天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

  • 1109人登録
  • 3.29評価
    • (31)
    • (77)
    • (135)
    • (31)
    • (13)
  • 147レビュー
著者 : 山口真由
  • 扶桑社 (2014年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594069759

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
古川 武士
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるの感想・レビュー・書評

  • 著者は弁護士。東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省し、主に国際課税を含む租税政策に従事する。現在は企業法務と刑事事件を扱う弁護士として働きながら、テレビ出演等でも活躍。

    「努力」というと抽象的なスポ根論に持っていかれがちで、「努力」を技術として具体的なノウハウを書いているものがあまり出回っていない。

    学生時代からこつこつ努力してきた著者にとって「努力」というのは、抽象的な「才能」ではなくて、具体的な「技術」の集積だという確信がある。幼いころから積み重ねてきた努力することの具体的なノウハウを以下の4章に分けて紹介している。

    ①正しい努力のための方法論
    ②努力を始めるための方法論
    ③努力を続けるための方法論
    ④努力を完遂するための方法論

    誰もが努力すれば天才になれるとは思わない。
    ある程度の下地がないと難しい。

    しかし、誰でも正しい方向でやるべきことを一生懸命努力することによって一定の成果がでるということについてはうなづける。

    どんな才能をもっていても努力をしなければ花も咲かないし、さいたとしてもその花は一瞬の美しさで終わってしまう。長い人生自分なりの美しい花を咲き続けさせること。もしくは枯れながらでも並行して新しい花を順番に咲かせ続けることが大切である。

    努力はだれでも出来る。
    するかしないかの話である。
    自分ももう一度、ネジを巻きなおして出来ることから取り組んでいこうと思う。

  • 言うまでもなく敵いません。常に前進を試みて、自分に厳しくしつつ、わずかな息抜きを許す。努力を見える化することで実感する。本はわからなくてもどんどんすすめて、7回読み返すことによりものにする。これは他でも聞いたことのある方法。通販で爪の垢売ってくれないかな。あやかりたいものです。

  • 同じ著者で複数の本を出している場合、どれを読むべきか?
    この答えは「一番最初に出した本」
    その理由は、とにかく始めたなので言いたいことを全部盛り込もう伝えようとしているから、勿論本を出す機会はもう来ないかもしれない。と思えば気負ってしまうくらい盛り込みたくなるのが普通だと思う。

    この本を読む前に、「7回勉強法」を読んだが、やはりこちらの方が迫力がある。迫力と言うよりも鬼気迫る感じがする位だ。

    両方を比べると、こちらの方が勉強以外の事を含め広い範囲を網羅的に書いている。
    そういう面では、東大主席がどんな勉強をしたのか具体的に教えて欲しい。と言うニーズに沿て書かれたのが7回勉強法と言う事になる。

    気に入った言葉
    努力することはその何かを反復継続することを指します。
    子供のうちは勉強ばかりすることは評価されにくい風潮にありますが、大人になってからこそ勉強を努力対象にするのは悪くない。
    天才への憧れを捨てて、努力末うことの価値を認めるべきだということです。
    仕事に誇りを感じるのは華々しい瞬間ではなく、むしろ辛くて地味な仕事を一生懸命引き受けて最後の最後まで手を抜かずに責任を果たしたと胸を張れる瞬間です。
    そもそも一度読んだだけで理解しようとすることが誤りです。反復継続しなければ人は学ぶことはできません。
    これ見よがしに努力を見せ続ければ達成されなかったとしても評価がついてくる場合もある。
    自分の努力に一番期待をかけているのは両親でも上司でも、ほかの誰でもない自分自身です。

  • いつも、ついつい怠けてしまっていたけど、努力することは思っている以上に簡単なことなんじゃないかなと思った。でも、それを継続することや、モチベーションを維持することはなみ大抵のことではない。けれど、わたしにもできるかなと思わせてくれる本だった。

  • 「1回の熟読より、7回の速読 。」
    これには、非常に共感いたしました。

  • 目標を決めて、それを達成するための、環境づくりや意識の持ち方を論じています。
    自分を管理する努力をせずに目標達成や願望を手にすることは凡人にはできない。そう書いた上で、コンプレックスを活用したり、自分の強みを分析したり、時には逃げ道を戦略的につくるなど、様々な技を使って、目標達成のための努力=自分の財産を蓄積しましょう、という主張。

