、複雑な「私」」と重複する部分もあったが、特に気にならなかった。

  • 生活の中で実行したいことがたくさん書かれている。
    指導の面で考えると、
    おもちゃで遊んでいる子供にやめさせるときの対応についてがとても印象深かった。

  • ライフネット出口さんオススメの本

  • 脳のいろんな機能について、国内外の実験を踏まえながら解説。人によって目を惹かれる場所が違うと思う。身体性から切り離しすぎないほうがよいのは納得。動かなきゃ。

  • 近頃は精神性を重んじる余り、身体の重要性を疎かになっている。身体を動かさずに頭の中だけで片付けた方が楽だから。でも本来の脳は身体と共に機能してきたもの。古くからあるこの言葉、「健全な精神は健全な肉体に宿る」はつまり、身体を脳の上位においていたからだ。でも近頃は精神を重要視し過ぎて、脳を身体より上位においているのでは?というのには感慨深い。心は身体から繋がってゆく。

  • 2014年1月8日購入。

  • 人の心理と行動のクセ、
    そしてこの2つの結びつきがわかる本
    アウトプットは大事、だから
    幸せになりたかったら笑顔は大事。
    笑う門に福ありってそういうこと。
    勉強の効率上げたかったら読むことよりも、徹底的に使うこと。

    “笑顔を作るから楽しいという逆効果” p129
    “脳に記憶される情報は、どれだけ頻繁に脳にその情報が入って来たかではなく、どれほどその情報が必要とされる状況に至ったか、つまりその情報をどれほど使ったかを基準にして選択されます。” p327


    そして個人的に面白いと思ったのは、「意志」に関する解釈。

    “こうした実験からわかるのは、自由意志とは本人の錯覚にすぎず、実際の行動の大部分は環境や刺激によって、あるいはふだんの主観によって決まっているということです。”p253

    これを聞いて、
    「何をいまさら、当たり前のことを。」
    と僕と同じように思った方と、
    「そんな馬鹿な!」
    と憤慨する方がいらっしゃるかもしれません。(笑)
    認識からものごとの判断まで、
    自分の意志で物事を判断するから、自分の意志が根底にあって、そこから自分の行動が生じている、と信じたいのは、まぁ、当たり前なのですが。

    “心は脳にあるのではありません。心は身体や環境に散在するのです。” p325

    本来、不可分な世界に人の体という境界線を引いたとき、外側からの刺激に対する応答を意識と言っているだけなのですから。

    考えてみてください。
    あなたが生まれる前、あなたの意識があったかどうか。
    何もないところに意識が存在するかどうか。

    結局は原子や電子をはじめとする粒子が脳を形成し、その構造の中の電気的な刺激、化合物による刺激のネットワークが意識を作り出しているのだから、「意識」が「意識」単独で存在するにちがいないという考えは、自分が価値基準の中心にいたいという願望に過ぎないわけで。

    でも、そう信じることも別に悪いことではないと思います。
    信じるから価値が生じるし、大切に思えるものがあるから生きていくことの価値を実感できる。
    生活していく中で、その価値観に疑問の余地がなく、一貫性を維持できれば何の問題もないのだから、自分にとって心地よい考え方を選べばそれで良いはず。
    少なくとも、中心と中心の覇権争い、利害の衝突が起こるまでは。

全82件中 1 - 25件を表示

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)はこんな本です

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)のKindle版

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)の単行本

ツイートする