何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから

  • 74人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (9)
    • (5)
    • (2)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 奥田弘美
  • 扶桑社 (2014年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594070168

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偽の空腹感とか、ガムとか水とかこの辺からきているのかなあ。おなかのすかない昼、空腹時等にはたんぱくと野菜で何とかする、おでんの大根こんにゃく卵は塩分がちと怖いか。おなかがすくまで食べない、は結構ハードルが高い気がする。食後3時間くらいまでの空腹感はいったん30分気をそらし、その後ノンカロリーのものを摂る。勧められても笑顔で断る。道徳観はいろいろだ。人の気持ちの扱いが下手だなあと感じることの一つ。

  • この本読んでまさかの3週間で3kg減!このところストレスによる食べ過ぎで太ってた分を取り返しただけではありますが、正直驚きました。(半年続けてるウォーキング、筋トレとの併用なので、この本だけの結果ではないのですが、ウォーキングだけでは3kg太ったわけで…)なんだ、痩せないのは食べ過ぎだったのか。(※参考までに、私の体重はBMIでいうと20~21です)

    この本に書いてあるのは、ダイエットを試みる人にとっては当たり前のことばかりではありますが、デブ脳(?)の私にはその当たり前が難しい。「腹八分目」って簡単に言うけどさあ…と思い込んでいたけれど、腹八分目、食べ過ぎない、お腹に丁度良い量ってどういうことか、というのが実に分かりやすく書いてあります。

    個人的にはこれが書いてある前半部分だけでも、元を取った感じ。というか、これだけで充分かも。あとはおまけもらって得したなあっていう。3kg減ったあとは停滞気味ではありますけれど、一生続けられるダイエットのコツをつかめたような気がします。考え方ひとつで、ダイエットってハードル低くなるんだなあ。

  • 「空腹感」を感じてから、色で選んで食事をして、ストレスを溜めないよう生活をして、脳を使えば、痩せられる!!と著者の奥田先生は主張。
    「○○だけ」ダイエットでも、無茶な方法や器具でもない点に共感を感じる方法です。
    確かに、自然体でスレンダーな方のインタビューから得られた実践の方法なので、参考になるのは間違いありません。
    地味な印象はありますが、確実なダイエット方法だと思います。

  • とりあえず、参考に、健康診断まで過ごしてみようかなと。

  • これなら痩せられそうと希望を持てる一冊でした。
    無理をしない、その全てに科学的根拠が追記されていて読みやすくためになる本。
    これから栄養面も気をつけつつ長い目でダイエットをがんばります。

  • まじめ。西洋医学の教科書通りの内容です。
    こういう本て久しぶりに目にした気がするけど、いまどき、どういう人がこういうのをおもしろいと思って読むのだろうか。(もっと言ってしまうと、どういう人がこういう企画をわざわざ提案するのかしら。

  • さらっと読めました。具体的な方法も書いてあり、本当のダイエットとは、ということを知ることができた気がしました。しかし、これで劇的に痩せられる自信がないのは自分自身の問題なのか・・・

  • 時々ダイエットの本を読んでモチベーションを高くしようとするが、そのモチベーションはなかなか続かない。

    何冊も似たような本を読むので、書いてある内容は予測できる。
    特に本書は「お腹が空くまで食べない」という柱がしっかりしていて読みやすかった。

    さて、また何度目かの減量を始めよう。

全9件中 1 - 9件を表示

奥田弘美の作品一覧

奥田弘美の作品ランキング・新刊情報

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからを本棚に「積読」で登録しているひと

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからはこんな本です

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからのKindle版

何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたからの新書

ツイートする