    著者の美人・東大・弁護士とかそういうキーワード抜きにしても、純粋にパワーがある主張だと思いました。

  • ・東大首席で卒業
    ・200ページ
    ・継続が大切
    ・1日、19時間30分勉強、睡眠3時間
    ・1つの本を繰り返す

  • ものすごくストイック。高校3年生の自分を思い出した。限界までやることで、自分にベストな方法が見えてくる。もう一回仕切り直しで努力を始めようと思った。

    参考になった箇所
    一回の精読より複数回の流し読み。
    集中できる場所を複数個決めておく。疲れてきたら場所を移動して再開。

    ただ、人付き合いをかなり制限してきた人のようで、あまり面白み、突飛さがない。人と話して一見仕事と関係ないことを学ぶこともやっぱり重要。

  • 反復・習慣の教科書。迷ったらここに戻ってくればいい。そんな本。

  • フォトリーディング。面白そう。
    高速を交えて熟読。

    この手の本ではめったにない感動を味わったので星五つ。

    努力の方法論やアイデア集であるが、努力することに関しての著者の考えも述べられていた。読んでいて私も努力したくなった。

    努力してない自分を反省するのではなく、努力したくなった。もちろん反省はするが、こういった本によくありがちな「自分を猛省して奮起するという感じではなく、努力した著者にあこがれて自分も努力したくなった。っと言っても著者よりも倍も生きている、学生時代をとうに通り越したおっさんだけれども・・・。

    努力する人は素敵だ。努力し続け素敵なおっさんになろうと思えた良書であった。

    下記に付箋を貼った個所の要約を載せる:

    57:最後まで手を抜かずに責任を果たすことに、仕事の充実感を感じた瞬間。著者も同僚のことを考えて、ひょっとしたら彼らもこの瞬間を尊んでいるのでは?と気付いた。

    59:努力で一歩づつ階段を上る。結果を残す努力に誇りを感じた。

    78:いちど読んでも分らないのは当たり前。(7度読む努力について。)

    91:努力やチャレンジは2割が限界。8割はできて当たり前の状況で残りの2割ができないとき、努力して続けられる。それ以上の割合になると苦痛で続かない。

    95:努力発動のスイッチの工夫。いつも見える状態で離れが生じる。デスクトップに標語を貼ったりするのはNG。時々行くトイレなら良い。パスワードならなお良い。

    142-143:努力の目標は数値を具体的にすべし。「これから三時間テキスト精読」はNG。度のようにでも変化しうる。
    20ページ読む。などの具体化が必要。

    160:努力スポットの設置。疲れる前に移動し、移動後はすぐまた継続。

    184:寝る前の1分間空を見ていた著者。いまも見ているらしい。この時間で自分を反省したり、理想の自分を思い起こすとのこと。
    私も実践したい。寝る前の一分間を主イエスに目を向けるつもりで目を閉じ上を向きたい。

    188:自分自身に失望しても、まだ明日の自分に期待をかけることを捨てない。5年後10年後の自分ではなく、明日の自分を期待する。

    194:本当に誇りを持っていたのは失敗しなかった自分ではなく、挑戦し続ける自分であった。挑戦を逃げて気付かせられた著者の告白。

  • 涙出そうになった。

  • 勉強といえば山口真由さん。
    2017年を私のなかの「大人の勉強元年」にしたく、勉強コンセプト本を読み進め中。
    正しい方向(得意分野)にリソースを最大限投入する。
    これだけ勉強にエネルギー費やしてるひとが世の中にいるんだと思うと励みになります。

  • 久々に脳が刺激されるタイプの読書した。2時間くらいで読み切ったからまた読み返そう。

  • 当たり障りない事が書かれている。
    ただし、自分と経歴の方はやっていることは同じでだとわかり良かったと思う反面、
    小さな積み重ね、スケジュール・目標管理を徹底されているのがよくわかり、自分ができないのはやはり途中でやめてしまう事だと、指摘されている事を強く痛感する一冊。

  • イマイチ。要旨は「努力は才能ではなく、技術なので誰でも身につけられる」ということなのだが、自分の経験に基づいた技術なので普遍性がないし、結局、勉強というくくりに縛られている感じ。また、著者本人が「他者からの評価」を強く意識し、「~しなければならない」原理で動いているので、なかなか生きていくのが大変そうな人だなぁと感じた(←余計なお世話)。そもそも「努力」という言葉に対する定義づけが独りよがりで、テクニックの前の「そもそもなぜ努力するのか?」ということに対してもっと彼女の考え方が述べられていてほしかった。

  • 輝かしい経歴を持つ方が、どのように気持ちや行動をコントロールし、実践してきたのか。
    この本の良いところは、数年先のビジョンの持ち方ではなく、"今日"や"明日"という近い目線で話してくださっているところ。数年先のビジョンと今の自分の行動が結びつかない部分があり悩んでいた自分にとっては、ぴったりの内容だった。

    【ポイント】
    ◎方法26・「自分との戦い」に持って行かない
    「努力をする際に、もっともやってはいけないのが、『自分との戦い』に持っていくことです。・・・『自分との戦い』に持っていくと、たいていはうまくいきません。孤独な戦いに挑むよりも、ライバルと一緒に頑張るほうが続けることができます。」

    ◎方法30・「勝負スポット」を複数作る
    「私はだいたい決まった時間になると集中力が切れてしまいます。そこで、疲れる時間帯になる前には会社を出るようにします。・・・そして家に帰ったら、すぐに机に向かいます。シャワーを浴びたり、食事をしたり、というように間に何かを挟むことはしません。間に何かを挟むと、結局、エンジンをかけるのに1時間ほど使わなければなかったりするからです。」

    ◎方法35・毎晩1分間、同じことをやる
    「私がいまでも続けているのは、1分間空を見続けることです。これを毎日行うことで、昨日と違う今日を意識し、そして今日とは違う明日を意識できるようになります。・・・1日の終わりに、自分の可能性を決して諦めず、自分に期待をかけて、明日の自分の理想像を思い描く。努力を完遂するために必要な理想像は、5年後でも10年後でもない、明日の自分です。」

    【ビジネスブックマラソン/寸評】
    東大在学中に司法試験・国家公務員Ⅰ種を立て続けに合格し、主席で卒業後、財務省を経て弁護士になった著者が、その努力の方法を説いた一冊。
    受験生の癒し本として、また社会人が努力の方法論を学ぶ手段として、ぜひ活用したい一冊。

  • 17ページで詰んだ。。。

    タイトルがとても良い本です。

    「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」

    「努力できることも才能」と言われることがあり、
    ではこの努力というものはどうやってすれば良いのか。気になっておりました。

    このタイトルを見ると、ああ、努力には方法論があるのね、と、そう思い手に取りたくなるでしょう。

    この作者の方は、東大に入って、しかもその中でも成績がトップだったという方です。

    その経歴を惹句にするとなると、当然勉学に対する努力に対する方法論を知りたい学生さんやその親御さんが手に取ると思うのです。

    どんなことが書いてあるのかと思い、読み進めること17ページ。

    「不得意分野の努力は止めるべき」
    いきなり詰んだ!!

    そう、この人はそもそもお勉強をすることがそんなに不得意じゃない。

    そのかわり、不得意であったピアノについてのエピソード。

    これに関しては「当たり前ですが、私の「ピアノ」はまったくものになりませんでした。
    で終了です。

    いやいやいや、この本を手に取るのって、学校のお勉強が、著者の方のピアノに該当するような人たちが努力出来るための方法論ではないんかい。

    と私は思ってしまったんですね。

    これ、だめじゃん。ノウハウ本として、読者の要望を果たしてない、破綻した本では・・・

    と思った私、さっと裏表紙を見る。

    なかなか私が単行本で手に取らない会社、扶桑社のものでした。

    よかった、これダイヤモンド社だったりしたらクレームのはがき書くところだった。

    ESSEでおなじみの扶桑社なら、学生抱えたママ向けにいいのかな。
    私が感じたような疑問どスルーして、とにかく努力!
    とここに書かれた努力の思い出を子供に話して、
    東大に行く人だって努力しているんだから、あなたも努力しなさいと。

    そのための本であれば、成り立っているのかな・・・。

    この本結構中身はスポ根というか、根性論でして、勉学がそんなに苦手でない人たちはそれなりに自分のやり方があると思うので、そういった意味でもターゲット層の悩みにもうちょっと寄り添って頂きたかった。

    最近考えるのが、たまたま勉学が得意だということは、この日本でこの時代を生きるのに非常に便利で、有利だと言うこと。それはこの本にも書いてありました。

    でも、勉学が著者でいうピアノみたいに不得意で困っている若者は、学生時代をどう乗り切ればいいんでしょね。

    この本を読んでも、努力の方法論は不明だったので、また新たな本を探していきたいと思います。

  • 「7回読み」と被る話があったが、二度読んでも熱心に耳を傾けることが出来た。
    自分に努力が出来ると過信し過ぎないこと。また、内圧だけでもやり切れる根の強い人間になろうとしないこと。
    完璧を求め過ぎるあまり、前に進めない自分がいることに気付けた。

  • 努力をバカにするような感じの風潮があるのは同意する。
    前半はわりとなるほどと思う話もあったけど、
    恋人は後回しとか料理よりゴルフみたいな話になってきたら、意味不明。

  • 東大を主席で卒業、財務省官僚から弁護士に。

    一見すると、頭の出来が違う別次元のハイパーウーマンに見えてしまう彼女ですが、書かれている内容は、実にリアルなモチベーションを上げ、努力を続けるためのセルフマネージメント術。

    小学校の夏休み、宿題を最終日にまとめてやっちゃうタイプの人にこそ読んでもらいたい一冊です。

  • ・「努力」というと抽象的なスポ根論に持っていかれがちで「努力」を技術として具体的なノウハウを書いているものがあまり出回っていない。東大主席で卒業した私の中には、幼い頃から積み重ねて努力する具体的なノウハウがたくさん蓄積されていると自信をもっていえる。努力を続けるための習慣、最後まで成し遂げるための方法論について具体的ノウハウをまとめたのがこの本。

    ・読書に手間と時間をかけないこと…多くの人が本を読むことに一生懸命になり過ぎ。そもそも一度読んだだけで理解しようとすることが誤り。反復・継続しなければ、人は学ぶことができない。読むことはとにかく回数をこなすことが鉄則。2時間かけて1度精読するのではなく、30分で4回ページをめくり続けたほうが頭に入る。一回ですべてを頭に入れようと思っても、そんなことは無理。負荷を徹底的に軽くすること。目標はとりあえず素通しで7回読んでしまう。

    ・努力の「8対2の法則」…今の実力で8割は解けて、解くのに努力を要するもの2割、これが黄金比。この法則を忘れずにいれば、自分の成功体験を積み重ねられる。

    ・努力をする際の理想像とは、自分の一歩先にある理想像。努力を完遂するために必要な理想像は、5年後でも10年後でもない、明日の自分。自分だけは、努力した自分自身を否定してはいけない。

  • 30分で読める。
    この本読むと、よし頑張るぞ!という気になれるから好き。
    もちろん努力だけじゃどうにもならないこともあるんだけど、努力することは大事って、大人になってもなんのためらいもなく言える人は、美しいなと思う。
    幻聴が聞こえるまでは頑張れないけど、でも私も精一杯頑張ろう。

  • 東大法学部を首席で卒業し、在学中に司法試験に合格したという経歴を持つ著者が書いた勉強法の本です。

    「まえがき」で著者は、「世の中を見回してみると、「努力」というと抽象的なスポ根論に持っていかれがちで、「努力」を技術として具体的なノウハウを欠いているものがあまり出回っていないように思いました」とありますが、そうでしょうか。「ポスト勝間和代」との呼び声も高い著者ですが、その勝間和代をはじめ、本書と同じような内容の本はいくらでもあげることができるでしょう。もっとも著者は、勉強に忙しくて、いわゆる「キャリアポルノ」と揶揄されるようなそうした本を読んでいる暇などなく、本書と同じような本が巷に多く出回っていることなど知らなかったのかもしれませんが。少なくとも、著者ほど勉強に時間を割くこともなく、勉強法の類をのんべんだらりと読んでいる私自身にとっては、それほど目新しい内容は見いだせなかったように思います。

    それはそれとして、著者の努力には敬服するほかなく、著者自身の意図するところではないのかもしれませんが、それこそスポ根モノのマンガを読んでモティベーションを上げるといったような効果はありました。

  • 昔の自分を見るようである。

    ここまでストイックに打ち込めるものがなかった故に、東大までたどり着かなかったわけであるが。

    勉強が嫌になるのは、出来ない自分を見ることになるからで。
    勉強していない振りで自分を騙しつつ、7割くらい理解できるようになったところで本腰を入れる。
    まず着手する、そのことの大切さを思い出した。

  • 【読書感想文】まとめ・要約

    P28:「読む」「聞く」「書く」「話す」のうち得意な分野の努力を。
    P33:苦手なものとは自分の土俵で戦うこと
    P34:「人は、何か一つの対象を選んで、それに対して一生懸命努力すべき」(フォーカスの問題だね)
    p41:「人生で成功するには上位3分の1を目指せばいい」(80点を100点にするのがキツイ理論ね)
    p48:「完璧主義は自分を苦しめることもある」(要領の問題よね。俺のSTMとかさ。)
    p51:1日19時間30分の勉強。3時間の睡眠。20分ずつの朝昼晩3食の食事。そして20分の入浴。
    計23時間50分:そして、のこりの10分で毎日、親愛なる母に電話して、ショウキを保つ。
    (この人、パネェな…)
    p64:自分をステップアップさせる「戦略的な謙虚さ」p28を参考に、他人がどの分野で自分より優れているか?
    p67:「教本は一冊にこだわる」(これはマジでそうだな…)
    p80:理解出来なくてもページをめくり続ける(一回の精読よりも、通読を何回も)一回で全てをアタマに入れようと思っても無理
    p86:「知らない間に試されるテスト」を「自分で自分を試すテスト」に変える。
    (まさに!というか、自分から決断・締め切りを切ってゆく事で仕事をコントロールする)
    p96:目標を(理論、なるほど~✨
    トレイの壁に貼るよりも、PCのパスワード等にすべし!
    p101:食事の時間で1日を3分割し、有効活用する
    (2時間で休憩は俺も思った。12時にお昼は、ナンセンス)
    p106:ここで初めて著者が女性と気づいた(笑)ままそうw

    時間確保、優先順位、大事よね。
    何を削るか?
    それはその人、それぞれ。

    p107−p108:純粋にスゲーと思う。
    【努力を注込む優先順位を決めておく】
    p114:まぢ感動  【今日の1日も、1年生の時の1日も、同じ長さだったんだな】
    p115:干川さんも言うてた。「ベストな状態で試合ができることなんて無い」
    (俺はまだパフォーマンスでカバー出来るしな。)
    p117からp122までの流れ。p127までだな。p128
    厳密なスケジュール管理は意味が無い。
    どうしても減点方式になってしまう。
    なので「外圧」を使ったスケジュール管理を。
    そして、進めるだけ、進む!!ここまで、とかしない。

    ■決めたルールを守るには?
    R=P×B-C+D
    Dがないと、たいていマナス。
    D=自分が守り続けてきた信念。
    守り続けることによって、破ることが出来なくなる。
    【他人に自分のルール・決まりを公開し「外圧」になってもらう】
    ここまでがp127
    【努力は周りに見せること】
    影の努力はNG。
    スコア等、客観的な評価の分かるもので、努力するのが、尚良い。
    p135まで。

    「自分との戦い」に持ってゆかない。
    競争が大事。
    「周りの人より頑張ろう」で続く。

    ハードルは「質」より「量」
    ■一定時間に、一定のタスクをどのくらい終了させるか?
    そして、それを「ほんの少し」飛び越える。
    肝心なのは「定性的」なものではなく「定量的」なもので測ること。

    プラス20%はNG.プラス5%で!!
    もし、20%を達成できるなら、それは最初の目標が低い!!
    普通の人は5%が限界。その不合理に耐えて、次のゴールに目標を切り替えることの出来る
    ストレス耐性を見ている。

    「ゴールの達成直前に、そのゴールが伸びる事は実践ではよくあること」
    p145まで。

    p149:努力の世界も「二兎を追う者は一兎をも得ず」努力する歳のストレスは最小限に。
    重要なプロジェクトとダイエット、両方は頑張れない。

    とりあえず早起きしてみる。
    時間の限られた朝こそがチャンス。

    p156:「勝負スポットを複数作る」
    バカボンドの作者:井上雅彦さんは喫茶店を渡り歩く。
    転地効果だね。

    「家に帰ったら、スグに机に向かう」「疲れきる前に会社を出る」
    p162:疲れる器官を変える。疲れるタイミングに対策を!
    p164:道具を「ひとつ」に拘ること。
    参考書を絞るのもそうだけど、これはまた別の話で。
    1つにこだわり、使い続け、減らし続ける事によって、努力の「見える化」

    p169:数字を正当に「偽造」する。
    例:タウリン1000ミリグラム!毎朝3200文字読む!!

    p174:ルールに「抜け道」を作る。
    ルールは、具体的に数字を入れて、設定する。
    例)「みずから遊びを提案してはならない」
    さらに厳密化すると「人の誘いに2度までは載ってはならない」
    「抜け道」には、正当化理由を。
    あえて1つの抜け道を作る事で、他の抜け道を許さなくする。

    p183:毎晩一分間同じことをやる。
    案外、五分はきついけど、1分なら出来る。
    (日記は大変だけど、ボイスメモで1日を振り返るのは、アリかも?)
    p189:思い描く「理想像」は明日の自分

    p190:挑戦することから逃げないこと!
    (プライドの話と合わせて。)

    p195:自分自身に対する信頼を裏切らないこと。
    お前の信じる、お前を信じろ!!!
    (俺も自分に真摯になろう)

    努力をすること自体が、目標ではない、という事を忘れないこと。

全147件中 1 - 25件を表示

山口真由の作品一覧

山口真由の作品ランキング・新刊情報

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるを本棚に登録しているひと

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるを本棚に「積読」で登録しているひと

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるはこんな本です

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論があるのKindle版

ツイートする